初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

損切りとは?株の損失から新たな投資チャンスを生むテクニック

損切りとは?株の損失から新たな投資チャンスを生むテクニック

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★★☆☆☆

株式を保有していると、株価が下がり含み損が出ることがあります。今すぐに売るつもりはないし、長期保有するから構わないと、何も対策を立てないのは非常にもったいないことです。

「損切り(ロスカット)」を覚えておけば、効率よく投資ができます。損切りとはどのようなものなのか、メリット・デメリットはあるのか、詳しく見ていきましょう。

損切りとは一体何?そして目的とは

損切りとは、簡単に説明すると、保有株式が買った時より株価が下がっていても売ってしまうことです。

しかし、損をしている株を売ることを不思議に思う人もいると思います。

「もうちょっと持っていたら、また株価が上がるかもしれない」、「株価が下がったところで買い増せば、取得平均株価が下がるからいいのではないか?」そう考える人もいるのではないでしょうか?

仮に損切りをせず、その株がそのまま値動きしなかったりさらに値下がりするとしたらどうでしょう。市場環境や企業業績によっては、さらに値下がりする可能性も否定できませんが、値動きに懸念が生じた時点で含み損のある株式を売却してしまえば、この後の不安はなくなるはずです。

損切りの目的とは、売却することで損失を確定し、今以上の損を出さないということなのです。

損切りする株はどのように選ぶのか

損切りする株を選ぶ時は、自分でルールを決めておくことが欠かせません。
例えば、

  • 少しでも損が出たら、すぐに売却
  • 買った時から○%もしくは○円下がったら売却
  • その株式の企業に不祥事・経営の問題があり、しばらくは株価上昇が見込めないと判断したら売却
  • 株価チャートを見て、今後も上昇が予測できないならば売却

といったようなものです。

この中では、「買った時から〇%(〇円)下がったら売却」というルールで運用している人が多いようです。

また、株式投資に詳しい人ならば、株価チャートをチェックして売却することもできるようになります。
株価チャートは今後の値動きを予測するのに便利なものであり、読み方を覚えておいても損はないでしょう。

なぜ損切りが大事?メリットもあるの?

では、損切りするメリットとはどういったものでしょうか?

まず、売却で損失額が確定するのでそれ以上の損をすることが避けられ、今後の値動きに敏感になる必要もありません。

もう一つ大きなメリットとして、売却してお金が戻ることで、新たな投資が可能になることです。

景気や株式市場の状況が変わり、今まで投資していた業種と全く違ったところがトレンドになることがあります。そのような時に、迷わず即投資することができたら、利益を得る見込みが高くなります。

投資をしたいと決意したら、すぐに実行できる資金を準備するという意味でも、損切りは有効な手段です。

損切りするデメリットも当然あります

反対に損切りのデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。損切りは、今後も株価が上がらないと判断して売却することですが、市場環境の変化や、新たな好転材料の登場などで、一転、上昇することもあります。

仮に分析が外れて損切りした株が値上がりしたときは、得られた利益を見逃すことにつながります。
再度同じ株を手に入れるにはその時点での株価で買うことになるので、損失を重ねることにもなるかもしれません。

また、株を売買する際は証券会社への手数料が発生するため、損をしているからといっても、手数料はしっかり取られてしまいます。

何度も損切りを繰り返すということは、手数料をそれだけ取られることにもつながるため、しっかり考えてから売却するようにしましょう。

損切りしたときの税金はどうなる?

損切りしたときの税金はどうなる?

損切りで気になるのは、損切りの取引で税金が発生するかと言う点です。結論から言えば、税金はかからず、確定申告の時期に、申告をすれば損失分は控除されます。

ただし、それはその年の株取引全体で損を出した場合のことであり、保有する1銘柄に損失が出て、損切りしたとしても、他の銘柄で利益を上げていて合算でプラスのときには、税金がかかる点は注意が必要です。

また、この合算には「投資信託の売却益・損」も含まれます。「配当金」についても、合算することが可能です。

税金の面から見ると、損切りをする時は、併せて他の株式等の投資成績についても考慮して行うのをお勧めします。損失が出ている場合は、申告の翌年から3年間は損失額の繰り越しができますので、上手に利用していきましょう。

確定申告以外に損切りの節税方法はある?

先ほど、損切りした場合は確定申告をして、税金を控除すると書きましたが、120万円以下の投資ならば税金がかからないNISAを利用している人ならば、確定申告も不要です。

利益が出ても、損失が出ても範囲内なら税金が全くかかりません。多額の投資をしている人は利用できませんが、小額投資から始めたい初心者の方にはお勧めの制度です。

まとめ

損切りすることで資金の損失は出ますが、新たな投資のチャンスも生まれます。加えて、損失が出たとしても、税金を節約するという使い方もできるため、損切りはとても大切な投資手段の一つです。もし、保有株の株価が下落しても、落胆せずにぜひ試してみてください。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。