初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

十字・トンボ・塔婆・一本線とは?ローソク足の種類と見方

徳田陽太
徳田陽太

十字・トンボ・塔婆・一本線とは?ローソク足の種類と見方

記事の難易度:★★★☆☆

数あるローソク足の中でも、十字線、トンボ、塔婆、一本線の特徴は、すべて寄引同時線を含むことです。寄引同時線とは、その名の通り、寄り値と引値が同じ価格だったことを表します。寄引同時線は相場の転換局面に入る前にあらわれることが多いローソク足です。今回は十字線、トンボ、塔婆、一本線のローソク足それぞれの特徴について、ひとつずつ確認して行きましょう。

十字線、一本線は共に様子見商状を示唆。

十字線とはその名の通り、十字型のローソク足です。上ヒゲ、下ヒゲ共に短い十字形が特徴のローソク足です。一本線もその名の通り、一本線で完結するローソク足を言います。共に、値動きが少なく、上にも下にも行けない投資家心理を表します。特に、一本線については、商いがほとんどない証拠。完全な手控えムードを示唆します。
よって、次のローソク足の動きが重要。トレンドがビビッドに変わるタイミングで出現しやすいローソク足なのです。

トンボと塔婆は出現タイミングが重要。

トンボとは、上ヒゲがなく下ひげが長いローソク足です。つまり、寄り付き後、売り方優勢で大幅下落。その後、寄り値まで買い戻された商状を表します。底値圏での出現は比較的ポジティブであり、上昇トレンドのきっかけを示唆します。一方で高値圏での出現は、寄り値を超えるほどのエネルギーがなかったと判断され、天井にタッチした可能性を示唆します。塔婆は下ヒゲがないローソク足。つまり、買い方の勢いが続かず、寄り値まで押し戻されたローソク足を意味します。塔婆の出現は買いのエネルギーが弱いこととイコールですから、基本的には弱気相場への入り口を示唆します。特に、高値圏での出現には要注意と言えます。

まとめ

十字線、トンボ、塔婆、一本線におけるキーポイントは寄引同時線です。寄引同時線とは、そもそもの商いが少なく、値動きも少ない商状を示唆するので、次の動き出しが重要。上下を問わず、トレンド変化の予兆を表すケースが多いと言えるのです。

» 初心者でもわかる株価チャートの見方

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。