初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

首吊り線とは?ローソク足の種類と見方

徳田陽太

首吊り線とは?ローソク足の種類と見方

記事の難易度:★★★☆☆

首吊り線とは、その名の通り、チャートに現れるシグナルの中でも危険な兆候を意味します。勢いよく上振れて寄り付いたものの、高値圏である可能性が高い状況であり、この手のローソク足は下落トレンドの入り口を示唆することが多いと言えるのです。

また、首吊り線が出現する場所によっても、その信頼度が異なります。ここからは、その形状や特徴についてより詳しく確認して行きましょう。

首吊り線は窓開けで信頼度がアップ。

首吊り線

まずは、首吊り線の形状を確認して行きましょう。当日のローソク足が前日のローソク足に窓空けして上振れするチャートが首吊り線であり、前日に比べて当日は寄付きで買い注文が殺到、その後押し目買いが入って何とか反発したものの、反発力はそれほど強くない状況です。

また、当日のローソク足の下ヒゲは長い方が信頼度が高いと言えます。これは基礎知識として覚えておいた方が良いでしょう。高値寄りと長い下ヒゲの出現が首吊り線のサインと言えるのです。

下ヒゲは売り圧力の大きさを表す。

首吊り線においては、下ヒゲが長い方が信頼度が高いのは上述した通りです。ではなぜ下ヒゲが長い方が信ぴょう性のあるチャートと言えるのでしょうか。

それは、下ヒゲが売り圧力の大きさを示唆するからであり、売り方のエネルギーが大きいときは下値模索の幅も大きく、下ヒゲが長い状況は、買いから売りに転じる人が多い状況を示唆するのです。

よって、高値圏での首吊り線出現時には要注意。天井にタッチしたシグナルになるケースが多いと言えるのです。

まとめ

厳密には、ローソク足の間に窓がなくても首吊り線は成立します。しかし、窓を開けた方が、より信頼度の高いチャートになると言えます。

また、前日のローソク足は陽線でも陰線でも構いません。首吊り線については、高値圏での出現と、長い下ヒゲがキーワードです。比較的強力な売りシグナルとして知られていますので、出現時の対応には注意しましょう。

» 初心者でもわかる株価チャートの見方

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。