初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

損切りとは?株式投資の損失から投資チャンスを生むテクニック

損切りとは?株式投資の損失から投資チャンスを生むテクニック

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★★☆☆☆

株式を保有していると、値下がりして含み損が出ることは珍しいことではありません。含み損が出たときに何も対策をしないのは、大きな損失を招く原因にもなります。そこで検討したいのが、損切り(ロスカット)です。

ロスカットを覚えれば投資効率の改善が期待できますが、具体的な方法となるとあまり知られていません。今回は、損切りの考えかたやメリット・デメリットを見てみましょう。

損切りの目的と損切りのポイント

損切りとは、保有銘柄が買った時点よりもある程度値下がりした時点で、さらなる損失を出さないことを目的に売却することです。

損切りをしないで持ち続けると、その銘柄がさらに値下がりしたときに損失の拡大を招くことになります。値動きに懸念が生じた時点でその銘柄を手放せば、その後の不安はなくなるはずです。

損切り銘柄はどう選ぶ

損切りは自分なりのルールを決めた上で、そのルールに基づいた取引が大前提。損切りの基準となるのは、買った時点から一定程度値下がりしたりネガティブな材料が出たとき、チャートを見て値上がりが予想できないときなどがあります。このうち、「買った時から一定程度下がったら売却」というルールを採用しているケースが多いようです。

また、投資経験を積めば、チャートを見て損切りができるようになります。チャートは値動きを予測するのに役立つこともあるため、読み方を覚えておいても損はないでしょう。

なぜ損切りのメリット

損切りのメリットはいくつかありますが、もっとも大きなものは値下がりしている資産を手放すことで損失額を確定して、更なる損失を避けられることです。これにより、更なる値下がりリスクを避けることができます。

また、売却することで新たな投資が可能になるのもメリットの一つです。景気や株式市場の状況が変わり、今まで投資していた業種と全く違ったところがトレンドになることがあります。投資資金の自由度を高めるという点でも、損切りは有効な手段です。

損切りのデメリット

損切りは、今後も株価が上がらないと判断したときに売却することで損失を確定しますが、市況の状況によっては一転して値上がりすることもあるので、そのようなときには利益を見逃すことにもつながります。

また、株式の売買ごとに証券会社への手数料が発生するため、損切りが続くと手数料負けすることになります。損切りはできるだけ回数を絞るのが基本です。

損切りしたときにかかる税金を知ろう

損切りで確定した損失は、確定申告をすれば見かけの利益を圧縮する「損益通算」の対象となります。損益通算をしても損失が上回るようであれば、最長3年間まで損失を繰り越せる「繰り越し控除」の対象にもできます。

損切りをしたときには、課税処理で少しでも損失分を埋め合わせるためにも、確定申告をすることが欠かせません。

NISA口座で非課税取引

確定申告が手間と感じるのであれば、年間120万円までなら非課税取引となる少額投資非課税制度(NISA)口座の利用も候補となります。

NISA口座の取引は利益確定・損切りをすると、その枠を使いまわすことができない点には注意が必要です。

まとめ

損切りは損失を確定する反面、将来の損失を限定するだけではなく新たな取引機会を生むことにもつながり、損益通算と繰り越し控除、NISA口座を活用すれば、さらなる節税手段としても役立ちます。

保有銘柄が値下がりして反転する見通しがないときには、積極的に損切りを検討してみてください。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。