初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

新興市場の「東証マザーズ」と「ジャスダック(JASDAQ)」とは?

新興市場の「東証マザーズ」と「ジャスダック(JASDAQ)」とは?

西岡容子
西岡容子
記事の難易度:★☆☆☆☆

大企業でもなく知名度はないものの、これから発展しそうな頑張っている会社を応援したい人と考える人も少なからずいるものです。また、そのような会社がいざ資金が必要となった時に、お金を集められる仕組みを構築しておくことも重要です。

今回は、新興企業の重要な資金調達の手段である新興市場の役割と魅力を見てみましょう。

企業活動を行う上で資金をいかに調達できるかが重要

新興企業にとって、何よりも重要なのは、まずは資金調達能力を伸ばすこと。設備投資はもちろん、新たな分野への研究開発や投資などのために、巨額の資金が必要となるからです。

大企業や有名企業なら資金集めも難しくありませんが、知名度や信頼感に欠ける新興企業にとって、資金集めは最初の難題です。

新興企業の資金調達は株式公開が主流

日本の銀行は社歴の浅い企業や土地などの担保を保有していない企業に対して融資をすることに非常に消極的です。そのため、銀行融資に代表される間接融資ではなく、上場することで幅広く資金を募る直接融資が主流となっています。

企業の資金調達の場である株式市場

市場からお金を集めるには証券取引所に上場する必要があります。日本の証券取引所は、東京、大阪、名古屋など三大都市を中心に、札幌や福岡などの地方都市にもいくつか存在しています。証券取引所の中でも、東京証券取引所(東証)一部上場企業は優良企業として知られていて、財務諸表を中心に上場基準のハードルは極めて高く設定されています。

新興企業に特化した株式市場が新興市場

これに対して、創業間もない新興企業などでも上場しやすいように、比較的緩い上場基準で運用されているのが新興市場です。

世界的にはハイテク企業がこぞって上場を目指すアメリカのNASDAQが有名ですが、日本では、JASDAQ(ジャスダック)や東証マザーズがよく知られた新興市場です。

新興市場JASDAQ(ジャスダック)と東証マザーズの特徴

JASDAQ(ジャスダック)は当初、証券取引所ではなく、大阪証券取引所(大証)の傘下で証券会社の店頭で上場していない株式の取引をする「店頭市場」として発足しました。大阪証券取引所と東京証券取引所の経営統合を経て、現在では日本取引所グループ(JPX)の傘下として、主要な新興市場の役割を果たしています。

当初から新興市場として設計された東証マザーズ

当初は店頭市場だったジャスダックに対して、当初から東証参加の証券取引所として開設されたのが東証マザーズです。新興市場としての性格を前面に打ち出したことから、主要証券取引所の中でももっともゆるい上場基準が特徴であり、東証一部・二部へのステップアップの場として位置づけられています。

東証マザーズとJASDAQ(ジャスダック)の違いとは

東証マザーズとジャスダックを比較してみると、その成り立ちに大きな違いがあることがわかります。その反面、現在では新興市場としての役割に大きな違いはありません。

更なる成長を目指すマザーズ銘柄

ただ、東証マザーズに上場する会社は、いずれは次のステップ、すなわち今後10年以内に東証一部・二部上場を視野に入れた市場と位置付けられています。一方でジャスダックには東証一部・二部を目指すといった前提はありません。

まとめ

これからの将来性に賭け、大きな利益を狙いたいと思う人にとって、新興市場は魅力的な株式市場と言えます。

東証上場企業に投資するよりもリスクが大きくなるものの、そのリスクを管理できるなら、新興市場への投資も有力な選択肢の一つと言えそうです。

» 株式投資の基本をもっと学ぶ
総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。