初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

市場を知ろう:海外の代表的な証券取引所

市場を知ろう:海外の代表的な証券取引所

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★★★☆☆

かつては取引のハードルが高かった海外株式ですが、近年ではネット証券を中心に取引環境が整い、個人投資家でも国内株式と同様に取引できる環境が整いつつあります。

バブル崩壊からの低迷が続く国内株式と違い、海外株式は米国のNASDAQを中心に、比較的安定して高いリターンが続いています。今回は、主要な海外の証券取引所と、その魅力について見てみましょう。

世界最大の証券取引所のNYSEとNASDAQ

ビッグ・ボードの愛称で知られるニューヨーク証券取引所(NYSE)は、世界の金融取引の一丁目一番地であるウォール街にあり、世界中の優良企業が上場しているのが特徴です。

アメリカを代表する企業が数多く上場しているのはもちろん、米国預託証券(ADR)の形で世界中の企業が上場を目指す証券取引所として知られています。1980年代末期のバブル景気では日本企業の上場が増えていましたが、近年では経済成長が著しい中国企業の上場が増加傾向にあります。

ハイテクベンチャーのメッカ「NASDAQ」

NYSEと並んで世界的に知られるアメリカの新興企業向けの証券取引所であるNASDAQ(ナスダック)は、1971年にベンチャー企業向けの株式市場として公開された株式市場です。

時価総額ランキングを見てみると、AppleやAmazon、マイクロソフトなど、知名度・規模ともに世界最大級の企業がひしめいています。新興市場という特性から、大きな値上がりが期待できる10倍株や100倍株を探す場として活用する投資家も少なくありません。

中国株取引のメッカである「上海証券取引所」

著しい経済成長を背景に国内総生産(GDP)がアメリカに次いで世界第2位となった中国では、改革開放と企業の民営化が進んだことで、機関投資家・個人投資家を問わず、株式取引が活況を呈しつつあります。

中国には本土市場の「上海証券取引所」と「深セン証券取引所」、香港の「香港証券取引所」という3証券取引所があり、このうち、上場企業の時価総額が大きく、取引の中心となるのが「上海証券取引所」です。

A株・B株に分かれる中国の証券市場

改革開放の一環として一般市民の株式投資も解禁されたことや、成長期待により外国からも多くの投資資金が流入していることから、中国の証券取引所は急速な規模拡大が続いています。

中国の証券市場は人民元で取引する「A株」と米ドル・香港ドルで取引する「B株」に分かれていて、かつてはA株は国内投資家向け、B株は外国人投資家向けに分かれていましたが、この分類は事実上撤廃されています。

ユーロ圏内で有力なロンドン証券取引所(LSE)

観光地としての印象が強いヨーロッパですが、現在でも世界の政治・経済の中で一定の地位を占めています。

中でもイギリスのロンドン証券取引所(LSE)は有名な証券取引所であり、NYSEや東京証券取引所と並んで世界三大証券取引所の一つに数えられています。

ユーロ圏内では証券取引所の統合が進む

共通通貨ユーロの導入が進むユーロ圏内では、イギリスやドイツ、スイスなどの独立を維持する一部の証券取引所を除いて、複数の証券取引所が合併して設立されたユーロネクストの傘下で各国の証券取引所の統合が進んでいます。

まとめ

投資経験を積んで国内株式から海外株式に目を向けてみると、身近な企業は珍しくなく、海外投資に魅力を感じるようになります。

外国株式への投資は確かにハードルが高いものの、低迷が続く日本株と比べると高いリターンが期待できるので、積極的に投資することを検討してもよいかもしれません。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。