初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

初心者はいくら必要?株式投資に必要な資金とは

初心者はいくら必要?株式投資に必要な資金とは

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★☆☆☆☆

株式投資では、まとまった資金を投じるほど利益が大きくなりますが、それだけ損失も大きくなるリスクがあります。株式投資をはじめるにあたって、どれだけの資金を用意すればよいのかは、永遠の悩みと言えます。

今回は、株式投資をはじめるにあたって、どれくらい資金を用意するべきなのか、どんなタイミングで資金を追加するべきなのかを見てみましょう。

はじめは数十万円程度までではじめるべき

株式投資では、証券市場という同じフィールド企業が発行する株式という同じ対象を取引するので、取引経験の有無で損失をお目こぼししてもらえる理由にはなりません。

株式投資をはじめるときには、まずは儲けるよりも仕組みや怖さを理解することを念頭に置いて、余裕資金の中から一部を投じることで、株式投資の魅力やリスクを理解するように努めましょう。

ひと時に全部を投資しない

投資初心者は売買が成立する仕組みを知らずに投資をしていることが珍しくなく、よく知らない銘柄を買ってみたり出来高が少ない銘柄を成行で注文したりと、さまざまな失敗をするリスクがあります。

1回の失敗で余裕資金の全てを失わないためにも、ひと時に全ての資金を投資しないことは鉄則です。現在では、個別銘柄でも数万円から数十万円単位で投資できる優良銘柄も少なくなく、上場投資信託(ETF)に投資することで少額からの分散投資も実現できます。

損失に耐えられるようになったら徐々に増やす

株式投資の仕組みを理解して損失に耐えられるようになってきたら、徐々に投資資金を増やしていきます。自分なりのトレードスタイルが固まってきたときが、資金を増やすタイミングと言えます。

最初の資金と追加資金の損益は分ける

資金を追加するときには、それまでの取引で発生した損益と追加した資金での取引で発生した損益の通算に気を付ける必要があります。翌年の確定申告で損益通算をすることで、節税ができます。

少額投資非課税制度(NISA)口座や特定口座での取引であればあまり気にする必要はありませんが、損益の記録をつけるなど、自分が「適切な投資をすることができているのか」を常に確認できるようにしておきましょう。

最終的にはリスクの範囲内での分散投資を目指す

最終的に目指すのが、時間と資産を分散して投資する「分散投資」です。分散投資はリスクも分散させて、ブラックマンデーやリーマン・ショックのような暴落局面で、下落幅を局限することが期待できます。

投資に振り向けるのは預貯金の一部に限る

無リスク資産である預貯金と、リスクを取る株式投資の組み合わせも、分散投資とみなすことができます。最終的には、預貯金の一定割合までは株式投資に振り向けたいところですが、大半を振り向けるのはNG。リスク管理を考えると、多くても半分くらいにとどめたいところです。

株式投資の中でも分散投資を心がけることで、リスクとリターンのバランスをとった資産運用をする下地ができあがります。

まとめ

投資経験が乏しいうちから大きな金額を投資していると、損益額がプレッシャーとなり、冷静で適切な判断ができなくなります。

大きく利益を出したいという気持ちもわかりますが、まずは投資家としてのレベルアップを考えましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。