初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0
あの大暴落はなぜ起きた?「リーマン・ショック」のメカニズムと教訓

あの大暴落はなぜ起きた?「リーマン・ショック」のメカニズムと教訓

たじりひろこ
このエントリーをはてなブックマークに追加
株の知識レベル:★★☆☆☆

世界的な株式の大暴落はいくつかありますが、ここ10年ほどではリーマン・ショックが非常に有名です。皆さんは、このリーマン・ショックがどのように起こったのかご存じでしょうか。また、もし同じようなことが起こった場合、どうすればいいのかも考えてしまいますよね。

今回はリーマン・ショックのメカニズムと教訓について詳しく見ていきましょう。

リーマン・ショックはなぜ起きた?

「保有株の株価が大幅に値下がりした」「勤め先の業績が下がって、給与も下がってしまった」等、リーマン・ショックは私たちの生活にも大きな影響を及ぼしました。では、どうしてリーマン・ショックは起こってしまったのでしょう。

リーマン・ショックは2008年9月に起こりましたが、いきなり起きたわけではありません。前年の2007年、アメリカで起こったサブプライムローン危機が発端となっています。

サブプライムローンとは低所得者向けの住宅ローンであり、高い利回りが期待できたことから銀行や証券会社はこぞってサブプライムローンを組み込んだ投資商品を開発・販売していました。

不動産価格の値上がりを前提としていたサブプライムローンは、不動産価格の上昇が落ち着くのと同時に仕組みがうまくいかなくなり、サブプライムローン商品を取り扱っていた銀行や金融機関に大きな損失を与えることとなります。

大手投資銀行リーマンブラザーズがこれにより破たん。サブプライムローン商品を取り扱っていた金融機関や、リーマンブラザーズと取引があった金融機関も、連鎖的に危機に陥ったというのがリーマン・ショックの概要です。

その時、米国の株価はどうなっていたのか?

では、その時の米国の株価はどう推移したのかを見ていきます。

リーマンブラザーズが破たんした2008年9月18日のニューヨークダウは前営業日比で504ドル安、4.4%も下がりました。半年後の2009年3月にはリーマンブラザーズ破たん前に比べて40%も下落しています。半年間も下落が続いているところから、このリーマン・ショックが米国に及ぼした影響の大きさが分かることでしょう。

ちなみにその後の米国株(ニューヨークダウ)ですが、徐々に回復していきます。2017年7月現在、リーマン・ショック前よりも上昇しているという状況です。

リーマン・ショックの日本での影響

日本でのリーマン・ショックの影響とはどのようなものだったのでしょう。

日本ではサブプライムローン関連商品の取り扱いがほとんどなかったため、当初は影響も限定的だと思われていました。しかし、米国の株安からくる不景気が、次第に日本にも影響を及ぼしてきます。

米国の不景気が原因で超円高になったため、輸出高が減り、製造業等の輸出関連企業が不振になっていきます。そして、直接輸出に関連しない企業でも、不振に陥った製造業と取引のあるところから連鎖的に厳しくなりました。

当時の日本は、民間企業の業績が悪くなったことから始まり、給与削減・人員削減・倒産と次々に良くないことが起こっているという状況でした。

その頃の日本の株価はどうだった?

リーマンブラザーズ破たん翌日の日経平均株価は605円安でしたが、その後も株価は下がり続けました。結局、2008年は年初から年末の間に株価が40%も下落しています。企業の業績の見通しに対して悲観的な見方が増え、さらに投資家も株の買い控えをしていたためです。

この後も日本は株価低迷期が続きます。2011年の東日本大震災も原因の一つではありますが、株価がリーマン・ショック前の水準に戻ってきたのは、自民党・安倍政権になった2013年以降です。

米国では公的資金の投入、大規模な金融緩和により景気を戻そうとしていたのに対し、日本では対応が遅れたため、景気も株価も戻るのが遅れたと言われています。

リーマン・ショックから学ぶ教訓

リーマン・ショックから学ぶ教訓

リーマン・ショックが起こったことは不幸でしたが、そこから学べる教訓もありました。大暴落が起こる時は兆候があるということです。

リーマン・ショックでは、サブプライムローン危機です。返済見込みの薄い人たちにまでどんどんお金を貸していたため、回収できなかった金融機関が苦境に陥りました。

このように、何の予告もなくいきなり株価が暴落するわけではありません。直近の株価には直接関係なくても、経済ニュース・社会の動きに敏感になっておく必要があることが分かります。

この教訓を株式投資にどう生かす?

では、このリーマン・ショックを私たちの株式投資にどう生かしていけばいいでしょうか?

先ほどの「経済ニュース・社会の動きに敏感になる」にも通じますが、日本国内の出来事だけでなく、海外の情報にも目を通しておくことが大切です。

グローバル社会である現代は、世界のどこかで起こった出来事が、巡り巡って日本にも影響するということが多々あります。経済や円高・円安といった情報はもちろんですが、安全保障の問題も株価に影響することがあります。株式投資をしている、もしくは考えているのならば、努めて情報収集するようにしましょう。

また、リーマン・ショック後の株価の動きは長期間大変鈍くなっていました。安くなっているからといって慌てて買いに走らなくてもいいでしょう。まずはじっくり様子を見てから動くことをお勧めします。

まとめ

リーマン・ショックは世界の経済に大きな衝撃を与えました。保有株の下落で大打撃を受けた人も多いことでしょう。

ただ、幸いなことに、リーマン・ショックについての詳しい資料はたくさん残っています。今後、万が一同じようなことが起きても被害を最小限に食い止めるために、情報を収集して、今から備えておきましょう。

総合評価
(0)

証券会社を探そう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。