初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

「配当利回り」と「優待利回り」の計算方法と活用のしかた

「配当利回り」と「優待利回り」の計算方法と活用のしかた

株の教科書.com編集部
株の教科書.com編集部
記事の難易度:★★★☆☆

株式投資で利益を出すには、株の売り買いから生じる差益のほかに、配当株主優待で収入を得る方法があります。
配当や優待狙いで投資をする場合、投資した金額に対して得られる利益の割合である「利回り(りまわり)」が良い銘柄を探すことが大切なポイント
となります。

今回は、配当利回り・株主優待利回りの計算方法と活用方法がどのようなものかを見てみましょう。

配当利回りの計算方法

株価によって変動する配当利回り

配当利回りは、1株あたりの年間配当金を現在の株価で割ることで計算できます。配当利回りは、株価が上昇すれば下がり、株価が下落すれば上がるということがわかりますね。

配当利回り(%) = 1株あたりの年間配当金 ÷ 現在の株価 × 100

投資戦略によって購入タイミングは違う

配当収益を重視するなら、株価が下がっているとき、つまり配当利回りが高いときに銘柄を購入することが基本です。ネット証券であれば取引画面に予想配当利回りが記載されているので、それを参考にして投資銘柄を選ぶと良いでしょう。

株主優待利回りの計算方法

優待価値から求める株主優待利回り

株主優待利回りは、優待価値を投資金額で割ることで計算できます。株主優待は金銭ではなく物品ですので優待価値から収益性を図ります。

優待利回り(%) = 株主優待の価値 ÷ 投資金額 × 100

配当利回りと同様に株価で利回りは変化する

最低購入単元が100株、株価が1,000円、100株毎に2,000円分の商品券を株主優待にしている銘柄を例に見てみましょう。この場合、株主優待の価値は2,000円、投資金額は100,000円ですので、2%の優待利回りになります。

2,000 ÷ 100,000 × 100 = 2%

配当利回りと株主優待利回りを合わせたトータル利回り

株主還元をダブルで受けられるトータル利回り

株式の株主還元は配当による還元が基本となるので、株主優待を実施している企業は自動的に配当と株主優待を両方することになります。個人投資家にとっては非常にお得感のある銘柄ですね。

配当も株主優待もある銘柄なら、利回りは配当利回りと株主優待利回りを合わせたトータル利回りとして考えることができます。

銘柄選択の幅を広げるトータル利回り

トータル利回りという考え方を持てば、高配当銘柄だけを探すのではなく、配当利回りが低くても優待利回りが高い銘柄など、銘柄探しの幅を広げることができます。銘柄選びのときには、配当利回りと優待利回りの両方に注目することで、より高い利回りを追求できます。

初心者には高配当銘柄がおすすめ

比較的安定したリターンを狙える高配当銘柄

売買で簡単に利益を得られれば良いのですが、相場に下落はつきもの。株式投資の経験に関わらず、保有する銘柄が下落することで生じる損失は、あまり気持ちの良いものではありません。

高配当銘柄は相場全体が値下がりしているタイミングでも比較的値下がり幅が小さく、株価下落による損失を抑えるリスクヘッジの効果が期待できます。

リスク回避にも公開が期待できる高配当銘柄

高配当銘柄は、その配当益のおかげで値下がりによる損失をカバーするだけではなく、高配当銘柄ほど日経平均などの指標よりも良い値動きをする傾向があります。

リスク回避を基本とするなら、配当狙いの投資を投資戦略の中心に据えてみましょう。銘柄選びに悩んだときも、高配当銘柄から選ぶことで、銘柄選択がやりやすくなります。

配当利回りを重視するなら米国株式にも注目

高配当銘柄を狙うなら米国株式

高配当銘柄といっても国内銘柄の配当利回りはそれほど高くありません。配当利回りを重視するなら、株式取引がもっとも活発な米国市場に目を向けることをおすすめします。

金融危機下でも連続配当を維持した米国企業

米国株式には、ジョンソン・アンド・ジョンソン(ティッカーシンボル:JNJ)やコカ・コーラ(ティッカーシンボル:KO)のように50年以上の連続増配維持している企業も存在します。これらの企業は2008年のリーマンショックやその後の世界金融危機の最中でも増配を維持するなど、株主還元を第一にしています。

とにかく現金によるインカム収入を増やしたいのであれば、米国株式に投資することも検討すべきです。

優待利回りでは優待の価値を見極める

さまざまな種類がある株主優待

株主優待を行う銘柄の中には、QUOカード等の金券を株主優待とする企業もあれば、自社商品を提供する企業も存在します。

マクドナルドやダイドーのように食事優待券や自社製品を優待として使うところや、ANAなどの航空会社なら割引航空券優待、オリエンタルランドのディズニー1デイパスポートも非常に人気です。

利回りだけではなく使い勝手の良さも考える

しかし、株主優待の中には換金が難しいものもあり、利回りという点で考えると価値を判断しづらい場合もあるでしょう。優待利回りを考える際は、優待の価値を事前に見極めておくことが必要です。

まとめ

投資効率を上げるには、売買による差益だけではなく、配当や株主優待などのインカムゲインにも注目しましょう。特に、配当利回りと優待利回りを合わせたトータル利回りは、積極的に活用したい指標です。

利回りを最大化しておくことで、相場急落時のリスクヘッジに繋がります。投資初心者が実際に銘柄を購入するときには、値動きだけではなく配当利回りと優待利回りを確認するように心がけましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。