初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

信用取引の言葉:買方金利、売方金利を覚えよう

信用取引の言葉:買方金利、売方金利を覚えよう

株の知識レベル:★★★☆☆

信用取引には、株式に投資する資金以外にもコストがかかります。取引手数料や口座管理料、委託保証金はもちろんですが、「金利」のことも忘れてはいけません。
今回は信用取引でよく聞かれる「買方金利」と「売方金利」について取り上げていきます。信用取引をやってみたいと考えている人は必ずチェックしておいてください。

なぜ信用買いで「金利」が発生するの?

信用取引で「買い」から始めると、金利の支払いが発生します。まず、金利がかかる理由を見てみましょう。
制度信用取引の場合、信用取引では「信用買い」を行うと、その後、6カ月以内に反対売買(売り)を必ず行う必要があります。
信用買いの場合は、自分が差し入れている、委託保証金の約3倍までの株式を買うことができますが、この時の株式購入資金はどこから調達してくるのでしょうか。株式購入資金は証券会社、もしくは証券金融会社から借りることになります。借りた資金で投資をするため、信用買いの際は借りた側(投資家)は貸した側(証券会社・証券金融会社)に金利を払わなければならないのです。この金利が「買方金利(もしくは「日歩」)」と呼ばれるものです。

空売りから始めたら「金利」はどうなる?

逆に空売りの場合はどうでしょう。ここで売られる株式は証券会社・証券金融会社から借りたものを売る、という形をとります。このときに借りた株式を売って得たお金は投資家の元には入らず、証券会社・証券金融会社の元に置かれることになります。投資家の手に入るお金は、反対売買をして得た差額のみです。
空売りで得たお金は反対売買(買い戻し)をするまで、証券会社・証券金融会社に「貸している」とみなされます。空売りの際は借りた側(証券会社・証券金融会社)が貸した側(投資家)に金利を支払うことになるのです。これが「売方金利」です。
2017年8月現在、売方金利は0%となっているため、投資家側に支払われる金額も0円です。

証券会社によって金利が違います

信用取引をすれば金利がかかる理由はお分かりいただけましたでしょうか。この金利が一律で決まっているのかどうかも気になるところです。
現在、金利は自由化されているので、証券会社によって違います。各証券会社で差があるため、なるべく金利が低いところを選びたい、という投資家もいるようです。
取引が大口になるほど、または信用取引を頻繁にする人ほど金利を有利にしている、という証券会社もあります。これから信用取引を始めたいと思っている人は、条件を各証券会社のサイトでチェックしてみるといいでしょう。

信用取引の種類でも変わってくる金利

信用取引には、証券会社と投資家の間で銘柄や反対売買までの期限等を決めることができる「一般信用取引」、証券取引所が銘柄や反対売買までの期限を定めている「制度信用取引」の2つがあります。
この2つの信用取引、どちらを選ぶかでも金利が変わってきますが、通常は、「制度信用取引」の方が金利は低く設定されます。
ただ、「一般信用取引」でも、一日で決済を行う場合に限って金利を下げる制度を準備している証券会社もあります。反対売買の期限ぎりぎりまで待つのではなく、超短期間での反対売買を考えているならば、この制度がある証券会社を探してみてください。

買方金利はどうやって計算されるの?

買方金利はどうやって計算されるの?

信用取引をするならば、買方金利の負担がいくらくらいになるのかも気になるところです。
支払う金額は、

  • 信用買い代金×買方金利×反対売買までの日数

として求められます。この計算式に当てはめて、100万円の信用買い、買方金利3%、反対売買までの日数10日で計算してみましょう。
一日当たりの負担額は、

  • 100万円×3%÷365日=約82円

反対売買までの日数は10日ですので、

  • 約82円×10日=約820円

この例での負担すべき買方金利は約820円となります。この金利は必要コストとして考えておくようにしましょう。

金利計算で注意しないといけないポイントとは

金利を計算する時に気を付けておかないといけない点があります。それは、反対売買までの日数の数え方です。日数は受渡日ベースで数え、受渡日は信用買いの日を起点として4営業日後になります。
例えば月曜日に信用買いした場合、受渡日は木曜日です。翌日の火曜日に反対売買したら受渡日は金曜日になるので、金利は2日分かかります。しかし火曜日から1日遅れて水曜日に反対売買をすると、少し計算が変わってきます。水曜日の売買の受渡日は月曜日です。そのため、金利が5日分かかってしまうことになるのです。
頻繁に信用取引をするようになると、それだけ金利の負担も大きくなります。日数の計算を間違えないようにしましょう。

まとめ

買方金利は信用取引をする場合に必ず負担しないといけないものです。残念ながら売方金利は現在受け取ることはありませんが、今後はどうなるか分かりません。
金利の仕組みや算出方法を覚えておくことで、投資コストを正確に把握することができるはずです。言葉の意味とあわせて確認しておきましょう。

総合評価
(0)

証券会社を探そう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。