初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

経営の安全性がわかる指標:株主資本比率

経営の安全性がわかる指標:株主資本比率

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★★★☆

株式投資でリスクを抑えた投資を実現するためには、貸借対照表(B/S)や損益計算書、キャッシュフロー計算書といった決算書の分析は必要不可欠です。投資先企業の財務の健全性を測るには、貸借対照表を確認することが欠かせません。

特に純資産の部には要注目。総資本に対する株主資本の割合、株主資本比率を確認することが非常に重要になってきます。今回は、貸借対照表の株主資本比率の見方を見てみましょう。

貸借対照表の見方を知ることがはじめの一歩

株主資本比率では、他人資本と自己資本の考え方が非常に重要であり、その内容を理解するには、貸借対照表(B/S)の見方を知る必要があります。

貸方の上部には、銀行融資に代表される返却が必要な資金(他人資本)が記載されます。その下部には、利益剰余金や株主からの出資など、返却不要な資金(自己資本)が記載されます。

株主資本比率では純資産の部がキーポイント

株主資本比率のキーとなるのは、純資産の部です。株主資本比率とはその名の通り、総資本に対する株主資本の割合を意味します。あたりまえですが、返却不要な資金が多いほど経営の健全性が高いと言えます。

総資本に対する株主資本の割合が高いほど投資先の安全性も高いと考えられるため、貸借対照表を確認する上で、純資産の部に注目することは非常に重要な作業と言えるのです。

株主資本比率は業種間比較が鉄則

株主資本比率が低いから一概に悪い企業かと言えば、その限りではありません。極端に低い企業への投資はおすすめしませんが、基本的に、株主資本比率は業種によって格差が大きい指標であるため、株主資本比率は同業他社同士で比較することがセオリーです。

例えば、銀行や信託に関しては株主資本比率が低い企業の代表格です。銀行ビジネスの基本は預金をもとに、利ざやを稼ぐことであり、私たちが銀行にする預金は、銀行から見ると他人資本に含まれるのです。これでは、その他の業種と比較してもあまり意味をなしません。貸借対照表の構造上、銀行の純資産が増えにくい仕組みになっているからです。

株主資本比率が40%を越えていれば安泰

ここからは具体的に、業種間の平均について見てみましょう。その時々の基礎的経済条件(ファンダメンタルズ)によって数値は変動しますが、製造業では45%程度、小売りや卸売業で40%程度が相場であり、おおむね株主資本比率は40%を越えると優良企業と判断して問題ないでしょう。

過去のデータでも、黒字企業であれば株主資本比率が30%程度になることが一般的です。黒字企業プラスアルファの安心感を求めるのであれば、40%が一つの基準と考えて問題ないでしょう。

貸借対照表と損益計算書を組み合わせて分析することが重要

株式投資において、企業の財務状況を確認することは非常に重要です。一方で財務状況が良好でも、利益が上がっていない企業の株価は上昇しにくいことも事実です。実際に、貸借対象の見栄えが悪くても損益計算書の見栄えが良い企業も存在します。

一部の決算書類の見栄えだけが良い銘柄が継続的に買われ続けることも珍しくないため、上昇銘柄を捕まえるには、いくつかの決算書類を組み合わせて分析することが非常に重要です。

利益と負債のバランスを考えて投資判断する

株価を決定する最も重要なファクターは企業業績であり、上昇銘柄を見つけるには損益計算書の分析が不可欠です。株式投資では、利益の上がり方が見分けるポイント。業績を確認した上で株主資本比率が高い銘柄を選ぶようにしましょう。

利益と負債のバランスは重要であり、好業績銘柄から株主資本比率の高い銘柄を選ぶことで、利益獲得の可能性が高まります。

まとめ

株主資本比率は、投資の安全性を高める上で欠かせない指標であり、その内容確認には慎重になる必要があります。また、貸借対照表における、純資産の部の質を見極めることも重要です。

株主資本比率が低い場合でも、前向きな投資に起因するのであれば、一概に売りとは言い切れません。利益と負債のバランスを理解した上で投資をする分析ツールの一つとして、株主資本比率は重要な役割を果たすことが期待できます。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。