初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

大きなお金を動かせるからこそ気をつけたい信用取引のメリット・デメリット

大きなお金を動かせるからこそ気をつけたい信用取引のメリット・デメリット

株の知識レベル:★★★☆☆

株取引に少し慣れてきたところで「もっと大きなお金を動かしたい」と考える方は多いと思います。でも、手元に資金がないと、追加の投資なんてできないと思っていませんか?それを解決するのが信用取引です。

信用取引をすることによって、自己資金よりも大きなお金を動かすことが可能になります。しかし、大きなお金を動かせるからこそ、注意しないといけないこともたくさんあるのが事実です。ここでは、信用取引のメリットとデメリットにはどのようなものがあるかをお伝えします。

信用取引は普通の株取引と何が違う?

信用取引は普通の株取引と何が違う?

当然ですが、普通の株取引(現物株取引)では、自分の持っている資金分しか投資ができません。それが信用取引になると、自己資金(証券会社の信用取引専用口座に委託保証金として差し入れている額)の約3倍もの金額の投資ができるようになります。

なぜ自己資金よりも多くのお金を調達できるのでしょうか?それは、信用取引というものが、証券会社から投資資金を借りて行うものだからなのです。

信用取引は誰でも始められるもの?

投資資金を借りることができるならば、すぐにでも始めたいと思う方も多いでしょう。しかし、「お金を借りる」というからには、誰でも簡単に取引ができるわけではありません。各証券会社で多少の差はありますが、信用取引の開始を希望する際は、証券会社にどのくらいお金や株式を預けているか、取引頻度、契約者の収入、株取引の知識についての質問に答えなければならず、審査もあります。この審査に合格しないと、信用取引専用の口座が開設されず、取引を開始することができません。

信用取引のメリット「信用買い」とは?

信用取引のメリット「信用買い」とは?

では、具体的に信用取引のメリットとは何なのでしょうか?

まず1つ目は「資金がなくても株価が上昇しそうだと思った株式を購入する」ことができるということです。
これを「信用買い」といいます。保証金の約3倍までの金額を投資できますので、100万円の保証金を差し入れた場合は、300万円までの投資が可能です。

投資銘柄を証券取引所で定めている「制度信用取引」を利用した場合、証券会社から借りている投資資金の返済期限は6カ月となっています。6カ月以内に株価が上がれば、その時点で売却(反対売買)し、利益を上げることができるというわけです。

信用売りができるのも信用取引のメリット

反対に「株式を持っていなくても株価が下落しそうだと思ったら売却する」こともできます。これを「信用売り」といいます。

現物株を持っていないわけですから、この場合は、株式を借りて売却することになります。この株式も、委託保証金の約3倍までの株式なら信用売りすることが可能です。

信用買いと同様に、返済期限は6カ月ですので、その間に株価が下がっていたら買い戻して(反対売買をして)利益を上げればいいのです。
信用売りを利用すれば、市場全体が下降気味であっても利益を得ることができる可能性は十分にあります。

信用買いのデメリット「追証」とは

信用買いのデメリット「追証」とは

信用取引ができれば、市場がどのような状況にあっても利益が得られるし、いいことばかりのようにも思われます。しかし、デメリットももちろんあります。

まず、信用買いのデメリットは、株価が大きく下落した時に発生します。制度信用取引の反対売買の期限は6カ月ですが、その間にも株価は変動します。あまりにも大きく下方に変動して、証券会社に差し入れている委託保証金の維持率が株価の20%を切ってしまうと、20%に戻るまで委託保証金を追加で入金する必要があります。

この追加で入金する保証金が「追証」です。例えば、50万円の委託保証金を入れ、150万円分の株式を信用買いしていた場合、委託保証金維持率は30%を超えています。しかし、信用買いした150万円の株式が下落して120万円になると、委託保証金維持率は約13%となり、追証が発生するのです。

※株式評価損額:150万円-120万円=30万円
委託保証金維持率:(50万円-30万円)÷150万円=約13%

追証は2営業日後までには必ず差し入れなければならず、いったん下落した株価がすぐに上昇したとしても、追証が解消されることはありません。

信用売りのデメリット「予想外の株価上昇」

信用売りの場合は、株価が大きく上昇した時が要注意です。株価が再度下落するのを待ちたくても、必ず、6カ月以内には買い戻しをしないといけません。売却期限まで株の上昇が続いていると、売った時以上の金額で買い戻しをすることになります。市場環境によっては、株価がどこまで上昇するかは分からないので、損失額は限度なく膨れ上がる可能性もあります。

ちなみに、信用売りの場合も追証が発生しますので注意してください。この際は、値上がり分を株式評価損額とみなして計算します。

その他のデメリット「委託保証金」

その他のデメリット「委託保証金」

信用取引を始める時に必要な委託保証金ですが、現金だけでなく、現物株で差し入れることも可能です。

しかし、その場合は、差し入れた現物株の値下がりにも注意しないといけません。委託保証金に使った現物株の評価額が大幅に下がると、委託保証金維持率が20%を割り、追証が必要になる可能性が出てくるからです。
それを防ぐために、できるならば委託保証金は現金で差し入れるのが賢明でしょう。

その他のデメリット「金利・貸株料」

信用売りの場合は金利、信用売りの場合は貸株料が発生します。各証券会社によって多少違いますが、金利は2%台、貸株料は1%台になっています。大きなお金を動かす時は、金利・貸株料も大きくなってきますので、確認しておいてください。

まとめ

信用取引は株価が上昇・下落どちらの時も利益を取ることができる素晴らしい制度です。ただ、メリットが大きい反面、デメリットもいくつかあります。しっかりと制度を把握して、現物取引と合わせて利用していくと、より良い投資成績を収められることが期待できます。ぜひ、信用取引の利用を検討してみてはいかがでしょうか?

証券会社で営業・窓口職を4年ほど経験。
営業経験談・苦労話・面白話なども沢山持っています。4歳と1歳の子育て中です!
総合評価
(0)
Pocket