初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

押し目買いのポイントを見極めよう

押し目買いのポイントを見極めよう

株の知識レベル:★★★★☆

株式投資の基本は「安値買いの高値売り」です。押し目とは、株価が下落したタイミングを指します。押し目買いのポイントを見極めることで、投資の精度は格段に向上します。

一方で、どこが押し目か判断に苦しむことも事実。ここからは、押し目買いのタイミングを見極めるヒントについて、基礎知識をシェアできればと思います。

まずは下落の理由をしっかり見極める

押し目買いと一口に言っても、やみくもに安値圏で買っていい訳ではありません。下落にも"質"があるのです。質の良い下落もあれば、質の悪い下落もあります。

例えば、業績悪化に伴う下落はいかがでしょう。こちらは質の悪い下落ですよね。悪材料の出現により、投資家から失望売りが出ている状態です。

一方で、高値圏からの調整的な下落であればいかがでしょう。こちらは、上がりすぎた株価を適正なバリューエーションに戻すための売られ方です。つまり、下落の質は悪くない。このような状況下では、押し目買いの好機と言えるのです。

下落の質を読み違えると、大損する可能性も

個別で悪材料が出た場合には、基本的に下落の質はよくありません。また、金融危機に端を発する下落に関しても質はよくありません。このような状況下では、リスク資産の購入を控えることをおすすめします。

米国のリーマンショックやサブプライムローンの焦げ付き問題や、直近の欧州債務不安。これらの元凶は金融機関の財務リスクに寄与された部分が大きいと言えます。実際に、株式市場では下落トレンドが長期化しました。

よって、金融危機や財務状況悪化による下落は買わぬが鉄則。押し目買いのポイントとなることは非常に少ないと言えるのです。

中央銀行による資本注入が行われたタイミングがチャンス

たとえ金融危機でも、必ずいつかは買い場はやってきます。結論から言うと、中央銀行による資本注入が行われたタイミングが買い場になっているケースが多いと言えます。

例えば、リーマンショック以後の米国の量的緩和策、QEが代表例です。QE1からQE3に渡る3度の資本注入が行われました。量的緩和策導入下で株価が大幅上昇を記録したことはみなさんの記憶にも新しいでしょう。

また、2013年以降の日本の株式市場も同様です。日銀総裁に黒田氏が就任したことを皮切りに、株式市場に積極的な資本注入を行ってきました。当時1万円台近辺で推移していた日経平均株価も今では2万円にチャレンジする展開に。資本注入が行われたタイミングが押し目買いのシグナルとなっていました。

各国の金融政策の動向を知ることがポイント

市場に資本注入が行われたときに、株価が上昇傾向にあることは上述した通りです。つまり、各国の金融政策を見極めることが重要なのです。

市場に資本注入をすると言うことは、緩和的な政策を行っているということです。基本的に、金融緩和政策はマーケットにフレンドリーであることが多いと言えます。この点は、基礎知識として抑えておいた方がよいでしょう。

テクニカル分析で押し目のポイントを探す

投資の手法は大きく分けて二分できます。基礎的経済条件に基づくファンダメンタルズ分析と、ローソク足やチャートの形状から先行きを予想するテクニカル分析です。押し目のポイントを探すのであれば、テクニカル分析が特に有効と言えます。ローソク足の形状を確認するだけでも、今後のトレンドを読み解くヒントを与えてくれます。

長い下ヒゲやつつみ線は安値圏での出現がポイント

長い下ヒゲやつつみ線は安値圏での出現がポイント

長い下ヒゲが安値圏で出現した時には、反発トレンドへの入り口であることを示唆します。長い下ヒゲを引くと言うことは、安値圏から大幅に買い戻されたことを示唆します。つまり、安値圏で出現した場合には"底入れ"を示唆するケースが多いのです。

また、安値圏で出現するつつみ線も同様です。つつみ線とは、前日のローソク足の値幅を当日のローソク足の値幅が飲み込むチャートのことを言います。前日より、当日の方が売買エネルギーがあることを示唆しますので、今後のトレンドを暗に示唆するケースが多いのです。

特に、大陽線が陰線をつつみ込むパターンは好シグナル。上昇トレンドへの転換点を示唆するケースが多いと言えます。

まとめ

投資初心者にとって,押し目を探すことは非常に難しい作業と言えるでしょう。しかし、上述したポイントをヒントにするだけで、偽りの押し目にダマされるケースも少なくなります。日々の経済ニュースを確認する等、簡単な作業をするだけでも構いません。金融政策の動向は、ニュースや新聞からでも簡単に確認することができます。

また、テクニカル指標もすべて網羅する必要はありません。基礎的な指標をいくつか覚えることから初めて見ましょう。

このように、少しの努力をするだけで、将来のリターンは大幅に違ってきます。押し目買いのタイミングを見極めて、投資の勝率を高めましょう。

総合評価
(0)

証券会社を探そう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。