初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

ストップ高の勢いで利益を獲得?ストップ高投資法のやり方と注意点

ストップ高の勢いで利益を獲得?ストップ高投資法のやり方と注意点

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★★★☆☆

ストップ高とは株価が1日の値幅制限いっぱいまで上昇すること。ストップ高になった銘柄は株価がさらに上昇する勢いがあり、その勢いに乗って利益を得るのが「ストップ高投資法」です。

勢いがある銘柄に投資するため利益が得られる確率が高いと考えられていますが、投資法を誤ると大きな損失が発生することも。今回は、ストップ高投資法のやり方と注意点について見ていきましょう。

※当記事は、投資方法を紹介するものであり、投資法を推奨するものではありません。

ストップ高投資法とは?

ストップ高になっている銘柄は、何らかの理由があって株価が急上昇しています。つまり、多くの投資家が買いたいと感じている銘柄なのです。

買いたい人が多いと株価が上昇するというのが株式投資の基本。ストップ高投資法も、そんな銘柄に注目して投資をしていきます。ただし、ストップ高になっている銘柄を探して片っ端から買えばいいというものではなく、どの銘柄を買って、どの銘柄を見送るのかの判断は必要となります。

ストップ高になると翌日も株価が上がる?

ストップ高になった銘柄は、その勢いのまま翌日も株価が上昇することが多くあります。ストップ高になった当日は、買いたいと思った投資家全員が買えているわけではないからです。

一部の投資家だけしか買うことができておらず、その投資家が翌日に買い注文を入れることで株価が上昇するのです。つまり、ストップ高の翌日以降に買い注文を入れる投資家が少ないと、株価が上がりにくく、投資する銘柄には向かないということです。

大きく値下がりすることもある

勢いがない銘柄は、ストップ高の翌日に大きく値下がりすることがあります。ストップ高翌日の寄り付きでは高く始まるかもしれませんが、寄り付き天井でどんどん値下がりしていきます。

こういった銘柄はストップ高になった日に、不成立となった買い注文が少なかったり、値上がりのきっかけとなった情報に過剰反応していただけだったということです。

ストップ高銘柄で利益を獲得するには?

ストップ高銘柄でより確実に利益を獲得するためには、ストップ高になった日の比例配分で購入するのが得策です。ただし、大量の買い注文に対してごくわずかの売り注文しかないため、比例配分で購入できる可能性はとても低くなります。

買える可能性が低いほど翌日以降の値上がりが期待できるので、「運がよければ高い確率で利益が得られるプラチナチケットが当たる」という程度の感覚で投資して、翌日の寄り付きで手じまいしましょう。

買えなくても深追いしてはいけない

ストップ高投資法で注意しておくべきことは、買えなくても深追いしないことです。大引けの比例配分で手に入れられる可能性は10回に1回あればいいほう。なかなか買えないからといって、翌日の寄り付きで買い注文を入れるのは危険です。

ストップ高になった日の終値よりもさらに高い株価で購入することになりますが、寄り付きが高くなればなるほどその後の買いが続きにくいものです。寄り付いた後に利益確定の売りが殺到すると、あっという間に5%、10%といった含み損になってしまう可能性もあります。

買い気配から一転して株価暴落するのに注意

比例配分狙いで買いを入れるときにも注意が必要です。買い注文は「引け」での注文にして、引けまでは買い注文が板に現れないようにしましょう。

ストップ高水準で買い気配になっている銘柄は、買い注文に勢いがないと感じる投資家が多くなると一気に売り注文が集まって、引けまでに売買が成立します。その後も利益確定売りが大量に入って株価が暴落していくことがあります。

ストップ高に張り付いていたところから急落するチャートの様から「ナイアガラ」と呼ばれることもあります。「引け」での買い注文にしていない場合は、ナイアガラの天井での買いが成立してしまい、大きな損失のもとになります。

ストップ高投資法をするときには、引けでの買い注文を入れ、引けまでに寄り付いて買い気配でなくなっている場合には注文を取り消すようにしましょう。

まとめ

ストップ高投資法は、比例配分に当たれば高確率で利益が得られるというものです。「ストップ高を記録した銘柄はまだ株価が上がるから買うべき」という誤解をしないようにしなければなりません。

とはいうものの、なかなか買えないフラストレーションから、ついつい、この株はまだまだ上がるはずだとストップ高の翌日に手を出してしまう人も少なくありません。

高確率で利益が出るものはなかなか手に入らないものだということを意識し、運がよければ・・・という気持ちで取り組むのがよいでしょう。

最新のストップ高情報を知りたい方はストップ高予想をご確認ください。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。