初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

三空叩き込み・三空踏み上げとは?ローソク足の種類と見方

三空叩き込み・三空踏み上げとは?ローソク足の種類と見方

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★★☆☆

テクニカルを重視するトレーダーには“”はなじみがある言葉でしょう。窓とはローソク足とローソク足の間にできる空間のことです。“窓”は“空”ともイコールであり、“窓”のことは“空”と呼んでも良いのです。三空とは、その名の通り三連続で窓を開けること。非常に強いトレンドの転換点として知られているのです。

三空には“叩き込み”と“踏み上げ”がある

三空には“叩き込み”と“踏み上げ”のパターンがあります。三空叩き込みパターンは上昇トレンドを示唆します。一方で、三空踏み上げパターンは下落トレンドを示唆します。ここからは、両者の特徴について詳しく確認して行きましょう。

三空叩き込みは買い場である可能性が高いことを示唆

下落トレンドの最中に、追い打ちを掛けるように窓あけして下落。つまり、三空叩き込みにおいては、下落局面で出現する三空が底入れを示唆するのです。
窓をあけて下落するということは、相当な売り圧力があったことを示唆します。売りが売りを呼び、抵抗線を割り込んでもなお、売り圧力が収まらない様子です。よって、三空出現時には底入れの可能性が高く、上昇トレンドへの入り口を示唆するケースが多いと言えるのです。

三空踏み上げは下落トレンド入りを示唆

三空踏み上げパターンは、上昇局面での三連続窓あけを意味します。つまり、相当な買い圧力を背景に、力強い上昇をしてきたことを表します。三空踏み上げパターンは、まとまった買いが入っている中で、買い一巡の状況であり、天井のシグナルと言えるのです。そのため、急激な下落には注意しなければなりません。

まとめ

三空叩き込みと、三空踏み上げにおけるキーワードは“窓”です。売り買い問わず、窓空けした場合には相当な圧力が働いていることを意味します。その窓が三度も続く訳ですから、そのトレンドも強力。共に信ぴょう性の高いテクニカル指標と言われていますので、押さえておくようにしましょう。

» 初心者でもわかる株価チャートの見方

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。