初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

レンジ相場とトレンド相場の見分け方。それぞれの特徴も解説します

レンジ相場とトレンド相場の見分け方。それぞれの特徴も解説します

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★★☆☆

マーケットの値動きは、レンジ相場とトレンド相場に分けられます。その動向により投資判断やエントリータイミングも異なるので、レンジ相場とトレンド相場を見極めることが重要となります。

今回は、レンジ相場とトレンド相場の見分け方、それぞれで認識すべき基礎知識と投資戦略について確認して行ければと思います。

相場の多くは、トレンド相場に分類される

まずは、レンジ相場とトレンド相場の基礎知識について見てみましょう。レンジ相場とは、株価が一定のレンジ内での値動きに収まり、ボックス圏で推移する相場のことを言います。これに、トレンド相場とはその名の通り、株価が同一方向に動くトレンドを形成する相場のことを言います。

多くの相場はトレンド相場に分類されます。レンジ相場に比べると、トレンド相場を形成する割合が多い点も確認しておきましょう。

レンジ相場の代表格は商社株。トレンド相場は中小型株特有の値動き

商社株はレンジ相場を形成しやすい銘柄の代表格として、商社株が上げられます。商社株を取引するときには、チャートを参考に底値で買いを入れて上値でればなせれば、値上がりの恩恵を受けられる可能性が高い銘柄と言えます。

一方で、トレンド相場は、時価総額が小さい分、需給が軽く、トレンドが一定方向に出やすい中小型銘柄特有の値動きをしやすく、ファンダメンタルズを凌駕した値動きを見せることがあります。また、テクニカルで見ても、だましを形成することが多いので、その点には注意が必要です。

レンジ相場はローソク足の出現パターンから見分ける

レンジ相場は、株価の値動きが、狭いボックス圏で推移する(もみ合う)ことを示唆します。これをローソク足で確認すると、陰線と陽線が交互に出現する状況ともいえるため、ローソク足の出現パターンからレンジ相場かを判断できます。

材料難や、重要イベントの直前はトレンドが出にくい

マーケットは人の気持ちで動くとも言われ、投資家心理が疑心暗鬼の状態では、マーケットにトレンドは作られません。トレンドの方向性が出にくいタイミングでは、重要イベントは無視できません。

例えば、連邦公開市場委員会(FOMC)は為替相場を占う重要イベントであり、輸出関連企業の業績に大きく影響するため、その結果を見極めるまでは値動きに乏しくなります。このように、材料難や重要イベントの前にはトレンドがでにくい、すなわち、レンジ相場を形成する可能性が高いと言えるのです。

トレンド相場は中小型株に多い値動き

トレンド相場は中小型株に多くなる傾向がありますが、その理由として、時価総額が小さい方が値動きも軽いという需給面の影響は無視できません。

時価総額一兆円を超えるような銘柄の上昇には相当な買い圧力が必要ですが、時価総額数億円程度の銘柄であれば、それほど強力な買い圧力を必要としないため、中小型株ほどトレンド相場を形成しやすいと言えるのです。

トレンド相場は経済政策に創出されるケースもある

トレンド相場は金融政策や経済政策により創出されるケースもあります。直近の、トランプ大統領が誕生してから上昇トレンドが続く米国市場が良い例でしょう。

この背景には、トランプ大統領が打ち出す大規模な財政出動と法人減税は無視できません。企業の業績改善を後押しするマーケットフレンドリーな経済政策であり、これらを背景に、現在の米国の上昇トレンドが維持されているのです。

まとめ

レンジ相場とトレンド相場には、見分け方が存在します。それぞれの相場で投資戦略も異なるので、これらを正しく見極められるようになることが重要です。

最低限、上述した基礎知識は覚えられるようにしておきましょう。両者の特徴を押さえることで、投資の精度も格段に向上します。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。