初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

増資が株価に与える影響

増資が株価に与える影響

株の知識レベル:★★★☆☆

上場企業が増資を発表すると、ほとんどの投資家は反射的に「株価にネガティブな材料だ」と考えます。現に、増資をきっかけに株価が下落する銘柄の方が多いため、そう考える人が多いのも仕方ないでしょう。しかし、「増資=株価下落」なのではありません。今回は、増資が株価に与える影響を理解した上で、増資をきっかけに売買するチャンスがある場合についても考えられるようにするための内容です。

「増資=株価下落」というのは誤解

驚く方も多いと思いますが、理論上、増資をしても株価は変動しません。その理由をここで説明するのは難しいため割愛しますが、理解してもらいたいのは「増資=株価下落ではない」ということです。
それでも個人投資家の多くが、増資すると株価が下落すると誤解しています。それは、増資がネガティブに受け止められても仕方ない相場の状況が原因でしょう。

増資を行うと持ち分の希薄化が起きてしまう

増資とは、新しく株式を発行することです。これにより、1株あたりの持ち分(会社を所有する権利のようなもの)が少なくなってしまいます。これを「株式の希薄化」といいます。
希薄化が起きると、増資したことで1株あたりの純利益(EPS)が低下してしまい、その分だけ1株の値打ちが下がってしまうと考えられ、株価が下落してしまうのです。EPSが100円だった株が、増資によってEPSが90円まで下がってしまうと、それに応じて株価も1割程度下がることになります。

増資の目的が株価を動かす理由になる

ここまでは、「増資した瞬間の利益」についてのみ考えてきました。しかし、会社がどうして増資したのか、そして将来はどうなっていくのかといった「増資の目的」も一緒に考えるとどうなるでしょうか。
そもそも、増資は会社が必要としている資金を調達するためのものです。その調達した資金で何をしようとしているのかが重要なはずであり、その目的によって株価が変動するのだと言えます。

現状維持のための増資はネガティブ

会社の業績が思わしくなく、資金不足に陥るのを防ぐための増資は、増資で得た資金で会社の利益は1円も増えず、現状維持のための増資をしたに過ぎません。このような増資はただ希薄化を招くだけで、株価にとってネガティブに働くと言えます。
しかし、このような場合でも株価が上昇することもあります。それは、増資発表前の株価が、会社の倒産などを見越して買い手が少なくて、実力よりも過小評価されていた場合です。増資によって上場廃止が一時的に回避できることを評価して、ポジティブに評価されることもあり得るのです。ただ、増資しないと生き延びられない会社の株は、リストラや事業の整理などの改革を行おうとしているのでなければ、そもそも買うべき株とは言えないでしょう。

さらなる成長が期待できれば株価は上がる

さらなる成長が期待できれば株価は上がる

一方、増資で得た資金を「事業の成長資金」にあてる場合は、ポジティブに評価されることも多くなります。「投資資金に余裕があればもっと成長できるのに」という状態の会社が増資すると、増資した資金を投資した分だけ成長が期待できます。そうなると、株式の希薄化が起きても、いずれは利益が大きくなり、EPSも上昇する可能性があります。そのような期待があれば、増資はポジティブに受け止められ、株価が上昇すると考えられます。

成長するための増資であっても、必ず株価が上がるとは言えない

ただし、成長のための増資であれば必ず株価が上がるかというと、そういうわけではありません。ここで重要なのは、「投資家にとって」じゅうぶんな成長が見込めるのかという点です。そもそも、株価は、その会社の将来性に対してある程度の期待が入った価格になっています。そのため、期待外れの成長戦略だと、増資をきっかけに株が売られてしまうこともあるのです。
例えば、投資家は会社に対して年10%の成長を求めているのに、増資で得た資金で取る戦略で年5%しか成長できないというのであれば、その増資は投資家から評価されないでしょう。一方、投資家が期待する以上の年15%もの成長が見込める戦略を発表したとしても、その内容が絵に描いた餅で、どう考えても達成できそうにないものであれば、評価されることはありません。

まとめ

このように、増資が株価に与える影響は、一概にネガティブと言うことはできません。それぞれの増資での目的と資金を投資した後の会社の姿が、どのようになっていくかを見極めることが重要です。株式の希薄化によって、短期の投資家を中心に売られて一時的に株価が下落しやすくなりますが、長い目で見れば、増資がきっかけで大きく会社も株価も成長していくケースも少なくありません。
「増資=株価下落」と決めつけるのではなく、会社の戦略や直後の株価の動きを分析するようにしましょう。増資で株価が下落したタイミングが買いのチャンスというケースも見極められると、投資成績も大きく上昇するかもしれません。

総合評価
(0)

証券会社を探そう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。