初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

大きなお金を動かせるからこそ気をつけたい信用取引のメリット・デメリット

大きなお金を動かせるからこそ気をつけたい信用取引のメリット・デメリット

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★★★☆☆

株式取引に少し慣れてきたところで「もっと大きなお金を動かしたい」と考える方は多いと思います。そんなときに活用したいのが「信用取引」です。信用取引では、自己資金よりも大きなお金を動かすことができますが、大きなお金を動かせるからこそ、注意しないといけないことは少なくありません。

今回は、信用取引のポイントと、メリットとデメリットについて見てみましょう。

信用取引は普通の株式取引と何が違う?

信用取引では、証券会社の信用取引専用口座に委託保証金として差し入れている金額(自己資金)の約3倍までの取引ができるようになります。なぜ信用取引では、自己資金よりも多くのお金で取引できるのでしょうか?

信用取引が、証券会社から資金を借りてする取引だからなのです。

信用取引をはじめるには一定の制約がある

自己資金以上の取引ができる信用取引は魅力的ですが、信用取引をはじめるためにあたっては、専用の信用取引口座の開設が必要です。信用取引口座は投資家のリスク回避のためにも一定の取引経験がないと開設できない点に注意が必要です。

信用取引の魅力「信用買い」とは?

信用取引の魅力としてあげられるのが、資金がなくても値上がり局面での利益を期待できる「信用買い」ができることです。信用取引では保証金の約3倍までの金額を投資できるので、100万円の保証金を差し入れれば、300万円までの投資が可能です。

投資銘柄を証券取引所で定める「制度信用取引」では、借り入れた資金の返済期限は6カ月です。6カ月以内に株価が上がれば、その時点で反対売買(決済取引)して手じまいをして、利益確定ができます。

信用売りができるのも信用取引のメリット

反対に株式を持っていなくても株価が下落しそうだと思ったら売りから入る「信用売り」もできます。信用売りを利用すれば、市場全体が下降気味であっても利益を得ることができる可能性は十分にあります。

信用買いのデメリット:「追証」

信用買いのデメリットは、株価が大きく下落したときに発生します。制度信用取引の取引期限は6カ月ですが、あまりにも大きく下落して、証券会社に差し入れている委託保証金の維持率が株価に対して一定割合を下回ると、委託保証金の追加入金が必要になります。この追加で入金する保証金が「追証」です。

例えば、50万円の委託保証金を入金して、150万円分の株式を信用買いしていた場合、委託保証金維持率は30%を超えています。しかし、信用買いした150万円の株式が下落して120万円になると、委託保証金維持率は約13%となり、追証が発生するのです。

※株式評価損額:150万円-120万円=30万円
委託保証金維持率:(50万円-30万円)÷150万円=約13%

追証は2営業日後までに差し入れる必要があり、いったん下落した株価がすぐに上昇しても、追証が解消されることはありません。

信用売りのデメリット:「予想外の株価上昇」

信用売りの場合は、株価が大きく上昇した時が要注意です。株価が再度下落するのを待ちたくても、6カ月以内には買い戻しをする必要があります。売却期限まで株価の上昇が続くと、売った時以上の金額で買い戻しをすることになります。

ちなみに、信用売りの場合も追証が発生するので、こちらも注意が必要です。この際は、値上がり分を株式評価損額とみなして計算します。

売買以外のデメリット

信用取引をはじめるために必要な委託保証金は、現金ではなく現物株式で差し入れることもできますが、差し入れた現物株式の値下がりにも注意する必要があります。

委託保証金に使った現物株の評価額が大幅に下がると、追証が必要になる可能性が出てくるからです。それを防ぐためにも、できるだけ現金で委託保証金を差し入れるのが賢明でしょう。

金利と貸株料も無視できない

信用売りの場合は金利、信用売りの場合は貸株料が発生します。証券会社によって金額の設定は多少違いますが、おおむね金利が2%台、貸株料が1%台に設定されています。

まとまったお金を動かすときは、金利・貸株料も大きくなるので、取引前に金利と貸株料を確認することが欠かせません。

まとめ

信用取引は株価が上昇・下落どちらの時も利益を取ることができる魅力的な制度ですが、メリットが大きい反面、見逃せないデメリットもあります。しっかりと制度を把握した上で現物取引と合わせて利用することで、より良い投資成績が期待できます。

ぜひ、信用取引の利用を検討してみてはいかがでしょうか?

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。