初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

「政策に売りなし」とは?事例でわかる投資格言

「政策に売りなし」とは?事例でわかる投資格言

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★☆☆☆

押し目待ちに押し目なし」「頭と尻尾はくれてやれ」など、投資にはさまざまな格言が存在します。今回紹介するのは比較的良く耳にする格言で、アベノミクス相場もこの格言を顕著に表している値動きを示しています。今回は「政策に売りなし」が表す意味やマーケットを、過去の事例を交えながらご紹介します。

「政策に売りなし」とは?

マーケットは金融政策の動向に顕著に反応するので、緩和政策の下では輸出関連銘柄が買われ、業績拡大の期待から株価も上昇しやすくなります。このような局面で国内債を購入するメリットはあまりないでしょう。政策に沿って輸出関連銘柄を購入すれば、売り浴びせられるリスクは大きくありません。金融引き締めでは反対に、円高進行にあわせて輸出関連銘柄が弱含み、内需関連銘柄に買いが集まります。

「政策に売りなし」とは、政策に沿ったポートフォリオを構築して政策に沿った運用をすれば勝てないまでも負けはないということです。

アベノミクス相場は「政策に売りなし」の典型例

第二次安倍政権発足以後、アベノミクスの第一の矢として、日本銀行(日銀)と歩調を合わせた大胆な金融緩和を継続していることは周知の事実です。この金融緩和を背景に、日経平均株価は幾度かの調整を挟みつつも、右肩上がりで推移しています。

第二次安倍政権発足後の株価推移は、目立った調整もほとんどなく株価は上昇を続けています。2017年末には23,000円にチャレンジする展開になりました。アベノミクス相場は、まさに「政策に売りなし」という格言通りの相場なのです。

トランプラリーも「政策に売りなし」の値動き

私たちの記憶にも新しい2016年の米国大統領選挙では、事前予想を覆してトランプ氏がヒラリー氏に勝利して、大統領に就任しました。その後の相場は、トランプラリーと呼ばれる大幅上昇を実現します。この背景には、トランプ大統領が打ち出したマーケットフレンドリーな政策が影響しています。

トランプ大統領が掲げた経済政策は、大規模な法人減税と大胆な財政出動が柱。一連の経済政策を受けて、株価はトランプ大統領就任から、大幅な値上がりが続いています。

財政出動への期待から建機関連銘柄が値上がり

トランプ大統領の政策とセグメント別に株価の値動きを確認してみると、当初買われたのはやはり建機関連銘柄です。財政出動への期待から、キャタピラー(CAT)をはじめとする建機関連銘柄が買われました。

また、2017年末にトランプ大統領が提唱する税制改革の可能性が高まったことで、銀行関連銘柄に買いが入っています。金融セクターは、S&P 500指数の主要セクターの中でも、最も法人実行税率が高い業種であり、法人税率の引き下げによる恩恵が期待できるのです。同様に、ヘルスケアセクターにも買いが入っています。

国が力を入れて推進しているセクターに注目

モノのインターネット化(IoT)や人工知能(AI)、自動運転は今後の成長産業として期待されているセクターであり、国もこれらの業種で技術革新が進むように制度面でさまざまな後押しをしています。

このように、細かいセグメント別にも国策の恩恵を受けられるチャンスがあるです。ここまで見てきたセクターでは、格言通りの値動きが見られました。「政策に売りなし」は比較的信頼度の高い格言と言えるのです。

格言を深読みせずセオリー通りの投資を心がける

基本的に、政策相場には裏はなく、ポートフォリオは政策に沿って組むのがポイントです。金融緩和であれば金融緩和、金融引き締めであれば金融引き締めに沿ったポートフォリオを構築していきましょう。

株式投資においては、国策に乗っておけば見捨てられることはまずありません。投資判断に迷ったら、より国策とマッチしている銘柄が、中長期的に上昇の恩恵を受けられる可能性が高いのです。

まとめ

「政策に売りなし」という格言は、「国策に売りなし」とも言い換えられます。つまり、金融政策のみならず、国が推し進めようとしている方針や国策にもマーケットが左右されると言うことです。

投資で利益を上げるには、国策や金融政策から逆算した分析が必要不可欠。各国の金融政策の動向は、逐一確認する必要があるのです。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。