初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

三ツ星とは?ローソク足の種類と見方

三ツ星とは?ローソク足の種類と見方

株の知識レベル:★★★☆☆

トレンドの転換点を読み解く上で、ローソク足を確認することは非常に重要です。特に、時価総額の小さい新興市場の銘柄であれば、テクニカルに引っ張られて株価変動するケースも多々あります。これから紹介する三ツ星は主に上昇トレンドへの転換点を示唆するチャートです。チャートの形状も比較的分かりやすく、初心者にもおすすめのチャートと言えます。

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

三ツ星は本体の短いローソク足の連続で構成される。

三ツ星とはその名の通り、本体が短いローソク足が、三連続で出現するチャートを言います。ポイントは小陽線と小陰線の連続です。特に、三ツ星の一部にコマや十字線が出現した場合には、上昇トレンド入りの可能性が高まります。

三ツ星は底値圏で出現することが多い。

三ツ星は底値圏での反転シグナルを示唆するケースが多く、陰線が連続している局面で出現しやすいため、底入れの判断は慎重に行わなければなりません。三ツ星が出現したからと言って、飛び付き買いには要注意です。ダマしである可能性があるので、上昇トレンドを確認してから買い注文を入れることをおすすめします。

上昇トレンドでの出現は“上げの三ツ星”

三ツ星は上昇トレンドの中で出現するケースもあります。これを“上げの三ツ星”と呼び、上昇トレンドにおける小休止の可能性が大きいシグナルです。この三ツ星による一服後、再び上昇トレンド入りするケースが非常に多く、三つ星後に上振れた陽線が出現すれば、その信ぴょう性は格段に向上します。三つ星後の“窓あけ”が、上昇トレンド入りを示唆するポイントと言えるのです。

まとめ

下落局面で出現する三ツ星も、上昇局面で出現する三ツ星も、“窓あけ”が信頼度を高めるシグナルです。共に三ツ星出現後の窓開けに注目してみてください。それぞれ、下落局面では底入れの信ぴょう性、上昇局面では上昇トレンド入りの信ぴょう性が高まります。上述したように、三ツ星出現時における飛び付き買いには要注意。“窓あけ”が信頼度を高めるポイントです。

» 初心者でもわかる株価チャートの見方

札幌で働く元証券マンのファイナンシャルプランナー。専門分野は株や投資信託を用いた中長期での資産形成。
趣味はスポーツ全般で小、中、高と野球部に所属。また、米国への留学経験があり、海外スタートアップ事情にも精通。
総合評価
(0)
Pocket