初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

経営の安全性がわかる指標:有利子負債

経営の安全性がわかる指標:有利子負債

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★★★☆

有利子負債とは、他人負債の一つであり、主に銀行からの借入金や債券発行に伴う資金調達をしたときに発生する負債です。有利子負債のウエートが重い企業は、経営の自由度が乏しく、財務状況も良くないことが想定されます。

有利子負債は、投資先企業の安全性を測る上で、非常に重要な指標と言えます。今回は、基礎知識とそのポイントについて確認して行きましょう。

貸借対照表では負債の部に記入される

有利子負債とは、返却が必要な資金(他人資本)であり、貸借対照表(B/S)上では負債の部に記載されます。負債の部には、買掛金や支払手形といった勘定科目も記載されますが、これらは有利子負債には含まれません。あくまでも利子の有る無しが有利子負債かを判断するポイントなのです。

自己資本に対する有利子負債の比率が重要

返済が必要な他人資本に対して、返済が不要な資本は自己資本といいます。自己資本が多い程企業の財務状況はポジティブに判断されます。こちらは、貸借対照表の貸方下部に記載されます。純資産とも株主資本とも呼ばれますね。

利益剰余金の積み上がりである自己資本に対して、有利子負債の比率が高い状況は経営状態は良くないと言えます。よって、自己資本に対する有利子負債の比率を確認することが非常に重要なのです。

有利子負債比率は低ければ低い程良い

有利子負債比率とは、自己資本に占める有利子負債の割合を意味します。つまり、その数値は低ければ低い程良いと言えるのです。

仮に、有利子負債が100%を超えていれば、有利子負債が自己資本を上回っている状態にあり、企業の体力以上に借り入れをしていることを意味するため、要注意と言えます。経営資金のほとんどを他人資本に頼っているこの状況は、財務状況が極めてよくないと言えるのです。有利子負債は低ければ低い程財務健全性が高い。この点は、基礎知識として押さえておく必要があります。

有利子負債依存度の考え方も重要

獲得した資産のうち、どの程度有利子負債に依存しているかを表す指標が「有利子負債依存度」です。有利子負債依存度は、有利子負債を総資産で除すことで求められます。

有利子負債の総額は少ない程財務健全性が高いので、投資にときしてはなるべく有利子負債依存度が低い企業を選ぶことがセオリーです。有利子負債比率と、有利子負債依存度の両者を組み合わせて分析をすることで、より詳しく投資先企業の財務健全性を分析することができます。

有利子負債が多いから悪い企業かと言えばその限りではない

有利子負債が多いから悪い企業かと言えば、一概にそうとは言い切れません。無借金経営でも業績がそれなりなら株価もそれなりであり、上昇期待が持てないのです。成長期待が持てない企業では、投資家からの注目も浴びにくく、商いも膨らみにくいので、株価も上昇しにくい傾向があります。

一方で、借り入れなどの他人資本を投じて先行投資を進めている企業では、株価上昇の可能性を秘めているケースがあります。健全な有利子負債増であれば、株式市場からポジティブに判断されるケースも多々あります。有利子負債が多くても、一概に悪い企業と言い切れない理由はここにあるのです。

有利子負債の動向を単年で判断しない

堅調な経営を続けている企業でも、積極的な先行投資や設備投資により、急に有利子負債が急に増加するときがあります。新規事業の創出等による有利子負債が増えているのであれば、むしろそのプロセスはポジティブに評価するべきです。一方で、長期間にわたって有利子負債のウエートが高い企業は、財務体質の悪い企業と言えます。

有利子負債の推移を単年で判断してしまうと、投資タイミングを誤ってしまうケースも多々あります。投資判断では、有利子負債増加の理由を知ることが非常に重要です。また、有利子負債増加に至るまでのプロセスや、過去データの把握をすることも非常に重要と言えます。この点も、株式投資においては重要なポイントと言えます。

まとめ

財務諸表の数値推移には必ず理由があるため、貸借対照表をはじめとした決算書を分析するときには、数値変動の推移を知ることが重要です。数値変動の質や背景を知らなければ、正しい投資判断はできません。

自身の投資の精度を高めるためにも、数値変動の背景理解に重点を置いた企業分析をするようにしましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。