初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0
バブル崩壊から学ぶ「景気のメカニズム」と教訓

バブル崩壊から学ぶ「景気のメカニズム」と教訓

たじりひろこ
記事の難易度:★★☆☆☆

バブル景気といえば、当時のことをよく知らない人でも「給与がとても多かった」「たくさんの企業から簡単に就職内定をもらえた」などの話を聞いたことがあるのではないでしょうか。また、バブル景気の崩壊によって、不況の時代に突入したことはご存じの通りです。

このバブル景気と崩壊とは、一体どのような出来事だったのでしょうか。そこから学べる教訓もあわせて見ていきましょう。

バブル景気とは一体なに?どんな時代だった?

いわゆる「バブル景気」とは1980年代後半の好景気のことです。発端は1985年のプラザ合意になります。

当時のアメリカ合衆国は、ドル高により貿易赤字が続いていました。これを解消するため、プラザ合意で各国が協調してドル安に誘導することが決定します。これにより、アメリカに対する輸出規模が大きかった日本円は円高に振れ、日本の輸出関連産業は大打撃を受けました。

これに対して日本政府は、公共投資といった内需拡大政策や、公定歩合の引き下げを打ち出します。これらの政策により、国内のお金は株式投資・不動産投資にも回るようになり、投資が投資を呼ぶようなかたちで株価や不動産の価格が大幅に上昇する結果となります。これがバブル景気です。

日本の株価はどのように推移していたの?

当時の日本の株価も異常なほどに上昇していきました。1985年には13,000円台だった日経平均株価は、1989年には38,000円台になっています。たった4年ほどで3倍も上がったのです。

この景気の波に乗り遅れないようにと、一般の人々も株式投資に参入します。当時は、「株式投資をしない方が損をする」という雰囲気があったのです。

今まで全く株式投資を考えたことのなかった人まで、多額の資金を投入して株を買っていきます。企業業績や見通しは関係ないといったばかりに、株価はさらに上昇を続けていきました。誰もがこの好景気はずっと続くと思っていたのです。

バブル崩壊はどうして起こったの?

誰もが株式投資をしていたバブル景気はどのようにして終息を迎えたのでしょう。

当時、株式もですが、不動産もあり得ない水準で上昇を続けていました。そのため、不動産を購入したい一般の人は全く手が出ない状況になります。

これを重く見た政府は引き締め策として、1990年に不動産融資の「総量規制」を打ち出します。この総量規制で、今まで不動産を大量に買っていた人たちが融資を受けられなくなり、不動産投資ブームは終息を迎えました。

また、公定歩合の引き上げも行われたため金利が上がり、資金を借りて株式投資をしていた人々も株式市場から撤退することとなりました。投資ブームに沸いたバブル景気は崩壊したのです。

バブル崩壊後の日本の株価はどうなった?

1989年に38,000円台だった日経平均株価ですが、翌年1990年には23,000円台、さらにその2年後の1992年には16,000円台まで下落します。

また、投資ブームが終わり、株式市場に資金が流入してこなくなったことや、土地が不良債権化したことも景気悪化に拍車をかけました。

金融機関の経営危機も人々の不信感を招き、お金や投資が怖いものだという意識を植え付けることになります。こうして日本の株式市場は、長い低迷時代に突入しました。

バブル景気や崩壊から私たちは何を学ぶ?

バブル景気や崩壊から私たちは何を学ぶ?

バブル景気の時代は実体経済を見ずにお金がお金を呼ぶといった状態でした。しかし、規制強化があっただけで簡単に景気は悪化していきます。

企業が何を作っているか、どんな事業をしているかをきちんと知って投資していれば、ここまでの被害はなかったと思われます。投資がブームだからといっても、安易に大金を投資することは避けるべきなのです。

そして、自分の資産以上の投資を望んだため、投資資金を金融機関から借りる人もいた時代です。投資で利益を出して、借りたお金を返すという考えもあまりお勧めできるものではありません。

まとめ

バブルが崩壊して、大きな損を出した人が多くいます。なかには投資が流行しているからと深く考えずに手を出した人々もいるのではないでしょうか。

投資をするならば、国全体の経済を調べてみることはもちろん、個別の銘柄についても「何をしている会社なのか」「現在の業績、そして今後の見通しはどうなっているのか」を確認した上で投資をすることは欠かせません。

投資ブームになって株価が上がっていくことは資金の循環に良いことですが、きちんと自分の考えを持って投資を行うようにしたいものです。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。