初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

あなたは大丈夫?株式取引に向いていないのはこんな人

あなたは大丈夫?株式取引に向いていないのはこんな人

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★☆☆☆☆

昨今、インターネット上で取引できる証券会社も増え、気軽に株式投資が行えるようになり、「ぜひ投資をやってみたい」と考える人も増えています。しかし中には、その性格からどうしても株式投資に向かないという人もいます。

今回は、どのような性格の人が株式投資に向かないかを見てみましょう。

株式投資は将来の拡大・成長を期待するもの

株式投資と聞けば、条件反射のように投機やギャンブルと決めつけて、ネガティブな反応をする人は少なからずいます。

しかし、株価の値動きには、企業業績や国内外の政治・経済の動向といったある程度の根拠があり、短期ではともかく、中長期では企業や市場の拡大・成長を期待して資産を投じるものになります。株式投資をはじめるのであれば、この点は理解しておきたいポイントです。

必要なときには躊躇なく損切りをする

企業業績や国内外の政治・経済の動向など、株価はさまざまな要因で上下するものであり、損切りが必要になる場面もあります。損切りも取引の一環と理解して、必要なときには躊躇なく売る決断が必要です。

リスクの取りすぎに注意する

株式は売りたい時に希望の株価ですぐに売れるとは限らず、まとまったお金が必要な時に、準備できないリスクも生じます。株式投資をはじめるにあたっては、投資金額の限度を決めておくようにしましょう。

また、すぐに用意できる預貯金を手元に残しておくことはリスク回避の面からもとても重要です。

勘に頼った取引は損失の元

反対に資金に余裕があるからと、何も考えずに勘に頼った取引で次々と資金を投じるのもNG。どんどん投資を続けるのも、全くと言っていいほど株式投資はおすすめできません。

度胸があるのは株式投資を成功させるために欠かせない要素の一つですが、その前提として正しい知識を身につけている必要があります。実際の投資をはじめるのは、十分に知識を付けてからでも遅くないでしょう。

投資判断は自分の判断と心得る

書籍や雑誌、インターネットやSNSなど、さまざまな媒体でさまざまな人がその人独自の分析に基づく「おすすめ銘柄」を推奨しています。

その理由や将来性に納得できるならともかく、盲目的に買うのはいざ値下がりしたときにパニックを招く原因にもなりかねません。株式投資でどの銘柄に投資するかを決める投資判断は、自分の責任で決めるのは大前提です。

間違いを認めたら速やかに修正する

他人の意見に流されやすい人も注意しないといけませんが、より気を付けたいのは他人の意見を全く聞かない人です。

自分の考えや信念に基づいた投資は素晴らしいのですが、考えていることや投資方法が古かったり、的外れだったりすることもあります。自分の投資方法が間違っていることに気づいたら、速やかに修正することが更なる損失を重ねないためにも欠かせません。

まとめ

どのような人が株式投資に向かないか、そして、その対応方法について挙げていきました。もし現時点で向いていないとしても、慌てずにいろいろな対応方法を試してみてはいかがでしょうか?
勉強をして無理のない範囲で少しずつ投資をはじめることで、より良い投資家を目指していきましょう。

» 株式投資の基本をもっと学ぶ
総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。