初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

差金決済取引(CFD)をする証券会社の選び方

差金決済取引(CFD)をする証券会社の選び方

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★★☆☆

差金決済取引(CFD)をするときには、証券会社の口座開設が必須です。投資初心者の最初のハードルは、どの証券会社で口座開設をするか決めること。最近ではCFDを取り扱う証券会社も増加傾向にあり、証券会社を決めるのも一苦労です。

今回は、証券会社の選び方とそのポイントを見てみましょう。

取引スタイルから口座開設先を決定する

CFDの強みは、レバレッジを掛けた取引により、少額で世界中のさまざまな資産に投資できることにあります。投資スタイルは人それぞれ。シンプルに人気の銘柄や、代表的な株価指数に投資したい方も多いでしょう。もちろん、マイナーな商品に投資することで大きな利益を狙うのもありです。個々人の投資方針によって、口座開設先を決めることが最もスムーズな方法です。

証券会社により、CFDそのものの扱いの有無や、得意とする商品に違いがあります。証券会社を選ぶときには、それぞれの投資方針にもっともマッチするものを選ぶのが基本となります。

主力指数や主力銘柄に絞った投資をすることがおすすめ

マイナーな銘柄や取引量の少ないコモディティへの投資では流動性リスクは無視できません。また、取引量の多い国内株式や主要指数に比べると、圧倒的に情報量が少ないこともリスクです。

特段のこだわりがないのであれば、取引量の多い国内株式や主要指数を投資対象とするほうが無難です。仮にこれらの対象に投資をしたとしても、レバレッジをかけた取引により、少額の資金でも十分な利益を狙うことができます。

リスク管理は必須。信託保全で会社を選ぶ

CFDも含む有価証券への投資では、投資対象となる資産のリスク管理はもちろん、証券会社の倒産に備えたリスク管理も重要です。万が一に備えて投資家の資産と会社の資産を分別して管理・保管する「信託保全」を導入している証券会社を選びましょう。

そうはいっても、国内で営業している証券会社はほとんど信託保全を導入しているため、資産の委託先がどれだけ安心できるかがポイントとなります。

取引ツールの充実度と使いやすさに注目

証券会社によってPCやスマートフォンなどのウェブページや、専用アプリからの取引の操作性は異なります。そのため、デモ取引などでどれだけ違和感のない取引ができるかを事前にチェックしましょう。

また、分析に欠かせない各種情報の配信やチャート、テクニカル指標の対応も証券会社によって異なるので、この点も重要なポイントとなります。

顧客フォローやサポート体制の充実度から選ぶ

株式や債券、投資信託といった比較的なじみのある投資商品と比べると、CFDはあまりなじみのない投資商品です。CFDを投資対象として考えているのであれば、フォローやサポート体制が充実しているかも選択肢の一つです。

選ぶときに参考となるのが、セミナーを開催しているかどうか。まったくのゼロからでも参加できるセミナーを積極的に開催しているかは、大きなポイントと言えるでしょう。

手数料は安いのが魅力

これらのさまざまなポイントを比較したうえで、最後にやはり重視したいのが手数料です。CFDの取引手数料は比較的安価ですが、証券会社によって細かい違いがあることも事実。ほかの項目で優劣がつけられないときには、手数料に注目してみるのもよいでしょう。

まとめ

CFDの取り扱いがある証券会社は徐々に増えつつあり、どの証券会社で口座開設をするかは悩ましいポイントです。口座開設の比較・検討の基準はいくつかありますが、もっとも重要なのは納得できる条件を提供しているかということ。

CFDは証券会社によって取り扱いに大きな違いがあるため、そのような点から納得して取引できる証券会社を選ぶようにしましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。