初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

信用取引の決済方法

信用取引の決済方法

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★★★☆☆

信用取引では現物取引と違い決済期限があるため、一定の時期までに決済注文を出す必要があります。信用取引の決済方法には「差金決済」と「実物決済」の2つの方法がありますが、それぞれに違いがあります。

今回は、信用取引の決済注文の方法である差金決済と実物決済の違いと、そのメリット・デメリットを見てみましょう。

信用買いの決済「差金決済」について

売り注文で利益確定をする差金決済

信用取引で「買い」からはじめ、差金決済を選んだならば、反対の「売り」をしないといけません。投資した銘柄が値上がりしているときに売れば利益を得られますが、値下がりをすると損失を出すことになります。この点は現物取引の考え方と同じです。

利益(損失)は以下のような計算で算出可能です。

「反対売買時(売り)」の時の株価-「信用買い」の時の株価)×信用買いしている株数=利益(マイナスならば損失)

※手数料等は考慮していません。

1つ気を付けないといけないのは、証券取引所が銘柄を指定する「制度信用取引」では、「売り」を6カ月以内にしないといけないことです。投資している銘柄がこの期間までに値下がりしても、期限がきたら必ず売らないといけません。

信用買いの決済「実物決済」について

信用買いで「現引(もしくは品受け)」と呼ばれる決済方法が実物決済です。実物決済は、証券会社からお金を借りて「信用買い」している株式を、自己資金を支払って自分の保有株式にする決済方法。支払金額は信用買いの買い付け金額になります。

実物決済の魅力として、通常の取引のように現物株式の購入時にかかるような手数料は必要ないことや、株主に発生する配当金や株主優待などのインカムゲインを得られる点です。

信用売りの決済方法の違い

信用売りの差金決済の計算方法

続いて、信用売りの時の決済について見ていきましょう。まず、差金決済についてですが、株式を借りて信用売りしている株式を反対に「買う」ことです。信用買いとは逆に、値下がり局面での利益を狙いう取引方法となります。

利益(損失)は以下のように算出します。

(「信用売り」の時の株価-「反対売買(買い)」の時の株価)×信用売りしている株数=利益(マイナスならば損失)

※手数料等は考慮していません。

制度信用取引で「売り」からはじめた取引でも、信用買いの時と同様6カ月以内に反対の「買い」をする必要があります。期間中に投資銘柄が値上がりすると、損失が発生します。

信用売りの決済「実物決済」について

信用売りの実物決済は「現渡(もしくは品渡)」と呼び、信用売りをした銘柄・株数と同じ銘柄・株数を証券会社に返すことで決済となります。手数料は、現物株式を売る時のような手数料はかかりませんが、借りている間に発生する手数料(逆日歩・ぎゃくひぶ)を支払う必要があります。

「差金決済」のメリット・デメリット

取引方法によって大きなリターンやリスク軽減が期待できる

差金決済のメリットは、なんといっても自分が投資した金額以上の利益を得る可能性があるところでしょう。信用取引は、証券会社に差し入れている委託保証金の約3倍の投資ができるので、自己資金以上の投資をする最適な投資方法です。また、一日のうちに何度も売買できるので、値動きが大きいタイミングを活用することで大きな利益を得る投資家も少なくありません。

そして、株価が下がる時に利益が出る「信用売り」ができますので、現物取引と合わせて利用すると、自分が持っている銘柄が下がっていても、リスクを軽減することもできます。

自己資金以上の取引をするリスクは大きい

このようなメリットがある反面、自己資金以上の投資ができるため、相場の状況を読み違えたときに大きな損失をこうむるデメリットは無視できません。反対売買の期限も6カ月までなので、現物取引のように長い期間、値上がり・値下がりを待てないのもデメリットに数えられます。

「実物決済」のメリット・デメリット

信用取引でも長期保有に対応できる

信用買いで現引をすると、反対売買までの期限を気にすることなく株式を長期保有できる利点があります。今は値下がりしていても、将来的には値上がりが期待できる銘柄の取引では、この方法を使うといいでしょう。

「信用売り」の時も、銘柄が値上がりしていたとしても、「現渡」で決済をすることで、さらなる損失から免れることができます。信用売りした銘柄と同じものを現物株で持っているなら、無視できないメリットがある決済手段と言えます。

同じ銘柄を保有していないと決済できない

現渡での決済であれば信用取引でも長期保有に対応できますが、「信用買い」で現引をすると、その銘柄が値上がりしなければ塩漬けになるリスクがあります。

また、「信用売り」の現渡は同じ銘柄・株数を準備する必要があり、現物株式を持っていないと選べないのも無視できないポイントです。

おわりに

信用取引の決済方法である「差金決済」と「実物決済」の違いと、メリット・デメリットがどのようなものかを見てきました。それぞれの決済方法にはそれぞれのメリット・デメリットがあるため、その違いを踏まえて取引をすることが安定した利益を期待できます。

自分の投資スタイルや市場の状況をよく見極め、的確な投資判断を行うことができるようになりましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。