初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

仕手株とは?

仕手株の見分け方

株の知識レベル:★★★☆☆

仕手株とは、投資のプロ集団が短期間で利益を上げるための投資対象銘柄。比較的株価も安く、一見、投資初心者にも買いやすそうに見えます。しかし、短期筋の資金流入が多く、投資初心者が利益を上げるには非常に難易度が高い側面もあります。

株価が安いから仕手株かと言えばその限りではありません。仕手株にはいくつかの特徴があります。ここからは、仕手株の定義の再確認、また、その見分け方を見てみましょう。

仕手株とは大量売買の対象になっている銘柄のこと

仕手株とは、大量売買の対象になっている銘柄のことを言います。言い換えれば、投機やマネーゲームの対象になっている銘柄です。基本的に大量売買をする市場参加者はプロ集団ですから、仕手株の値動きに影響を与えるのは仕手筋の売買動向です。

株価が安い銘柄の方が仕手筋の投機対象になりやすい

一般的な傾向として、仕手株には株価の単元が小さい銘柄が好まれます。仕手筋側としては、単元が小さい分、株数を多く買いやすいのです。株価が安い銘柄を買うことで、投資資金の自由度や資金の流動性も高まります。

また、時価総額が小さい銘柄も投機の対象になりやすいと言えます。仮に、時価総額が大きい銘柄であれば、株価を持ち上げるために、相当な買い圧力が必要です。一方で、株価が安く、時価総額が小さければそこまでの買い圧力は必要ありません。株価が安く、時価総額が小さい。これらは、仕手株を見分ける大きなキーワードになります。

株価の急変動から仕手株を見分ける

仕手株は値動きにも特徴があります。株価の急な値動きも仕手株を見分ける上でのポイントです。仕手株の値動きは仕手筋の売買動向に左右される部分が多く、仕手株の値動きは、仕手筋の心理を読まなければ予想できません。仕手筋が買いを仕掛ければ株価は上昇しますし、売りを仕掛ければ株価は下落します。仕手筋は豊富な資金力を持っています。彼らの力で相場が急変動することも仕手株の見分け方のポイントです。

マーケットの材料を超える動きをする

仕手株の値動きは仕手筋の売買動向に左右されます。また、仕手株は時価総額が小さいことが多いため、仕手株の売買参加者に占める仕手筋の割合も高くなります。このため、仕手株の最大の株価変動要因はマーケットの材料でも、企業業績でもなく、仕手筋の動向が最も仕手株の値動きに寄与するのです。仕手株はマーケットの材料とは異なる部分で変動することも多いのも、仕手株の特徴の一つと言えるでしょう。

仕手株は初心者には非常に難しいマーケット

仕手株は初心者には非常に難しいマーケット

ここまで見てきたように、仕手株はプロが主体のマーケットです。もちろん、投資歴の長い短期投資家など、仕手株を好むトレーダーも居ます。一方で、投資初心者には分が悪いマーケットであることも事実です。値動きも荒く、仕手筋の売買動向を見極めることは非常に難しいからです。仕手株の特性を理解し、ハイリスクを覚悟の上で、投資をするようにしましょう。

仕手株はテクニカル分析と好相性

仕手株は基礎的経済条件(ファンダメンタルズ)を越えた値動きをすることは珍しくありません。そのため、ファンダメンタルズ分析との親和性はそれほど高くないと言えるのです。一方で、仕手株はテクニカル分析とは好相性。短期の値動きを分析するには、テクニカル分析の方が精度が高まるケースが少なくありません。ローソク足は日々の値動きを表します。ローソク足の形状から投資心理を見抜くことができるのです。仕手株はテクニカル分析を用いることで、仕手筋の売買動向を予想することが利益獲得の鍵です。

出来高が少なすぎる銘柄は仕手化しにくい

仕手株になりにくい銘柄の特徴も確認しておきましょう。結論から言うと、極端に出来高が少ない銘柄は仕手化する可能性が低いと言えます。なぜなら、仕手筋がその銘柄を買い集めるまでに時間が掛かるからです。仕手筋はそれなりの株数を集めた後に売り仕掛や買い仕掛を行います。株を集める段階で極端に時間を掛けることは嫌う傾向にあるのです。

いわゆる主力株は投機の対象になりにくい

出来高が多く、時価総額も大きい、いわゆる主力株については仕手化する可能性が極めて低いと言えます。日々の値動きも少ない上に、大きな時価総額を買い上がれるほどの買い圧力を作り続けることは難しいからです。よって、主力株は投機の対象になりにくい。この点は、基礎知識として覚えておきましょう。

まとめ

仕手株にはさまざまな特徴があります。ただ、共通して言える点は、仕手筋が利益を上げやすくする手法と言うことです。資金力があり、短期売買を好む仕手集団が、いかに効率よく利益を上げるか。仕手筋の立場を想像すれば、仕手株の特徴も見分けやすくなると思います。

札幌で働く元証券マンのファイナンシャルプランナー。専門分野は株や投資信託を用いた中長期での資産形成。
趣味はスポーツ全般で小、中、高と野球部に所属。また、米国への留学経験があり、海外スタートアップ事情にも精通。
総合評価
(0)
Pocket