初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

外国株の買い方とは?海外投資のメリットとデメリット

外国株の買い方とは?海外投資のメリットとデメリット

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★★★☆☆

グローバル化が進んだことで、日本でも海外企業の商品・サービスが身近になっています。AppleやAmazon、Facebookなど、海外の企業に投資してみたいと思う方もいるでしょう。

海外の株式市場に上場している株式はどうやって購入すれば良いのでしょう?今回は、外国株(海外株)を購入するための方法を見てみましょう。

海外株は誰でも投資できる?

海外株への投資は日本人でも可能です。大手証券、ネット証券問わず、ほとんどの証券会社が外国株投資の取り次ぎを行っています。

取扱銘柄や取り扱い対象国は証券各社によって異なりますが、基本的には誰でも海外株投資ができると考えて問題ありません。アメリカをはじめとした先進国はもちろん、インドネシアやベトナムなどの新興国株への投資仲介を行う証券会社もあります。

誰でも国際優良銘柄の株主になれる

国際的な優良銘柄に関しては、株初心者でも投資へのハードルは高くありません。米国株には世界を代表する企業が多く、誰もが知っている企業であることがほとんどです。事業内容が分かりやすい国際優良銘柄では、株式購入の敷居も低くなります。

また、値動きの安定性も特徴です。配当が高い銘柄が多い国際優良銘柄は、株初心者にはおすすめの投資先なのです。

まずは海外株式用の口座を開設しよう

日本の証券会社で海外株式を取引するためには海外株取引用の口座が必要です。そのため、まずは通常の証券口座を開設し、それから海外株式用の口座を開設する手続きをしましょう。

海外株式の取引はどの証券会社でもできるわけではありません。証券口座を開設するときには、口座を開設する証券会社に海外株式の取扱があるか、事前に確認しておきましょう。

口座開設が完了したら、各証券会社のルールに従って日本円を外貨に換えます(日本円で取引できる証券会社もあります)。準備が整ったら、ついに海外株式の売買をすることができます。

取引できる国・銘柄は証券会社ごとに異なる

海外株式の取引ができる証券会社でも取扱っている国や銘柄数はそれぞれ異なり、ネット証券会社では、SBI証券・楽天証券・マネックス証券が、比較的多くの海外株式を取り扱っています。

マネックス証券ならアメリカ株式・中国株式、楽天証券なら東南アジア諸国、SBI証券なら東南アジア諸国・ロシア株式など、証券会社によって得意な分野があります。投資したい国や銘柄が決まっていれば、それを扱っている証券会社を選ぶと良いでしょう。

上記3つの証券会社の取扱い海外株式数を一覧にしましたので参考にしてみてください。

SBI証券米国株式:約1,400銘柄
中国株式:約1,390銘柄
韓国株式:約60銘柄
ロシア株式:約30銘柄
アセアン株式:約500銘柄
楽天証券米国株式:約1,300銘柄
中国株式:約900銘柄
アセアン株式:約270銘柄
マネックス証券米国株式:約3,000銘柄
中国株式:約2,000銘柄

国別の株の特徴や投資方法をまとめましたので、合わせて確認してみてください。

海外株式に投資する魅力とは?

海外株式に投資する魅力とは?

海外株式に投資する魅力は何でしょうか。まず、米国株に投資する場合を見てみましょう。

アメリカは言わずと知れた世界最大規模の経済を持つ国家です。金融に関する考え方は日本と大きく異なり、投資が当たり前の社会です。そういった環境の中で、アメリカの企業は株主に対する還元を重視しています。

還元方法は主に、株価の上昇(キャピタルゲイン)と配当(インカムゲイン)を大きくすること。中でも、生活用品のP&Gや飲料メーカーのコカ・コーラなどは50年以上連続の増配を続けています。

ITなどの最先端技術を駆使したベンチャー企業が次々生まれているのも魅力です。ベンチャー企業の上場に合わせて投資し、その企業が世界を席巻するような会社に成長すれば、株価は大きく上昇することでしょう。

国レベルの経済発展から投資先を考えてもいい

国全体が成長している発展途上国への投資も魅力的です。日本を含む先進国の経済成長率が1~2%程度にとどまるのに対し、インドネシアシンガポールのような東南アジア諸国は5~8%程度の高い成長を続けています。

かつて日本が高度成長を記録していた時には、多くの会社が成長して日経平均が上昇を続けていました。これから経済自体が大きく発展していく国、という視点で投資先を決めるのもおすすめです。

海外株式に投資するデメリット

海外株式に投資する際には、国内株式に投資する場合と違うデメリットがあることを理解しておきましょう。

株式投資で成功するために必要不可欠なのは「情報」です。しかし、国内株式と比べると、海外株式はどうしても情報が少なくなるというデメリットがあります。インターネットの発達により、以前に比べれば情報は充実していますが、その国での生活に密着した情報は手に入りません。また、国によって時差があることも頭に入れておきましょう。

取引時間の違いや為替変動リスクも想定しておく

取引上のデメリットとしては、為替リスク手数料があげられます。海外株式は外貨で取引をするため、外貨では利益が出ているのに日本円では損失になることも、為替レートによっては考えられます。

また、海外株式取引では、外国の取引所まで取り次いでもらうことになるため手数料が割高になります。デイトレードや短期投資では利益を出しにくい場合があることも覚えておきましょう。

まとめ

海外に目を向けると将来有望な会社はたくさんあり、投資対象としては魅力的です。グローバル化が進んだ現在では、国内株式に投資する場合でも海外の動向に左右されることが少なくありません。

ということは国内株式でも海外株式でも、同じような情報を元に取引をすることができるかもしれませんね。海外株式の取引ならではのデメリットもあるので、よく理解した上で取引にチャレンジしてみましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。