初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

近年注目されている株価指標「自己資本利益率(ROE)」とは?

近年注目されている株価指標「自己資本利益率(ROE)」とは?

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★★★☆☆

「自己資本利益率(ROE)」は近年、注目されている株価指標です。自己資本でどれだけの利益を出したかを表すもので、会社の状況を総合的に見ることができる総合的な指標と言うことができます。ROEを深く理解すれば、その企業が本当に成長力のある企業なのかを見極めることができます。

ROEは投資家として絶対に知っておきたい株価指標の1つ。今回はROEを詳しく説明します。

世界で注目されるROEとはどんな指標なのか?

効率の良い経営を実践できたかの参考指標

自己資本利益率(ROE)とは、自己資本を使って、どれだけ効率よく利益をあげることができたかを表す指標です。次のような式で求められます。

ROE(%)=当期純利益÷自己資本×100

ROEは、株主が出資した資金である「自己資本」をベースにしていることから投資家目線の指標と考えられ、欧米の企業経営では重要視されていました。

日本でも注目度が上がっているROE

ROEは近年、日本の企業経営でも注目されるようになっています。国際会計基準(IFRs)の導入や、財務や経営が優秀な日本の株式市場をけん引する銘柄で構成される株価指数の「JPX日経インデックス400」の導入などが影響しています。

東京証券取引所に3年以上上場している銘柄の中から、一定の条件を満たしていない銘柄を除いた中から、売買代金と時価総額を踏まえて上位1,000銘柄を組み入れ候補銘柄として選定し、直近3年間のROEと営業利益、時価総額による絞り込み、400銘柄にを選定します。

また、2014年に経済産業省が公表した「持続的成長への競争力とインセンティブ~企業と投資家の望ましい関係構築~(伊藤レポート)www.meti.go.jp/policy/economy/keiei_innovation/kigyoukaikei/kigyou-toushika.html 」でも、「日本企業はROE8%以上を目指すべき」という趣旨の内容が含まれています。

一般にROEが8%を超えると比例して株価が高くなる傾向にありますが、ROEが高ければどんな会社でも株価が高くなるというわけではありません。

ROEを分析すれば、会社の状態がより詳しくわかる

ROEから企業経営の概要がわかる

ROEは、計算式を分析することができます。

ROE=(売上高当期純利益率)×(総資産回転率)×(財務レバレッジ)
=(当期純利益÷売上高×100)×(売上高÷総資産)×(総資産÷自己資本)

売上高当期純利益率は売り上げに対する純利益を、総資産回転率は会社の資産を使ってどれだけ売り上げを上げているか、財務レバレッジは自己資本をもとに借り入れにより、どれだけの資産を調達できているかを示します。

それぞれを一言でいうなら、「収益性」と「効率性」、「安全性(の逆数)」であり、この3要素を兼ね備える会社はROEが高くなるので、ROEは総合的な指標だと言われるのです。

財務レバレッジが高すぎるのは危険なサイン

財務レバレッジは「総資産÷自己資本」で求められますが、この値が高い会社には注意が必要です。会社の財務体質が健全かどうかを見るための指標に「自己資本比率」がありますが、これは「自己資本÷総資産」で求められます。つまり、財務レバレッジは安全性を示す自己資本比率の逆の値だということです。

財務レバレッジが高い会社は、総資産に占める借り入れの割合が多くなっている可能性が高く、借り入れが多いと利息負担で利益を上げにくくなり、会社の経営に悪影響を与えるリスクが大きくなります。

ただし、前受け金を受け取るタイプのビジネスモデルのであれば、借り入れが多くなくても財務レバレッジが高くなることがあるため、このような場合は借り入れで財務レバレッジが高い場合よりも、安全性は高くなります。

ROEの高さが評価できるのはどんな場合か?

高収益・高ROEが理想

前述の通り、ROEは収益性・効率性・安全性(の逆数)の3つに分けることができます。中でも、収益性が高くてROEが高いのが理想です。会社が高い利益を生み出していることを意味し、会社が成長するための資金を、借り入れや増資に頼ることなく調達できるからです。

次に、効率性が高いのも評価できます。少ない資産でより多くの売り上げを生み出すことができるため、そうでない会社よりも大きな利益を得ることができていると考えられるためです。

ROEが高くても慎重に考えるべき場合は?

すでに述べたように、財務レバレッジによってROEが高い場合には注意です。自社株買いによってROEの改善を狙う会社が多く見られますが、収益性や効率性を上げる施策が打てずに、余剰資金を自社株買いに充てているだけなら、長期的な成長は望みにくいと言えます。

収益性が高くても、営業利益(や経常利益)が低いままで特別利益が収益に貢献している状態なら、翌年の収益性は悪化してROEも下がってしまうでしょう。

また、高い効率性を誇っていても、それだけで判断することはできません。

極端に収益性が低ければ、いくら効率的に多くの売り上げを計上しても利益額は大きくならず、成長資金を借り入れや増資で調達しなければならないため、必ずしも良好な経営状態とは言い切れないでしょう。

おわりに

ROEは自己資本でどれだけの利益を上げたかを示すものですが、会社の総合的な力を判断できる優れた株価指標でもあります。ROEの高さの源泉が、収益性・効率性・安全性のどこにあるのかを見極めることで、より高いレベルで株価を見極めることができるでしょう。

そこまでの判断ができるようになるためには、財務諸表を読み込む力が必要になりますが、プロの投資家は当たり前のように分析していることです。投資家としてレベルアップするためにも、ROEを細かく分析できるようになっておいて損はないでしょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。