初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

初心者でも読める!会社四季報の見るべきポイント

初心者でも読める!会社四季報の見るべきポイント

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★★☆☆☆

株式投資に興味を持って書店に行ったことがある人なら、会社四季報を一度は手にしたことがあると思います。あまりの情報量に敬遠した人も少なくないと思いますが、株式投資に必要な重要なデータが多く書かれています。

今回は、最低限押さえておきたい、会社四季報(書籍版)の見るべきポイントを紹介します。

会社四季報なら会社の事業内容を簡単につかめる

最初に見たいのは「企業概要」に関する項目。会社名の横には【特色】や【連結事業】が書かれてあり、それを見ればおおまかな事業内容を把握することができます。中には、「そんな事業もやっていたの?」と驚くようなこともあるかもしれません。

その隣の「コメント欄」には、直近の業績に関する内容と中長期的な展望が書かれています。現状と成長戦略が載っているかなり重要な部分です。コメント欄がポジティブな内容であることを理由に、会社四季報の発売日に株価が急騰する銘柄もあるほど。ただ、この欄は記者の意見であり、あくまでも予測にすぎないということには注意しましょう。

配当や株主優待も簡単にチェックできる

値上がり益(キャピタルゲイン)だけでなく、配当金や株主優待(インカムゲイン)も重視したいという人は、決算月や配当実績の推移が重要です。インカムゲインを狙う取引では、決算期末に受け渡しができるよう月末の4営業日前までに権利を確定する必要があります。【決算】欄に決算月が書かれていますので確認しましょう。

また、株主優待があれば【株式】欄に「優待」マークがついていて、巻末に株主優待の内容がまとめられています。同様に配当があれば【配当】欄に過去の配当実績と今後の予想配当が掲載されています。会社によっては、中間配当をおこなっているところもあります。

現状を捉えた財務指標を確認できる

会社の現状を知るためには、【財務】、【指標等】、【キャッシュフロー】をチェックしましょう。特に、【財務】欄では自己資本比率、【指標等】欄では自己資本利益率(ROE)、【キャッシュフロー】欄では営業キャッシュフローが重要です。

自己資本比率が高い会社は倒産しにくく、50%程度あるとかなり優秀な会社と言われます。自己資本比率はただ高ければいいというわけではなく、自己資本を使ってより多くの利益を出せる会社の方が成長性があると言えますが、それを表すのが自己資本利益率(ROE)です。営業キャッシュフローは会社の本業でどれだけ現預金を増やすことができたかを示す数値で、利益を出していても営業キャッシュフローがマイナスなら、一時的な利益を得たにすぎないと考えることができます。

会社の状態をよく知るためには業績の推移を見る

会社の現状はおおまかに把握することができるのですが、大切なのは業績がどのように推移しているのかです。それを見ることができるのが【業績】欄です。

過去5年と向こう2年(予測)の業績が記載されています。売上高・営業利益・純利益・一株あたり純利益(EPS)などの推移を見ることができ、会社が成長しているのかどうかが一目でわかります。

前述の自己資本比率やROE、営業CFといった財務指標も、過去のデータがあればいいのですが、そこまでは掲載されていません。過去の会社四季報に掲載されている数値と比較したり、会社のホームページや株式情報サイトで確認したりすることをおすすめします。

株価関連のデータは記事作成時点のもの

便利な会社四季報ですが、最新の株価を用いたデータではないというのが最大の弱点です。ページの上部には株価が掲載されていますが、記事作成時点での最新株価であるため、発売時点ではすでに古いデータです。

株価に基づいて算出するデータとして株価収益率(PER)なども掲載されていますが、これも古い株価を元に計算されているので、最新のデータは自分で確認するようにしましょう。

意外と使える?月足チャート

同じくページ上部に掲載されているのが「月足」の株価チャート。ほとんどの人が証券会社や株式情報サイトでチャートを見ていると思いますが、「日足」・「週足」がデフォルトになっています。

短期的なニュースに株価が振り回されているのを意識せず考えるためにも、中長期的な視点なら、5年・10年の株価変動から分析するべきであり、月足・年足のチャートは意外と役立ちます。

じっくり投資するのであれば、日足・週足で書かれた短期間のチャートと一緒に、会社四季報のチャートも眺めてみると新しい発見ができるかもしれません。

まとめ

会社四季報には、株式投資に必要な情報が詰まっています。本気で分析するならもっと細かいデータを調べることになりますが、初心者なら投資を考えている企業の最低限見ておきたい箇所を見て分析するだけでも十分です。

ネット証券の中には、SBI証券のように口座開設をすれば会社四季報を無料で見ることができるサービスを提供しているところもあります。口座開設している証券会社がそのサービスを提供しているのであれば、Web上で会社四季報を見てみるのもいいでしょう。

会社会社四季報ワイド版 2018年1集新春号

会社会社四季報ワイド版 2018年1集新春号
出版社
東洋経済新報社
商品説明
業界担当記者が独自取材・独自分析で業績変化を先取り。上場3862社をフルカバー、完全2期予想の会社会社四季報で自分だけの“お宝銘柄”を探そう!
総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。