初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

決算書の見方を知ろう:損益計算書の見方

決算書の見方を知ろう:損益計算書の見方

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★★★☆

株式投資である企業に投資を検討するときに決算書を確認することは必要不可欠です。株価を決める重要な要素は企業業績であり、その分析には損益計算書を確認します。よって、損益計算書を確認することが投資の成果を確定させると言っても過言ではないのです。一方で,そればかり確認していても投資の精度が上がらないことも事実です。

今回は、損益計算書の見方とそのポイントを見てみましょう。

決算書の基本は貸借対照表と損益計算書

いわゆる企業の決算書は、貸借対照表(B/S)と損益計算書をメインに構成されます。

企業分析では、企業の財務状況と経営活動の両面からアプローチすることが必要不可欠。企業の財務状況を記録する貸借対照表と経営活動の結果を記録する損益計算書を分析することで、分析精度が格段に向上します。

損益計算書には利益獲得の結果を記録

損益計算書には、経営活動の結果を記録しているので、利益獲得の状況について確認できます。年度ごと・決算期ごとの損益計算書を確認することで、利益獲得のプロセスや利益成長率の進度を把握するようにしましょう。

損益計算書のポイントは五つの利益にある

損益計算書には経営活動の結果が記載されるため、どのような経営によりどのように利益を得られたかを把握できます。最終的に残った利益は利益剰余金として、自己資本の積み増し要因になります。

損益計算書の見方を知ることで、ワンランク上の企業分析を進めることができます。

五つの利益の成り立ちを知ることが重要

最上部にくる項目がトップライン(売上高)。損益計算書の最上部に記載されることがその言葉の由来です。その下段には、売上原価。売上高から売上原価を差し引くことで、売上総利益が求められます。これが一つ目の利益です。その下段には、職員の給料や社屋の賃料等、必要経費などの販売費および一般管理費が記載されます。売上総利益から販売費および一般管理費を差し引くことで本業の利益である営業利益が求められます。営業利益経営状況を確認する上で非常に重要な指標になります。

この営業利益から営業外収益と営業外費用を足し引きしたものが、企業の経営状態を表す指標として聞くことが多い経常利益です。経常利益の下段には、その期だけに発生した特殊要因として特別利益と特別損失が来ます。経常利益からこれらの項目を足し引きしたものが、税引前当期純利益であり、さらに各種税金を差し引いたものが当期純利益です。

損益計算書と貸借対照表は企業活動における両輪

企業経営における利益獲得状況と財務状況のどちらが欠けても、精度の高い企業分析はできません。安定して利益をあげているように見える企業でも、多額の借金をしながら利益を上げているのであれば、将来的な財務悪化リスクを内包しています。

一方で、健全経営でも利益が上がっていなければ、投資先として魅力的とは言えません。財務と利益獲得状況のバランスが投資では重要と言えるのです。

その他の財務諸表との組み合わせ分析が必要不可欠

注目を集めるバイオや人工知能(AI)関連銘柄は、新興市場に上場している銘柄は少なくありません。このような銘柄は、利益成長率こそ高いものの脆さも併せ持っていることが、貸借対照表を見ることで分かります。

仮に損益計算書だけ分析していたとしても、分析精度は高まりません。分析精度を高めるためには、組み合わせ分析が物を言い、投資リスクの大きい銘柄をつかまないためには、財務諸表の分析が重要なのです。

まとめ

企業分析において最も重要なことは、損益計算書を分析することと言っても過言ではありませんが、それだけでは不十分であることも事実です。

財務と利益獲得状況のどちらかが破綻していると、企業経営は安定しません。分析精度を高めるためにも、財務諸表の分析では、常に組み合わせ分析を意識しましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。