初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

ゴールデンクロス、デッドクロスとは?

ゴールデンクロス、デッドクロスとは?

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★★☆☆

さまざまなテクニカル指標の中でも、上昇トレンド入りを示唆する「ゴールデンクロス」と、下落トレンド入りを示唆する「デッドクロス」は注目したい指標と言えます。

どちらも視覚的にも非常に分かりやすく、扱いやすいテクニカル指標ですが、どのように見分ければよいのでしょうか。今回は、ゴールデンクロスとデッドクロスの基礎知識とコツを確認してみましょう。

ゴールデンクロスは好材料が出た時に出現しやすい

上述したように、ゴールデンクロスは移動平均線の短期線が長期線を上抜ける状況を表し、短期的に好材料が出た場合に形成されやすい、上昇トレンド入りを示唆するテクニカル指標です。すなわち、短期的なトレンドがゴールデンクロスを達成する上でキーポイントになると言えるのです。

長期線の下落は売り方の圧力が弱まりつつあることを示唆

長期の移動平均線がローソク足の下にある状況は、長期投資家が高値づかみしていることの表れです。もちろん、投資家はできることなら損切りを避けたいので、なかなか長期線が下がってきません。

逆に言えば、長期線の下落は、高値づかみした投資家の損切りが進んでいる状況の表れであり、売り圧力が弱まりつつある状況を示唆します。売り圧力の減少は買い上がりやすくなることを意味するため、ゴールデンクロス出現の可能性が一気に高まるのです。

短期的な悪材料の増加はデッドクロスのシグナル

デッドクロスを見分けるポイントも、短期線にあります。短期線とはその名の通り、短期的な値動きを折れ線グラフ化したものであり、短期的な材料に敏感に反応します。

例えば、今後発表されるA社の決算が予想を下回る悪い内容になると予想されると、短期線も下落する可能性が高いと言えます。ローソク足と移動平均線の位置にもよりますが、短期的に起こりうるイベントを予測するのが重要です。

短期線の下抜けは、トレンド転換のシグナル

デッドクロスは長期的に上昇トレンドだった銘柄が、悪材料の出現により売り浴びせられる状況を示唆します。中長期的に売られるシグナルになる可能性が高く、早い段階での売り抜けが鉄則になります。長期線の下落トレンドを後追いする形で短期線が下落することも多く、そのチャートの形状からもデッドクロスが強いシグナルであることが分かります。

乖離(かいり)率から出現の予兆を見極める

ゴールデンクロスとデットクロスを見極めるためには、移動平均線とローソク足の位置は非常に重要です。ゴールデンクロスであれば、ローソク足が短期線を越えてきたときに出現の可能性が高まります。特に窓を開けて乖離(かいり)率が大きくなったときは、ゴールデンクロス出現の可能性が高いと言えます。

ローソク足が移動平均線を上放れると言うことは、短期的な好材料が出現したこととイコールです。乖離(かいり)率に注目してゴールデンクロスの予兆を見てみましょう。デッドクロスならゴールデンクロスの逆になり、ローソク足が移動平均線の下に出現した場合は要注意と言えます。

どちらもダマしが多いことには要注意

ゴールデンクロスやデッドクロスは、テクニカル指標の代表格であり、この特性を狙って逆張りでもうけようとする投資家がいるので、ゴールデンクロスやデッドクロスが予想通りに機能しない「ダマし」であることも珍しくありません。

チャート上にゴールデンクロスやデットクロスが出現しても、数日間は方向性が出ないこともあるので、取引には注意が必要です。

まとめ

視覚的にゴールデンクロスやデットクロスは分かりやすいものの、ダマしか否かの判断は簡単ではありません。値動きの理由を確認してから、売買するようにしましょう。

また、出来高に注目することも重要です。短期的な出来高増加は、材料が出現したことの表れです。相場に影響をもたらす材料や、出来高に注意して投資を行うことで、投資における確度も格段に向上します。

» 初心者でもわかる株価チャートの見方
総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。