初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

個人型確定拠出年金(iDeCo)のおすすめ金融機関は?選び方と注意点もチェック

個人型確定拠出年金(iDeCo)のおすすめ金融機関は?選び方と注意点もチェック

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★★☆☆☆

個人型確定拠出年金(iDeCo)を利用した資産形成を考えるのであれば、どの金融機関で運用口座を開設するかを決めることが大切です。比較・検討のポイントとして、商品ラインナップやコストなど、さまざまなチェックポイントがあります。

今回はネット証券を中心にiDeCoをはじめるのにおすすめの金融機関と、それぞれの特徴を見てみましょう。

なぜ金融機関選びが重要なのか?

なぜiDeCoの金融機関選びが重要なのか?

金融機関によって手数料が違う

iDeCo口座の開設・運用ができる金融機関は、銀行や信用金庫、証券会社など2018年10月時点で160社ほどがありますが、提供するサービス内容は金融機関によって異なり、特に手数料や取扱商品のラインナップは大きく異なります。

手数料に注目すると、iDeCo口座の開設と毎月発生する手数料として、

  • 加入・移換時手数料:2,777円/初回のみ
  • 国民年金基金連合会:103円/月
  • 事務委託先金融機関:64円/月

毎月の拠出額にプラスして最低でも毎月167円の手数料が発生します。また、金融機関によっては、これとは別に「口座管理手数料」がかかることもあります。

運用期間が長期に渡るiDeCoでは、毎月支払う手数料はリターンを引き下げる大きな要因の一つ。口座開設のときには、商品ラインナップと合わせて手数料を確認するようにしましょう。

金融機関によって商品ラインナップが異なる

手数料以外にもiDeCo口座を開設する金融機関選びが大切な理由として、商品ラインナップが異なることがあげられます。手数料や商品のラインナップなど、さまざまな点を踏まえて最適なサービスを提供している金融機関に決めることが欠かせません。

商品によって投資対象が異なるため、運用結果にも違いが生じます。運用当初は数円・数十円といったごくわずかな違いでも、受け取り時点では数十万円・数百万円という大きな違いになることも。

リスクとリターンのバランスを取るためには資産の組み合わせ(ポートフォリオ)が必要ですが、商品のラインナップによっては最適なポートフォリオを組めないこともあるため、金融機関選びが重要になるのです。

2つのプランから選べるSBI証券

豊富な商品ラインナップが魅力

iDeCoでは厳選された商品の中から自分で好きなものを選んで運用します。なるべく多くの商品から選びたいという人には、SBI証券でのiDeCo口座の開設がおすすめ。

SBI証券のiDeCoは2018年4月時点で投資信託が63本、元本保証型商品が4本と豊富なラインナップが魅力。低コストで対象となる資産全体に投資するインデックスファンドを中心に、より高いリターンを目指すアクティブファンドも提供しています。

2018年11月(予定)から「セレクトプラン」がスタート

充実したラインナップが魅力のSBI証券のiDeCoですが、2018年5月に施行された確定拠出年金法等の一部を改正する法律に基づく商品数の上限を満たすために、運用実績やコストなどを総合的に鑑みた絞り込みと、新しい商品ラインナップの提供が実施されます。

これまでのラインナップから商品数を絞り込んだラインナップを「オリジナルプラン」として、2018年11月からは低コストと多様性に留意して選定した商品ラインナップによる「セレクトプラン」の提供が予定されています。

手数料の面でも魅力的

プランが選べるようになるのがSBI証券のiDeCo口座の魅力ですが、加入者の手数料負担の面でも、口座開設手数料と口座管理手数料はともに無料。運用残高が少額でも、リターンに大きく影響する手数料無料は見逃せないポイントと言えます。

iDeCo(個人型確定拠出年金)|運用商品一覧|SBI証券

商品選定を徹底サポート!楽天証券

投資初心者にも安心の充実した情報提供

楽天グループの強みを生かしたポイント投資など、さまざまなサービスを提供している楽天証券のiDeCoは、投資初心者にも安心の充実した情報提供が魅力です。iDeCoの仕組みや魅力を分かりやすく解説する小冊子をオンラインで無料配布。また、全国各地でセミナーを開催するなど、サポートが充実しています。

低コストで分散投資を実現できるラインナップ

楽天証券のiDeCo口座の商品ラインナップは、運用成績はもちろん、リスクの面から見てもバランスの取れた商品だけが選ばれています。各資産を対象に投資をするときの代表的な商品がラインナップされているので、商品選定に悩む人には選びやすいのは見逃せないポイント。

国内外の株式や債券に投資する投資信託はもちろん、不動産投資信託(REIT)元本保証の商品などを取りあつかっているので、リスクを取らない運用を考えている人にもおすすめです。

取扱商品一覧 | 個人型確定拠出年金(iDeCo) | 楽天証券

話題のロボアドにも対応するマネックス証券

サポートが充実。iDeCoに詳しくなくても大丈夫

マネックス証券ではiDeCo加入者の商品選びのサポートを第一に考えた充実したサービスが魅力。専用サイトでのiDeCoの仕組みやメリットの解説、専用フリーダイヤルの開設など、充実したサポートが魅力です。

また、口座管理手数料は掛け金積立・運用指図のどちらも最安水準を実現。給付・還付手数料や、移管手数料も魅力的な水準を提供しています。

専用ロボアドで商品選びをサポート

主要な資産クラスを投資対象とする投資信託や、複数の資産クラスに一括して投資する「バランスファンド」など23本を厳選。全ての資産クラスで最安水準のコストの商品を提供しています。また、6つの質問に答えるだけで最適な資産の組み合わせ(ポートフォリオ)を提案するiDeCo(イデコ) iDeCoポートフォリオ診断 を提供。投資未経験者でも、納得してはじめやすいのが魅力です。

個人型確定拠出年金 iDeCo(イデコ)商品一覧 │ マネックス証券

おわりに

iDeCoをはじめるのにおすすめの金融機関を、ネット証券に絞ってそれぞれの特徴と合わせて見てみました。それぞれ商品ラインナップやサポートに工夫を凝らして、独自のサービスを提供しています。
今回紹介した内容は触りに過ぎません。各社ともiDeCo専用サイトを開設して、より詳しい案内を提供しているので、iDeCo口座の開設を検討しているなら、一度確認してみてください。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。