初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

つつみ線とは?ローソク足の種類と見方

徳田陽太
徳田陽太

つつみ線とは?ローソク足の種類と見方

記事の難易度:★★★☆☆

つつみ線は売り方、買い方それぞれのエネルギー量を一目で判断できる非常に便利なチャートです。強気、弱気それぞれのトレンド転換点に出現するケースも多く、投資初心者にも比較的扱いやすいテクニカル指標です。ここからはつつみ線の特徴と、出現時のトレンド分析の方法について確認して行きたいと思います。

つつみ線で売買エネルギーを確認する。

つつみ線とはその名の通り、はらみ線の逆に前日のローソク足の値幅を当日のローソク足がつつみ込むチャートを意味します。前日のローソク足を飲み込んでしまう訳ですから、比較的強いトレンドの転換を示唆するケースが多いと言えます。

陰線を陽線がつつみ込むパターンは強気トレンドへの入り口。

前日に陰線を引き、当日に大陽線がつつみ込むパターンは、強気トレンドへの転換点を示唆します。前日の弱気トレンドを飲み込んで大陽線を引くほど買い方のエネルギーが強いことを表すので、強気に推移することにも納得と言えます。このような形の中でも、特に安値圏で出現する陽線のつつみ線はより上昇への確率が高まるので、要注目です。

陽線を陰線がつつみ込むパターンは弱気トレンドへの入り口。

一方で、陽線を陰線がつつみ込むパターンは、弱気トレンドへの転換点を示唆することが多いと言えます。前日の上昇分を一気に飲み込むチャートですから、売り方の圧力が強まっていることを示唆します。特に、高値圏で出現する陰線のつつみ線には下落トレンドに突入する可能性が一気に高まるので要注意です。

まとめ

チャートの形状も分かりやすく、トレンドの信頼性も比較的高いつつみ線。上述した、陽線のつつみ線と陰線のつつみ線は必ず押さえておきましょう。また、上昇トレンドの最終局面に表れる、陰のつつみ線のことを“最後の抱き線”と呼びます。株価の天井を表すことが多く、非常に強力なシグナルと考えられています。こちらも合わせて押さえておきましょう。

» 初心者でもわかる株価チャートの見方

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。