初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

ストップ安を利益に変える!割安株を探す秘訣とは

ストップ安を利益に変える!割安株を探す秘訣とは

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★★☆☆☆

「ストップ安」は、株式投資の初心者には聞きたくない言葉の一つです。しかし、保有銘柄ではなく、保有していない銘柄のストップ安は、上手に活用すれば利益を得るための大きなチャンスにすることができます。

株価は上下を繰り返すもの。ストップ安は株価が上がるタイミングを捉える良い機会にもなるのです。今回はストップ安を使って売買のチャンスを見極める方法についてお話しします。

ストップ安により売られすぎている株を狙う

ストップ安になっている銘柄は、今のうちに売り注文を入れておきたいと考える投資家の注文が殺到し、売られすぎの状態になっていることが多くあります。このような傾向はストップ安だけでなく、連日大きく値を下げているような場合にも同じことが言えます。売りが多い銘柄は見ていて不安になり、取引する気にならないという方も多いでしょう。

売られすぎた銘柄は、本来その会社が持つ実力以上に売られてしまうため、一時的に株価が割安になることがあります。そうなると割安銘柄を買う投資家が現れ、株価は反転して上昇します。信用取引の貸借銘柄であれば、信用売りを買い戻す動きも加わり、勢いよくリバウンドすることもあります。

このようなリバウンドをうまく見極めることができれば、堅実に利益を得ることができるというわけです。ストップ安になった銘柄や、大きく株価が下落している銘柄をうまく使うことは、株式投資で利益をあげるためのテクニックなのです。

株価が下落している間に売られた原因を調べる

売られすぎて大きく株価が下落していると、近いうちにリバウンドする可能性があります。ストップ安に張り付いているときや、株価が下がり続けている間に、売られている原因を調べましょう。

多くの投資家が慌てて売っているうちはリバウンドがはじまりません。まわりが慌てているときに冷静な判断をすることができれば、その分だけ利益をあげるチャンスを見極めることができます。じっくり調べてリバウンド狙いで買いを入れられる銘柄かどうかを判断しましょう。

あっという間にリバウンドが始まった場合は、慌てて買いに走るのではなく見送りましょう。そのタイミングでのリバウンドを捕まえるのは難しく、値上がりする幅も大きくないことが多いでしょう。

リバウンドが期待できるタイミングで買う

リバウンドを狙う場合、買いを入れるタイミングが重要です。ストップ安に張り付いているときに買い注文を入れると、ストップ安が解消してもその後しばらく下落が続きます。下落が続くと含み損を抱えてしまい、リバウンドしても大きな利益を得ることができません。株価が下がり切ったことを確かめてから買うように心がけましょう。

株価が一番底をつけたタイミングで買わなくとも、確実に株価が上昇していくと考えられるタイミングで購入するのがベストです。

悪材料が一時的なものなら比較的早く株価が上昇に転じる

リバウンドが始まるタイミングをある程度把握しておくのも重要です。株価が急落した原因によって、リバウンドが始まりやすいものとそうでないものに分けることができるためです。

例えば、特別損失が発生したことが原因で株価が下落した場合や同業他社の不安から連想して下げた場合など、その企業の実力がなくなったわけではないのに株価が下落したときは、比較的早くリバウンドが始まる傾向にあります。実力が変わっていないのに株価が下落したということは、すぐに多くの投資家が割安になっていることに気づくためです。

本業にダメージがある悪材料だとリバウンドは小さい

一方、営業利益が大きく減少した、赤字に転落したといった、本業にダメージがあることが明白な悪材料ならリバウンドは狙えません。本業にダメージがあるということは、その企業の実力が落ちてしまったことを理由に売られているということです。

その企業の適正株価が下がっているということは、リバウンドする可能性は低いでしょう。長い時間をかけて、業績を回復させる見込みが出てくれば再び株価は上昇するでしょうが、そんな銘柄のリバウンドタイミングをじっと待つ必要はありません。購入を見送り、次の投資対象を探すのが賢明です。

まとめ

ストップ安になっている理由を見極めることは、割安な株を探すことにつながります。一時的に割安になった株を探す「バリュー投資」の一種だと考えることができます。

リバウンドするタイミングを見誤ると含み損を抱えることになりますので、急ぎすぎず慎重に判断することが、上昇銘柄を正しく見極めるための秘訣です。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。