初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

なぜ約定できない?スムーズに株を売買するための「板(いた)」の読み方

なぜ約定できない?スムーズに株を売買するための「板(いた)」の読み方

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★★☆☆☆

株式を売買する時、取引価格を指定せずに注文を出すことは、よほど取引が活発な銘柄でなければ、思わぬ値段で約定するリスクがあります。かといって前日終値を参考に注文を出すのも、リアルタイム性という点では大きなマイナスです。

そこで必要なのが「板(いた)」です。適正な価格で注文を出し、注文約定をしやすくなるために、板の読み方を覚えておきましょう。

「板」とは何?どのような時に使う?

板は気配値とも呼び、ある銘柄にいくらの株価で何株注文が入っているのかがすぐに分かるシステムです。株式取引には取引相手が必要となります。買いたいときにはその銘柄を売りたいと思っている人が、売りたい時は買いたいと考える人が必要となります。

また、価格についても自分の買いたい価格で売り注文が出ているか、売りたい価格で買い注文が出ているかが重要です。板があれば現在注文が入っている価格と株数が把握できるので、約定しやすい注文を出すことができます。

板はどこで見ることができる?

特定の銘柄の板は、証券会社で口座を開けば見ることができます。最近はネット証券で取引をする人が多くなっていますが、ネット証券のサイトでも公表されていますので、注文を出すときには必ず確認するクセをつけましょう。

ネット証券を使わない場合、証券会社の窓口や電話サービスでも知ることはできますが、やはり複数の銘柄をチェックしたい、気になったらすぐに知りたいというときには、ネット証券がもっとも簡単・確実です。

板をチェックすることで何が分かる?

板を見ると、ほぼ1円刻みごとに買い、もしくは売り注文が何株入っているかが一覧になっていることをはじめ、各銘柄の注文状況が詳細に分かります。また、現在の株価や売り・買いのどちらに注文が多く入っているかが一目で分かります。また総注文株数も分かりますので、人気銘柄かも把握できるのです。

総注文株数が多いと、短期売買を繰りかえしている投資家が多数いて、取引が活発であることが予想されます。そのような銘柄は約定しやすいため、買いやすく売りやすい銘柄であると判断できるのです。

板を生かした注文の出し方について

板を読めば効率的に注文を出すことができます。例えば、現在500円の株があったとします。その銘柄の板で一番多い注文が501円の売りで10,000株、499円の株に20,000株だったとしましょう。

この板を見て売り注文を出したいとしたら、20,000株までなら499円ですぐに約定できます。また、買い注文は10,000株までは501円ですぐに約定できるでしょう。また、注文価格を指定せずに注文する「成行注文」なら、499円で売り注文、501円で買い注文が成立する可能性が高いことも分かります。

すぐに取引を約定させたいならば、板を読むことは欠かせません。それにより他の投資家の注文状況が分かり、状況にあった注文を出すことができるようになります。

市場が開いている間は板をこまめにチェックしよう

当然ですが、市場が開いている間は注文状況が刻一刻と変わっていきます。現在、買い注文が優勢だとしても数分後には正反対になっているかもしれません。取引に板を生かしたいと考えるなら、売買が成立するまで板も逐一チェックしておくことをおすすめします。

特にデイトレーダーの人たちは、銘柄についてのニュースはもちろんのこと、板の動きも重視しています。デイトレーダーが参加するような値動きが激しい銘柄を売買する時は必ず板を読むようにしてください。

板の動きだけで株の売買をしてもいい?

板の動きだけを信用して売買をするのは非常に危険です。企業研究や市場全体の動きも見ておくようにしましょう。時に板の情報は、デイトレーダーや仕手筋の仕手株に利用されることもあります。一般の投資家はそれに惑わされないようにしてください。

また、中長期投資を考えている人は板の動きに敏感になりすぎる必要はありません。板を見るのは売買の時だけにしておいてもいいかと思われます。

まとめ

板の読み方が分かると、スムーズに約定に繋げることできるだけでなく、他の投資家の動きも分かるため、株価が上昇・下落の予想も立てやすくなります。

しかし、板に頼りすぎるのは禁物です。銘柄によっては激しすぎる値動きに戸惑ったり、知らないうちにマネーゲームに取り込まれる恐れもあるためです。株式投資では、板を読むことと同時に、地道な市場研究・企業業績のチェックが欠かせません。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。