初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

信用取引のはじめかた

信用取引のはじめかた

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★★★☆☆

信用取引をはじめるときには現物取引と勝手が違うため、どこからはじめていいかとまどった経験のある人は少なくないでしょう。口座開設、委託保証金の入金、取引の開始など、現物株式取引の時とは違うことも多々あります。
今回は、スムーズに信用取引を進められるよう、口座開設から取引をはじめるまでの流れをご紹介します。

信用取引専用口座開設の基本的な流れ

口座開設のおすすめはオンライン証券

まず、口座開設をする証券会社を決めます。現在は、店頭や電話取引はもちろんですが、インターネット取引に特化したネット証券で口座開設をするのが主流です。

ネット証券であればインターネットがつながるパソコンやスマートフォンがあればどこでも取引できるので、非常に便利ですが、証券会社によって取り扱い金融商品が異なるため、口座開設前に信用取引ができるかを確認することが欠かせません。

口座開設には証券会社の審査があります

オンライン・対面証券会社を問わず、現物取引口座は比較的簡単な手続きで開設できるのに対して、信用取引口座の開設は口座開設にあたって審査があるため、若干ハードルが高くなります。

審査の内容は証券会社によって若干の違いはありますが、「口座開設者の年収や資産」「株式取引の経験年数」「信用取引の知識」が問われることが多く、証券会社によっては年齢や職業による制限を設けていることがあります。

また、審査は申込書類(もしくはインターネットでの申込ページ)だけでなく、併せて電話する証券会社もありますので、自分の申し込みたい証券会社がどのような審査をしているかをチェックしておくのもいいでしょう。ちなみに、信用取引は株価の変動により委託保証金の追加入金が必要になったときに備えて、常時連絡が取れる電話番号やメールアドレスの提示を求められます。申し込み時に正確な連絡先を登録しておくことは言うまでもありません。

口座開設後、必ずやるべきこととは?

信用取引口座に委託保証金を入金

口座開設まで終わったら、信用取引口座に委託保証金の入金します。信用取引は証券会社から投資資金や株式を借りて取引するので、委託保証金は借りた資金や株式の担保という扱いになるのです。なお、委託保証金の最低額は30万円からとしている証券会社が多く、小額からはじめてみたいという方でも、必ず30万円は入金しないといけませんので注意してください。

委託保証金は株式でも代用可能

委託保証金は現金ではなく保有している株式でも代用可能です。委託保証金の代わりに差し入れる株式は「代用有価証券」といいます。代用有価証券を委託保証金として差し入れると、前日終値の80%の金額で換算されます。前日終値200円の株式を2,000株差し入れると、32万円分の委託保証金になる計算です。

ただし、委託保証金として差し入れている株式が値下がりし、評価額が30万円を切ったり、評価額が信用取引で投資している金額の20%を切ると、現金か株式を追加で差し入れる必要があります。委託保証金を全額代用有価証券で差し入れるのは大きなリスクがともなうので、避けた方が無難でしょう。

いよいよ信用取引のスタート

現物取引と信用取引の違いとは?

信用取引口座を開設して委託保証金を入金したら、いよいよ信用取引をはじめることができます。

信用取引には買いから入る「信用買い」と売りから入る「信用売り」がありますが、信用買いなら自分が値上がりすると思った株式に投資するので、現物取引と大きく変わりません。現物取引と違うのは、「投資金額は委託保証金の約3倍まで」「6か月以内に反対売買をしないといけない」という点です。大きな値上がり益を期待できる反面、長期保有ができないというデメリットがあります。

「売り」からはじめることもできます

信用取引のもう1つの取引方法として、証券会社から株式を借りて売りから入る「信用売り」があげられます。信用売りでは最終的に返済のために株式を買い取る必要があり、利益を得るためには現物取引や信用買いとは反対に、「値下がりを期待する」取引が中心となります。

おわりに

信用取引をはじめるための口座開設の申し込みからの一連の流れについて見てみました。口座開設には現物取引口座よりも厳しい審査があったり、まとまった資金が必要になるなど、勝手が違う部分が少なからずあります。

しかし、勉強して少しずつはじめていけば、現物取引では味わえない大きな利益を得たり、信用売りによる値下がりリスクの軽減など、さまざまなメリットが実感できることと思います。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。