初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

急騰後の上放れ陰線をどう見る?ローソク足の種類と見方

急騰後の上放れ陰線をどう見る?ローソク足の種類と見方

株の知識レベル:★★★☆☆

株価の上昇は永遠に続く訳ではありません。いずれかのタイミングで、必ず天井も訪れます。急騰後の上放れ陰線は、基本的に売りシグナルを意味します。急騰銘柄は新興市場に多く、昨今のバイオ株ブームやAiブームで、新興市場への参入を開始した投資家の方も多いでしょう。新興市場を主戦場にしている投資家には必須の、急騰後の上放れ陰線について確認して行きましょう。

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

急騰後の窓の空け方が重要。

より正確なトレンドをつかむには、どのように上放れたか(窓を開けたか)が非常に重要です。基本的に窓の開け方が大きいほど、強く効力を発揮します。チャートの形状を確認すると、数日間に渡り陽線を引っ張った後に、陰線を引いて下落します。このようなローソク足の集合体は、よく新興市場銘柄に見られるチャートです。好材料が出て、“イナゴ”が飛び付き買いをすると、高値警戒感から、上伸途中に売りを浴びせられる訳です。よって、高値圏での出現は、比較的強い売りシグナルになるケースが多く、要注意と言えます。

複数回陰線が続いた場合には、買いシグナルに変化するケースもある。

急騰後の上放れ陰線出現後は、基本的には下落トレンドへの入り口を示唆しますが、その陰線が複数回続いた場合には、上昇トレンドを示唆するケースもあります。これが俗にいう、“押さえ込み線”であり、値固めをして、次の上昇に備えている局面と言えます。一方で、2営業日続けて上放れ陰線が続いた場合には、天井シグナル。売り抜けるが無難と言えるでしょう。

まとめ

新興市場における急騰銘柄は、V字型のチャートを描くことが多いと言えます。急騰後の陰線が1,2回のケースは下落警戒サインです。一方で、上放れ陰線が、押さえ込み線に切り替わることもあります。このケースは陰線が続きますからV字型のチャートにはなりません。仮にローソク足の判別が難しいようでしたら、V字型になるか否かで判断するのもポイントです。

札幌で働く元証券マンのファイナンシャルプランナー。専門分野は株や投資信託を用いた中長期での資産形成。
趣味はスポーツ全般で小、中、高と野球部に所属。また、米国への留学経験があり、海外スタートアップ事情にも精通。
総合評価
(0)
Pocket