初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

投資初心者や主婦は、株式投資で儲けることができるのか?

投資初心者や主婦は、株式投資で儲けることができるのか?

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★☆☆☆

将来に向けた資産形成の必要性が注目されるなか、株式投資の重要性はより高まっています。一方で、預貯金と比べるとリスクをとる株式投資は、未経験だとハードルが高いこともまた事実です。

今回は、投資初心者や主婦が株式投資をはじめて、利益を出せるかを見てみましょう。

リスク管理がやりやすい長期分散投資

値動きの大きい銘柄をメインに取引する短期集中投資は、安定した利益を狙うためには、知識とテクニック、何よりもまとまった資金が必要となります。

短期間で大きな値動きを期待する短期集中投資に対して、長期での資産形成を目指す長期分散投資は、リスクを抑えて投資をはじめられるだけではなく、資産形成に大きな効果が期待できます。

ドルコスト平均法による積立投資で無理なく資産形成

投資未経験でどれだけリスクをとれるかわからないうちは、積立投資が有効です。積立投資によりドルコスト平均法の恩恵を享受できるだけではなく、どれだけリスクを許容できるかも体感として理解できるようになります。

旬であってもわからない銘柄は買わない

「オハマの賢人」の異名を持つ著名投資家のウォーレン・バフェットは、その投資経験に裏付けされた含蓄のある言葉で知られていますが、その中に「自分が知らないものには投資をしない」というものがあります。

わからなければ無理して買わない。これは投資スタイルを問わない鉄則と言えるでしょう。

なじみのある銘柄の多いアメリカ株で勝負する

アメリカの中心的な株式市場であるニューヨーク証券取引所(NYSE)や新興市場ナスダックには、グローバルにサービスを提供する企業が多数上場しています。近年何かと注目を集める大手IT企業のGAFAはその代表格です。

投資初心者こそ、日本市場で取引をするよりも、アメリカ市場で取引をするほうが利益を上げやすいともいえるのです。

過度に情報に流されないようにする

投資初心者ほど流れてくる情報に飛びつきがちですが、情報を真に受けすぎるのもよくありません。情報が流れてきたときには、その上昇トレンドも終わりが近いと考えるのが賢明です。

周りに流されずに長い目線で国際優良銘柄を買い続けていれば、よほどのことがなければ大損するリスクはコントロールしやすくなります。情報を信じ込まないことも、投資においては非常に重要です。

ファンダメンタルズ分析で投資の精度を上げる

個別銘柄の分析には、チャートとテクニカル指標を参照するテクニカル分析と、企業業績やマーケットの需給といった基礎的経済条件(ファンダメンタルズ)に基づくファンダメンタルズ分析に分けられます。

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析を使い分けることで、利益を狙うことができるのです。

まとめ

株式投資をはじめるときには、経済全体と個別銘柄の動向の両面から分析することが欠かせません。

また、日本の株式市場に限らず、海外の株式市場にも目を向けることで、利益獲得のチャンスを広げることができます。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。