初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

低位株は儲かるって本当?気をつけたいポイント

低位株は儲かるって本当?気をつけたいポイント

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★★☆☆☆

投資初心者が一度は夢見る短期爆益を実現する投資方法として注目を集める低位株投資ですが、ハイリスク・ハイリターンな投資方法でもあります。

今回は、低位株投資をはじめるにあたって気をつけたいポイントについてお話しします。

「低位株は儲かる」と言われる理由

明確な定義はありませんが、低位株とはおおむね1株あたりの株価が数百円程度までの銘柄を指します。株価が低いと1単元あたりの金額も安くなるので、投資資金が少ない投資初心者には低位株投資は魅力的に見えるのです。

「上昇率が高い=下落率も高い」ことを忘れずに

投資資金が少額で済むのが低位株投資の魅力ですが、エントリーのしやすさから参加者も増えるので値動きも激しくなり、値上がり・値下がりのどちらも大きくなるので、値下がりしたときのダメージが大きいことはデメリットと言えます。

また、ほとんどの低位株銘柄は、徐々に値を下げていく傾向が強いのも注意が必要です。

なぜ低位株なのかを確認しておこう

株価は「投資家が会社に下した評価」です。株価が低い水準にとどまっているということは、裏返せば会社の評価が低いということになりますが、その理由は財務諸表に現れています。一つは慢性的な赤字体質であるパターンで、もう一つは利益を出しているものの、将来性があまりない事業が中心のパターンです。

定位株である以上、どちらも投資先としてはあまり魅力的ではありませんが、利益を出している会社の方がまだ投資先になるでしょう。

良いニュースのインパクトはとても大きい

低位株は、業績が振るわないことなどを理由に株価が低迷しているので、良い材料となるニュースが出ると、株価が急騰する要因となります。ただし、風評(うわさ)であることもあるので、うのみにせずに裏取りをする必要があります。

時価総額が低い定位株は仕手株になりやすい

低位株の中でも、発行済み株式数が少なく時価総額が低い銘柄は、比較的少ない資金で株価を操縦することができるため、仕手株になりやすいという特徴があります。

仕手株になるとちょっとした材料で急騰・急落しやすくなるため、うかつに参加すると損失をこうむるリスクは極めて大きいので、できるだけ取引に参加しないようにしましょう。

財務体質が弱く上場廃止リスクが大きい

ほとんどの低位株は業績劣悪であり、必然的に財務体質が弱い会社がほとんど。そのため、値がさ株と比べると上場廃止リスクは高まっています。また、経営上の不正行為への誘惑が大きいのも気を付けたいポイントといえるでしょう。

まとめ

低位株投資は利益が出れば大きい半面、リスクを避けるために注意が必要な点は少なくありません。大きな値上がり期待ができる低位株ですが、集中投資には向いているとは言いにくいのも事実です。

低位株投資では、低位株特有のリスクやデメリットを理解した上で、銘柄や時間の分散を心がけることが欠かせません。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。