初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

三手大陰線とは?ローソク足の種類と見方

三手大陰線とは?ローソク足の種類と見方

株の知識レベル:★★★☆☆

時価総額の小さい中小型株は短期筋の“おもちゃ”になりやすく、ファンダメンタルズを上回る値動きをすることがあります。中小型株への投資では、ローソク足での分析が必要不可欠。テクニカル分析が重要なのです。三手大陰線は初心者でも判別しやすいテクニカル指標と言えます。基礎を押さえて、実戦で活用してみましょう。

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

三日連続で大陰線を引くチャートが三手大陰線。

まずは、三手大陰線のチャートの形状から確認していきましょう。三手大陰線はその名の通り大陰線が三連続して出現するチャートであり、形はとてもシンプルです。主に相場の下落局面で出現し、信用買い方の投げ売りや、なんらかの悪材料の出現により、売りが売りを呼ぶチャートになっています。つまり、セリングクライマックスを表します。

三手大陰線の出現は底入れ、上昇トレンドへの転換を示唆。

上述したように、三手大陰線の出現は売りの最終局面(セリングクライマックス)を示唆します。そのため、三手大陰線は底入れのシグナルとも言えるのです。
この状況下では、信用買い方のポジション調整も一段落し、仕切り直しの状態と言えます。三手大陰線出現後の翌日に陽線を引けば、比較的信頼度の高い買いシグナルと言え、再度買い上がる動きがスタートすると考えられます。

出現場所と下ヒゲがポイント。

三手大陰線においてはローソク足の出現場所と下ヒゲがポイントになり、出現場所が底値であれば底値である程、信頼度が高くなると言えます。基本的に三手大陰線は底入れを示唆するシグナルであり、下ヒゲを伴う場合も信頼度が高いサインです。こちらも合わせて確認しておきましょう。

まとめ

三手大陰線を見極めるためには、下落の理由を探ることがポイントです。利益確定売りや一時的な悪材料に伴うポジション調整であれば、下落は長くは続きません。よって、三手大陰線が底入れシグナルを示唆する訳です。一方で、下落の質が悪い時には下げ止まらないケースもあるので、要注意です。いずれにせよ、下落の質をしっかり見極めることがポイントです。

» 初心者でもわかる株価チャートの見方

総合評価
(0)

証券会社を探そう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。