初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

外国株の買い方とは?海外投資のメリットとデメリット

外国株の買い方とは?海外投資のメリットとデメリット

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★★★☆☆

グローバル化が進んだことで、日本にいながらにして意識することなく海外企業の商品やサービスを日常生活でも利用しています。投資対象として見るとハイテク大手のGAFAをはじめとして、投資妙味が大きいのも海外企業の魅力です。

海外市場に上場している株式には、どのように投資するのでしょうか。今回は、外国株(外国株)への投資方法と、投資するときの注意点を見てみましょう。

外国株には誰でも投資できる

対面証券・ネット証券を問わず、ほとんどの証券会社が外国株投資の取次サービスを提供しています。取引できる国や取扱銘柄は証券各社によって違いがありますが、口座開設ができれば誰でも外国株投資ができると考えて問題ありません。

投資対象も幅広く、欧米をはじめとする先進国はもちろん、インドネシアやベトナムなどの新興国株への投資仲介を提供している証券会社もあります。

誰でも国際優良銘柄の株主になれる

事業内容が分かりやすい国際優良銘柄では、株式購入の敷居も低くなります。特に米国株には世界を代表する企業が多く、IT大手のGoogle・Apple・Facebook・Amazon(GAFA)をはじめ、誰もが知っている企業であることがほとんどです。

また、国際優良銘柄は値動きが安定しているのはもちろん、配当性向の高い銘柄が多いので、投資初心者にはおすすめの投資先なのです。

まずは取引口座の開設からはじめる

外国株取引には専用口座の開設が必要です。まずは国内株の証券口座を開設し、それから外国株の取引口座の開設手続きをします。

外国株取引はどの証券会社でもできるわけではありません。証券口座を開設するときには、口座開設する証券会社に取引したい国の株式の取り扱いがあるかを確認しておきましょう。

日本円を外貨に交換すれば準備完了

口座開設が完了したら、ルールに従って日本円を外貨に換えれば、準備完了です。外貨両替は為替レートに事務手数料を上乗せした金額になるので、できるだけまとまった金額を両替するようにしましょう。

外国株投資の魅力とは?

ここまで外国株投資する流れを見てきましたが、外国株投資する魅力はどのような部分にあるのかを、米国株を例に見てみましょう。

米国企業は株価の上昇(キャピタルゲイン)配当(インカムゲイン)を大きくすることによる株主還元を重視しています。特に、生活用品のP&Gや飲料メーカーのコカ・コーラなどは50年以上連続増配を続けるなど、株主還元を強烈に打ち出しています。

また、新陳代謝が激しいので急成長が期待できるITなどの最先端技術を駆使したベンチャー企業が相次いで登場・上場しているのも魅力です。安定した配当を出す成熟企業に投資するも良し、値上がり益の期待できるベンチャー企業に投資するのも良しと、ニーズに合わせた投資ができるのが米国株の強みと言えます。

経済発展から投資先を考えてもいい

国全体が成長している発展途上国への投資も魅力的です。日本を含む先進国の経済成長率が1%から2%程度にとどまるのに対し、インドネシアシンガポールに代表される東南アジア諸国は、年率換算で5%から8%程度の高い成長を続けています。

かつて日本が高度成長を記録していた時には、多くの会社が成長して日経平均が上昇を続けていました。これから経済自体が大きく発展していく国、という視点で投資先を決めるのも外国株投資に必要な点と言えます。

外国株投資のデメリット

株式投資で成功するために欠かせないのは「情報」ですが、外国株は国内株式と比べるとどうしても情報が少ないというデメリットがあります。

インターネットの発達とグローバル化の進展により、以前に比べれば投資に関する情報は入手しやすくなっていますが、その国での生活に密着した情報は手に入りません。また、国によって時差があることも頭に入れておきましょう。

取引時間の違いや為替変動リスクも想定しておく

投資に関する情報が入手しにくいだけではなく、取引では為替リスクと手数料も無視できません。

外国株は現地通貨建てで取引をするため、為替レートによっては外貨では利益が出ているのに日本円では損失になることもあります。また、国内株式の取引手数料と比べて、取引手数料はかなり割高になるため、手数料負けするリスクがあることも覚えておきましょう。

取引できる国・銘柄は証券会社ごとに異なる

証券会社により外国株の取り扱い国や銘柄数はそれぞれ異なり、ネット証券では、SBI証券・楽天証券・マネックス証券が、比較的豊富な外国株の取り扱いがあります。

証券会社ごとの取り扱い外国株については、こちらでまとめているので、比較・検討の参考にしてください。

まとめ

グローバル化が進んだ現在、国内株も海外の動向に左右されることが少なくありません。また、海外のベンチャー企業には将来有望な会社も少なくなく、投資対象としては魅力的です。

為替レートや手数料など外国株取引ならではのデメリットもありますが、大きなリターンを狙うのであれば外国株への投資も選択肢の一つとして検討したいものです。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。