初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

私にもできる?主婦が始めるゼロからの投資術

私にもできる?主婦が始めるゼロからの投資術

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★☆☆☆☆

家事の合間に投資をしてみたいと思っている主婦の方の中には、何から手を付けていいのかさっぱり分からないという人もいるでしょう。「投資しても損する可能性があるのでとても怖い」「そもそも何に投資していいのかが分からない」といった声を聞くこともあります。

今回は、主婦の方でもできる投資術について解説します。

とにかく絶対損をしたくない!そんな人に向いているのは?

投資した金額を絶対減らしたくないと考える人は、「債券」を探してみてください。

債券とは国や地方自治体、企業などが資金を調達するために発行される借用証書のようなものです。発行時点で支払利率が決まっているので、発行時に購入して満期まで保有していれば、投資金額に年利分の金額が上乗せされて戻ってくるのが特徴です。(年利は保有期間内で定期的に支払われます)

債券の中で一般投資家に有名なのは「国債」「社債」ではないでしょうか。国債は「国が発行する債券」であり、各国が発行していますが、日本に住んでいる私たちに身近なものは、日本国が発行する「日本国債」でしょう。満期が3年・5年・10年の個人向け国債は1万円単位から、同じく満期が2年・5年・10年の新窓販国債は5万円単位で購入できます。

「企業が発行する債券」である社債は機関投資家向けと個人投資家向けに分かれ、個人向け社債は10万円・100万円単位で購入できます。

債券投資をはじめてみたい!売買はどうすればいい?

債券が購入できる場所は、債権の種類によって違います。国債は全国各地のゆうちょ銀行・銀行・信用金庫・証券会社で販売されています。毎月募集があるので、いつでも購入できるのが利点です。ちなみに、年利は毎月見直しがあります。

社債は証券会社で購入ができます。証券会社によって取り扱いのある債券が違うのでチェックが必要です。新規発行分の募集を定期的に行う企業と不定期で行う企業に分かれます。

値動きで利益が取れる!株式投資の魅力とは?

今まで挙げた投資対象よりもハイリスク・ハイリターンなのが「株式投資」です。株価が低い時に買い、高くなってから売ることで、売却益を得ることができます。

株価はその企業の業績や国内外の政治経済の状況によって変動するので、業績発表はもちろん、業績予想でも株価が動くことがあるのが特徴です。見立てがズバリ当たると大きな利益を得ることもできるでしょう。

ただし、株式投資では自分で投資対象の銘柄を選ぶ必要があります。投資サイト・雑誌・証券会社の発信する情報を参考にはできますが、投資するか最終的に決めるのは自分です。今までの値動きを示す株価チャートや企業業績の読み方を覚えておくに越したことはありません。

株式の売買は証券会社を通じて行います。証券会社の選び方や口座開設の方法のまとめを作りましたので参考にしてみてください。

リスクを取りたくない人は投資信託を検討

利益は欲しいけどあまりリスクを取りたくない人は、「投資信託」への投資を検討してみるのが良いでしょう。

投資信託は特定のテーマや指数に連動するように、複数の株式・債券を組み合わせる金融商品です。成長株、IT株、日経平均株価などのテーマごとに複数の銘柄を組み入た商品を購入するので、投資対象を精査する必要はありません。ただし、価格は組み入れ銘柄の株価に応じて日々変動します。

最近では個人型確定拠出年金(iDeCo)少額投資非課税制度(NISA)・つみたてNISAなど、積み立て投資に向いた投資信託も販売されています。税制優遇もあるこれらの仕組みを活用して投資することで、長期投資には最適な商品です。

投資信託は銀行や証券会社で販売されており、各金融機関によって取り扱いの有無が違います。商品の詳細は金融機関のサイトで紹介されていますので、一度覗いてみてはいかがでしょうか。

どの投資にもリスクがあることを理解しておこう

比較的安心して投資できるものから気を付けて投資しないといけないものまで、いくつかの投資商品をご紹介しましたが、投資には必ずリスクがつきものであることは理解しておきましょう。

ひとつは流動性のリスクです。どうしてもお金が必要で売却したい時に売却ができない可能性もあります。特に株式はその銘柄を購入したい人がいないと売却ができません。

次に、値動きのリスクです。株式や債券、投資信託は、売却時に購入価格より値下がりしていたら損失を出してしまいます。業績や経済状況に左右される部分ですので、日々のニュースも確認しておきましょう。

また、金融商品を売買には基本的に手数料がかかります。売買時には手数料分を上回る値上がりをしているかを確認してから売却してください。

いちばんのリスク?投資先の「信用度」にも注意しよう

日々、投資商品を売買する人には忘れられがちですが、投資先の信用度も確認してください。どの投資商品も国や企業の信用によって成り立っています。投資先に万が一のことがあったら、投資金額よりも大幅な値下がりや資産価値がなくなるリスクがあります。

それを避けるためには事前に十分に情報を集めることはもちろん、不確かな情報だけで投資・売却することも避けることが肝心です。

まとめ

全くの未経験から投資をはじめるのはハードルが高いと感じるかもしれません。しかし、誰でも最初の一歩はあります。まずは自分のリスク許容度・投資できる資産をしっかり把握して、できる範囲から投資をはじめてみるのはいかがでしょうか。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。