株の教科書.com

0

ローソク足で判断しよう:はらみ線

ローソク足で判断しよう:はらみ線

株の知識レベル:★★★☆☆

つつみ線とよく比較されるはらみ線は、共にそれほど強いシグナルを表している訳ではありませんが、ゆるやかなトレンド転換を読み解く上で重要です。はらみ線にも種類があり、陰の陽はらみと、陽の陰はらみです。同じはらみ線でも、それぞれで特徴が異なります。ここからはそれぞれの特徴をより詳しく、確認して行ければと思います。

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

はらみ線は売り買いが拮抗(きっこう)している状況を表す。

はらみ線の特徴を一言で表すと“売り買い拮抗(きっこう)”と言えます。当日の値幅が前日の値幅の範囲内で収まっているローソク足を意味します。つまり、小動きですね。売り方と買い方が小幅なレンジでせめぎ合いも見合っている状況を示唆します。

陰の陽はらみは上昇の可能性を示唆。

陰の陽はらみとは、前日の陰線の中に当日の陽線が収まっている状況。つまり、大きな売り物をこなしながらも一定の買いエネルギーがある状況を表します。すなわち、投資家心理は比較的ポジティブ。今後の上昇トレンド入りの可能性を示唆します。いわゆるセリングクライマックスを迎えた状態ですね。売り一巡と捉えられるケースが多いと言えます。

陽の陰はらみは下落の可能性を示唆。

陽の陰はらみは、前日の陽線の中に陰線が収まっている状況を表します。陰の陽はらみの逆パターンですね。トレンドも陰の陽はらみの逆となる下落トレンドを示唆します。前日大きな陽線を作ったものの、翌日に売り買いが拮抗(きっこう)。若干買い方が売り方に押されてしまっている状況を示唆します。つまり、若干“弱い”状況と言えるのです。
陽の陰はらみは高値圏で出現することが多く、利益確定の売りが出始めていることを示唆します。

まとめ

上述した通り、はらみ線は売り買いが拮抗(きっこう)している状況を表すので、トレンドシグナルとしてはそれほど強力なものではありません。しかし、はらみ寄せ線の場合には強いトレンドを示唆します。陽線、陰線の後にコマがきた場合にはより強力なトレンドを形成する可能性があります。コマとは実体が短く、ヒゲも短いローソク足のこと。こちらも合わせて覚えておきましょう。

札幌で働く元証券マンのファイナンシャルプランナー。専門分野は株や投資信託を用いた中長期での資産形成。
趣味はスポーツ全般で小、中、高と野球部に所属。また、米国への留学経験があり、海外スタートアップ事情にも精通。
総合評価
(0)
Pocket