初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

初心者でも知っておきたいIPO株の買い方

初心者でも知っておきたいIPO株の買い方

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★★★☆☆

IPO株投資をするには、IPO株をどうやって購入するかの手続きを知っておきましょう。

通常の株式の売買とは手順が異なりますし、購入したいという意思表示をする前から準備しておかなければならないこともあります。人気で購入が難しいIPO株を、少しでも高い確率で購入できるようにしたいところです。

そこで今回は、現在のIPOで主流となっている「ブックビルディング方式」でのIPO株の買い方についてお話しします。

IPO株は、購入できる証券会社が決まっている

IPO株は、購入できる証券会社が決まっている

IPO株は上場する日からはどこの証券会社に口座を持っていても取引することができますが、公募価格での購入に限っては一部の証券会社に口座を持っている人だけしか購入できません。新規上場の際には、主幹事証券会社・幹事証券会社を含む引受証券会社を通して、購入希望者に対して株式が売りに出されるためです。

なお、それぞれの証券会社が何株売り出すかは、事前に決められています。その情報は公表されているため、どの証券会社がたくさんの株式売り出しを引き受けているかを調べることができます。

どうしても欲しいIPO株があれば、複数の証券会社で口座開設を

後述しますが、IPO株を公募価格で購入できる人は抽選で決まります。ただ、抽選は「証券会社ごと」に行われます。全体の購入申し込みを集めて抽選されるわけではないため、たくさんの証券会社で購入申し込みをする方が当選確率は上がりやすくなります。

どうしても手に入れたいIPO株であれば、購入申し込みができるブックビルディング受付期間までに、引受証券会社の証券口座を開設しておきましょう。口座開設にかかる時間は証券会社によってさまざまです。

ブックビルディング受付期間に間に合うようにするには、いつまでに手続きすればいいのかをしっかりと確認しておきましょう。

まず、ブックビルディングのための仮条件が決定される

まず、ブックビルディングのための仮条件が決定される

IPO株を買うためには、まず、購入したいという意思表示をします。その際、いくらで何株購入したいかを伝えなければなりませんが、「仮条件」という証券会社が決めた価格の範囲内で希望価格を決めることになります。

この仮条件は、上場する会社の経営状態・財務状態や機関投資家などからのヒアリングを元に、主幹事証券会社が決めた公開価格の下限と上限のことで、投資家が購入する金額の参考にすることができるものです。

抽選のことを考えて、欲しいIPO株は仮条件の上限で申し込もう

IPO株投資では、人気のある会社を公開価格で手に入れることができると、かなりの確率で大きなリターンを得ることができるため、多くの会社で購入申し込みが殺到し、公開価格が仮条件の上限で決まります。

公開価格が決定されると、公開価格よりも低い価格で申し込まれた分は対象外とされ、残った分の中から抽選で当選者を決定します。逆から見れば、仮条件の上限価格で購入申し込みをしていれば、必ず抽選対象に入ることができるのです。

ただし、抽選するときに買付余力が申し込んだ買付金額を下回っている場合も、抽選の対象外となってしまうので注意が必要です。

抽選でのルールは証券会社ごとに異なる

抽選でのルールは証券会社ごとに異なる

抽選対象となった分を抽選するルールは、証券会社ごとに異なります。

対面型の証券会社では、自社で売り出す分の株式の一部を、大口顧客などに優先的に割り当てをしていることもあるようです。一方のネット証券では、無作為に抽選する証券会社が多いようです。ただ、申し込んだ株数単位で抽選されるパターンや申し込んだ人単位で抽選されるパターンなどがあります。

そのほか、ポイント制で優先的に割り当てられる権利を得られるなどのサービスを行っている証券会社もあります。例えば、SBI証券では、IPOチャレンジポイントという制度があり、何度もIPOの抽選で落選してしまった人が、少しずつ当選できる可能性がアップしていくような仕組みになっています。

当選したあとは、購入手続きを忘れないこと

見事に当選した場合でも、それでIPO株が手に入ったことにはなりません。当選が決まってから一定期間の間に、購入の手続きをする必要があります。

購入手続きを忘れてしまうと、補欠当選した人たちに購入権が移ってしまいます。せっかくの人気銘柄を購入できる権利を得たにもかかわらず、みすみすチャンスを逃してしまわないようにしましょう。

その一方で、購入手続きが必要であることを逆手に取ることもできます。もし、「このIPO銘柄は人気が出るだろう」と仮条件の上限で購入申し込みをして当選しても、決まった公開価格などから考えて、初値が期待できないのであれば、購入しないでキャンセルすることもできるのです。

まとめ

IPO株投資で、できるだけたくさんの会社で購入できるようにするためには、上記のような特徴をよく知っている必要があります。

そして、戦略的に購入申し込みをすることで、少しでも当選する確率を上げて、大きなリターンを得られるチャンスをつかめるようにしましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。