初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

初心者向けの証券会社、どこを選ぶべき?

初心者向けの証券会社、どこを選ぶべき?

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★☆☆☆☆

株式投資をはじめるとき、最初にすることが「証券口座の開設」です。何も知らない状態で証券会社選びをしなければなりませんが、証券会社の選びかたによっては必要な手数料が増えたり、取引の負担になることが考えられます。

今回は、初心者が証券会社を選ぶときにはどのような点に注意して選べばよいのか、そのポイントを見てみましょう。

初心者は、最初にネット証券で口座開設しよう

株式投資に初挑戦するのであれば、ネット証券での口座開設をおすすめします。ネット証券なら口座開設の手続きが非常に簡単で、身分証明書などをネット上で送信すれば、最短翌日から取引をはじめることもできるからです。

ネット証券では、普段使っている銀行口座から証券口座に簡単に入金ができるかがポイントです。わざわざ現金自動預払機(ATM)まで行かなくても、証券会社のホームページからウェブ上で入金手続きできるようになっているところが増えています。できるだけ余計な手間をかけずに株式投資をすることができます。また、振込手数料が無料になっているところが多いのもメリットです。

売買手数料が安い証券会社にする

株式投資では、手数料が大きな負担になってしまいます。購入時・売却時のそれぞれに手数料がかかるため、できるだけ安く抑えたいところです。ネット証券は対面証券と比べると割安な手数料になっているので、手数料の面でも有利です。「口座開設後一定期間の売買手数料が無料(キャッシュバック)」といったキャンペーンをおこなっていることもありますが、その場合でも、通常の手数料を参考にして証券会社選びをしましょう。

ただ、最も手数料が安い証券会社を選べばよいというものではありません。他の要素も一緒に考える必要があります。

取引ツールが使いやすい証券会社を選ぶ

初心者向けの証券会社、どこを選ぶべきか?

ネット証券は、対面型の証券会社と異なり自分で投資銘柄を決める投資スタイルとなるため、取引をするためのツールが充実しています。リアルタイムの板情報やチャートを見ながら取引ができるのは当たり前で、他銘柄や株価指数(インデックス)との比較、株価指標を表示させるなどの機能が多数搭載されています。四季報の情報が見られるツールもあり、取引ツールがあるだけで銘柄探しがはかどります。

<ツールの利用条件は証券会社によって異なりますが、一定の条件を満たせば無料で使えるところがほとんどなので、無料で使えそうかどうかを確認しておきましょう。その上で、画面や機能を比較して、使いやすそうなところを選ぶのも大切です。

取引ツールがモバイルでも使えるかどうか

また、スマホやモバイルPCが普及している現在では、アプリでスムーズな取引ができるかも重要です。手元で手軽に取引できれば、アプリで発注することができれば、チャンスを逃さない、損失を限定するといったことが可能になるでしょう。

多くの証券会社では、取引ツールの使いやすさにもこだわっているため、どのような画面になっているのかをデモ画面で見ることができるようにしています。お試しでツールの使いやすさ・見やすさなどを確認して判断しましょう。

慣れてきたら、複数の口座を持つのもアリ

証券会社を選んで取引をはじめても、いろいろな情報を見ていると、他の証券会社の評判を目にすることがあります。取引ツールが使いやすい、情報が充実しているといった評判を見て、「あっちの証券会社にしておけばよかった」と思うこともあるでしょう。

株式投資にある程度慣れてきたのであれば、複数の証券口座を開設するのも手です。投資家によっては、取引用の口座と情報収集用の口座を使い分けている人も珍しくありません。ただ、複数の証券口座で取引をしていると、保有銘柄の管理が大変になり、場合によっては確定申告が必要になることもあるので注意しましょう。

NISA口座は年単位でしか変更できないので、慎重に

複数口座を持つ場合に注意しておきたいのが、少額投資非課税制度(NISA)口座の使い方です。株式投資での利益が一定額まで非課税というNISA口座は、個人投資家が必ず活用したい制度ですが、NISA口座は1人1口座しか開設することができません。

一度開設すると、その年の間は他の証券会社の口座に移すことができません。また、他の証券口座に移管する場合でも、早いうちに手続きをしておかなければなりません。その期限は証券会社によって異なりますので、確認しておきましょう。

まとめ

以上のように、株式投資の初心者は、ネット証券の中から、売買手数料や取引ツールの使いやすさを重視して証券会社を選ぶようにしましょう。

株式投資をしやすい環境が整備された半面、すぐに売買したり、投資額を増やしたりできるようになっているため、ついつい投資に熱中してしまいやすい環境とも言えます。その点は「自己管理」が重要ですので、注意しましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。