初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

落ちてくるナイフはつかむな?底値を見極めて利益を上げよう

落ちてくるナイフはつかむな?底値を見極めて利益を上げよう

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★★☆☆☆

株式投資で利益を上げる鉄則と言えば「安く買って、高く売る」ですが、「落ちてくるナイフはつかむな」という相場格言もあるように、タイミングよく底値で買いつけて高値で売れることは極めてまれです。

今回は、落ちてくるナイフは掴むなという格言の意味と、それでも底値を見極めたい人に、参考となる指標について見てみましょう。

落ちてくるナイフはつかむな

実際に落ちてくるナイフをつかもうとすると、柄の部分を上手くつかめないとケガをしてしまいます。これを投資の世界になぞらえた投資格言が「落ちてくるナイフはつかむな」というもの。値下がりしている銘柄は上手に買わないと、さらなる値下がりに巻き込まれて含み損を抱えることになるを表しています。

なぜ値下がり銘柄を買ってはいけないのか

株価が下落している途中は、売りたい人がたくさんいる状態。売却できた人もいれば、注文を出してまだ売れていない人、反転して値上がりしはじめたら高く売りたいと考えている人など、それぞれの思惑があります。

そのため、いったんは下げ止まったように見えても、売りたい人が集まることで再び下がりはじめる可能性があります。株価が下がりきったタイミングである「底値」を見極めるのは難しいことなのです。

ベストタイミングを狙うのはプロでも難しい

株価が上昇するためには、買い手が売り手よりも多くなる必要があります。つまり、値下がりが続いているときは売り手が多く、買うタイミングではないと言えます。

株式取引で最大の利益を出せるのは、売り手よりも買い手が多くなった瞬間、つまり株価が下がりきってこれから反転・上昇する瞬間をとらえることです。しかし、そのタイミングを完璧に狙うのは経験を積んだ投資家でも至難の業です。

一番安く買って一番高く売る必要はない

株式取引で利益を上げるには「安く買って、高く売る」ことが必要ですが、必ずしも「最安値で買って、最高値で売る」必要はありません。

一番利益を出せるタイミングで売買できるに越したことはありませんが、そのタイミングを狙うよりも、「ある程度安く買って、それよりも高く売る」ことで利益は出せるのです。1回の取引で1円でも安く買うことを狙うよりも、複数の取引で利益を出す確率を上げるほうが、トータルでの利益は間違いなく大きくなるのです。

底値がいくらになるのかは誰にもわかりませんから、底値に近いところで買うことができれば、それで十分と言えます。この考えを表した相場格言が「頭と尻尾はくれてやれ」です。

底値を確認してから買えばリスクが低い

底値をつけて上昇に転じたことを確認してから買えば、利益を出せる確率は飛躍的に高まり、わずかな値上がりでも安定して利益を出すことができます。

底値を確認するまでのタイムラグがあるため、底値で買った場合と比べて上げ幅は小さくなりますが、値下がりリスクが低く、安心して取引することができるでしょう。

底値を見極めるには?

では、底値を見極めるにはどうしたら良いのでしょうか?ある時点の株価が底値かどうかを明確に知ることはできませんが、さまざまなテクニカル指標を使うことで、底値かどうかを推定することができます。

底値を予想するには上記のような方法がありますが、絶対に言い当てられる手法はありません。いくつかのテクニカル指標を組み合わせてみることで、より高い確率で底値を見極めることができます。その精度は熟練度で差が出るので、自分で試行錯誤をすることが欠かせません。

まとめ

下落している株を買おうとすると、利益を出すことが非常に難しくなります。株式投資では、より確実な取引をすることが重要です。落ちてくるナイフを掴もうとしてケガをしないためにも、堅実に利益をあげられる投資手法を身につけましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。