初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

長い上ヒゲ陰線・陽線をどう見る?ローソク足の種類と見方

徳田陽太
徳田陽太

長い上ヒゲ陰線・陽線をどう見る?ローソク足の種類と見方

記事の難易度:★★★☆☆

ローソク足におけるヒゲの付け方にも“質”があります。上ヒゲを引く場合と、下ヒゲを引く場合ではその意味合いが異なり、そのヒゲの長短によっても示唆するトレンドが異なります。今回は長い上ヒゲに特化して話を進めて行きたいと思います。視覚的にも比較的わかりやすいローソク足なので、初心者にも扱いやすいテクニカル指標です。

上ヒゲは下押しリスクの強まりを意味する。

結論から言うと、上ヒゲは下押しリスクが高まりつつある状況を示唆します。ローソク足の形状を確認してみると、一時大きく上伸したものの、高値圏からかなり押された形状となります。これは売り圧力が強い状態を表し、買いが一巡した可能性を示唆するのです。また、陽線に上ヒゲを引くパターンと、陰線に上ヒゲを引くパターンでは示唆するトレンドも若干異なります。それぞれのトレンドの違いについて確認してみましょう。

上ヒゲ陽線は上昇一服の可能性を示唆。

上ヒゲ陽線の形状を確認すると、高値をつけたものの、相当押されたものの、終値は始値よりは高かった状況です。トレンドとしてはかなり弱いけれど、なんとか“踏ん張った”ような状況を示唆します。つまり、そろそろ下落する可能性があると言えるのです。特に、高値圏での出現は、上昇一服の可能性を示唆します。

上ヒゲ陰線には要注意。確度の高い下落シグナル。

長い上ヒゲを引っ張っている陰線には要注意です。ローソク足を確認すると、高値圏から相当売られている状況。ここまでは、上ヒゲ陽線と変わりませんが、始値よりも安く引けているので、相当“弱い”状況を示唆しているのです。上ヒゲ陰線が出現した場合には、早めに売り抜けることが鉄則です。

まとめ

上ヒゲは上ヒゲでも、本体が黒塗りか白抜きかでシグナルの強度が異なります。ただ、上ヒゲを引いた場合には基本的には弱気相場への入り口となることが多いと言えます。基本的には上ヒゲをつけたら、売り抜けるのが無難と言えるでしょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。