初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

窓開けと窓閉め(埋め)を覚えよう

窓開けと窓閉め(埋め)を覚えよう

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★★★☆

株式投資の分析手法は、基礎的経済条件(ファンダメンタルズ)に基づくファンダメンタルズ分析と、ローソク足やチャートの形状から先行きを予想するテクニカル分析に分別できます。テクニカル分析の中でも、窓開けと窓閉めは、比較的強いシグナルを発するため、視覚的にわかりやすい判断材料です。

今回は、窓開けと窓閉めが生じるタイミングとその分析方法について見てみましょう。

窓とはローソク足とローソク足にできる空間

窓とは、前日と当日のローソク足の間にできる空間を指し、基本的に窓が大きければ大きい程、そのトレンドは強いことが一般的です。

当日のローソク足が前日のローソク足を上放れれば上昇シグナル、下放れすれば下落トレンドであることを示しますが、いずれも短期トレンドの分析で有効に機能します。窓が出現した時には、スピード感を持った取引をすることが重要です。

窓開けと窓閉めはセットで出現することが多い

窓空けは短期トレンドのシグナルであり、短時間でトレンドの巻き戻しが起こることが珍しくないのが特徴です。窓を開けた後は、窓を閉めにいく「窓埋め」が一般的です。

上放れの窓を開けて上昇トレンドが数日間継続した後、トレンドが再転換して窓を埋めるローソク足が現れ、下落トレンドへ突入する…。こうした流れは珍しくありません。

窓閉めの法則を過度に信用しすぎない

窓開けのあとには、窓を閉める動き(窓埋め)があるのは事実ですが、窓開けのあとに必ず窓埋めが起きるかと言えばその限りではありません。特に、陰線を引いて下方向に窓を開けた場合には、下落理由をリサーチすることが必要不可欠です。

底を探る調整的な下落の途中で生じた窓であれば、リバウンドによる窓閉めも期待できますが、なんらかの悪材料による下落局面での窓であれば、売り抜ける方が無難と言えるでしょう。

下落と上昇の質を探ることが重要

マーケットの変動には必ず理由があり、上昇や下落にもそれぞれ質があります。例えば、好況を背景とする株価上昇で、数日間連騰したとします。その後、悪材料がないにも関わらず下落したとしましょう。このような場合の株価下落は質の良い下落と言えます。なぜなら、高くなりすぎた株価を一時的に調整するための下落だからです。

相場の上昇局面でもこの考え方は重要です。実需と商いが伴う上昇であれば、その上昇は続く可能性がありますが、極端な下落後のリバウンド的な上昇では決して質の良い上昇とは言えません。単純に、ローソク足の形だけで判断するテクニカル分析も重要ですが、その値動きの背景を知った上で分析をする方が投資の精度は格段に向上します。

三空叩き込みは買いシグナル

窓のことを空と呼ぶケースもあります。三空とはその名の通り、下方向に三つ窓を開けている状況です。三空の出現時には、セリングクライマックスを迎えている可能性が高いと言えます。

下げ止まらず、追証発生後の投げ売り商状であることを示唆します。一方で、売り方は流れに乗って売り玉を増やすため、三空叩き込みは底入れシグナル。信用買いのポジション調整も一巡している可能性が高いので、上値も比較的速いことが想定されるのです。

三空踏み上げは売りシグナル

三空踏み上げとは、上向きに窓を三つ空けるテクニカル指標であり、上昇トレンドの一服を意味し、天井打ちの可能性を示唆します。買い方が勢いよく買い尽くしているチャートですから、これ以上買い向かえないと判断されるケースが多いと言えます。

高値圏からの大幅下落は、投資家心理を利益確定売りに向かわせるので、三空踏み上げ出現後の株価下落は、下値が速いことが想定されるのです。

まとめ

短期で利益を狙うには、窓空けや窓閉めはもちろん、三空叩き込みや三空踏み上げも組み合わせて分析することが重要です。

さらに、出来高の確認や他のテクニカル指標と組み合わせて分析をすることで、投資の精度は向上します。日々の取引の中でも、チャートに注目するよう心がけてみてください。

» 投資初心者でもわかる株価チャートの種類と見方
総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。