初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

仕手株とは?投資初心者が手を出すべきではない銘柄の見分け方

仕手株とは?投資初心者が手を出すべきではない銘柄の見分け方

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★★☆☆

仕手株とは、仕手筋が短期間で利益を上げるための対象となった銘柄です。株価も安く、投資初心者にも参加しやすそうに見える仕手株ですが、リスクの大きい銘柄となっています。また、仕手株にはいくつかの特徴もあります、

今回は、仕手株の定義の再確認と、その見分け方を見てみましょう。

仕手株とは大量売買の対象になっている銘柄のこと

仕手株とは、投機やマネーゲームなど、大量売買の対象になっている銘柄です。基本的に大量売買をする市場参加者はプロ集団である仕手筋であり、仕手株の値動きに影響を与えるのは仕手筋の売買動向です。

株価が安い銘柄の方が仕手筋の投機対象になりやすい

一般的な傾向として、仕手筋の対象となりやすい銘柄は取引価格が小さい低位株やボロ株がほとんどです。仕手筋としては、単元が小さいほうが買い進めやすいだけではなく、投資資金の自由度や資金の流動性を高めることが期待できます。

また、時価総額が大きい銘柄の株価を持ち上げるためには、相当な買い圧力が必要ですが、時価総額が小さければ大きな買い圧力は必要ありません。その点からも、低位株やボロ株は仕手筋の対象となりやすいのです。

株価の急変動から仕手株を見分ける

仕手株は値動きにも特徴があります。株価の急な値動きも仕手株を見分ける上でのポイントです。仕手株の値動きは仕手筋の売買動向に左右される部分が多く、仕手筋の心理を読まなければ仕手株の値動きは予想できません。

仕手筋が買いを仕掛ければ株価は上昇しますし、売りを仕掛ければ株価は下落します。仕手筋は豊富な資金力を持っているので、彼らの力で相場が急変動することもあります。特段の材料がないのに急激な値動きをすることも仕手株の見分け方のポイントです。

マーケットの材料を超える動きをする

仕手株の値動きは仕手筋の売買動向に左右されます。また、仕手株は時価総額が小さいことが多いため、仕手株の売買参加者に占める仕手筋の割合も高くなります。

仕手株の最大の値動きの要因は、マーケットの材料でも企業業績でもなく、仕手筋の動向です。マーケットの材料とは異なる部分で変動することも多いのも、仕手株の特徴の一つと言えるでしょう。

仕手株は初心者には非常に難しいマーケット

仕手株は仕手筋が主体のマーケットであり、投資初心者には分が悪いマーケットと言えます。値動きが荒いだけではなく、仕手筋の売買動向を見極めることは非常に難しいからです。

仕手株の取引に参加するなら、その特性を理解するだけではなくハイリスクな取引であることを覚悟して参加する必要があります。

仕手株はテクニカル分析と好相性

仕手株は仕手筋の思惑が値動きの大きな要因となるので、ファンダメンタルズ分析との親和性はそれほど高くありません。一方で、短期の値動きを追うテクニカル分析とは好相性。仕手株はテクニカル分析を用いることで、仕手筋の売買動向を予想することが利益獲得の鍵です。

まとめ

仕手株にはさまざまな特徴がありますが、共通して言えるのは、仕手筋が利益を上げやすくする手段に過ぎないということです。

資金力があり、短期売買を好む仕手集団が、いかに効率よく利益を上げるか。仕手筋の立場を想像すれば、仕手株の特徴も見分けやすくなると思います。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。