初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

WealthNaviの始め方とおすすめポイント。忙しい人におすすめの投資方法

WealthNaviの始め方とおすすめポイント。忙しい人におすすめの投資方法

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★★☆☆☆

最近、WealthNavi(ウェルスナビ)というロボアドバイザーが注目を集めています。皆さんはロボアドバイザーという言葉を聞いたことがありますか?

ロボアドバイザー(ロボットアドバイザー)は、投資先を自動で決めてくれ売買まで行なってくれるサービスです。AIの発展にともなって、ロボアドバイザーを活用した投資は企業だけでなく個人投資家の世界にも広がっています。

これからどのように投資したらいいのか迷っているなら、ロボットアドバイザーを利用したWealthNaviの利用を考えてみましょう。今回はWealthNaviの始め方とおすすめポイントについてご紹介します。

WealthNaviはどんなサービス?何ができる?

まず、WealthNaviのサービスについて詳しく見ていきましょう。

当たり前のことですが、通常の投資では自分で投資先を決めなければいけません。リスクを軽減するためには投資先を分散させる必要もあります。金融商品に詳しい人や自分のリスク許容度を把握している人ならば問題ありませんが、金融関連には詳しくなくて損をするのは怖いという方は多いでしょう。

そんな人にはWealthNaviがピッタリです。WealthNaviはAIを使って投資先を決定してくれるツールなのです。

申し込み時に「申込者の金融知識」や「今回の投資資金はいつ使う予定のお金なのか」「今後の株価・為替の動きについての考え」など、いくつかの質問に答えます。質問に答えると、あなたに最適なポートフォリオが決定され、入金後は診断されたポートフォリオに従って金融商品が自動的に購入されるのです。

長期投資向き!WealthNaviはこう使おう!

投資といえば株式市場を見て頻繁に取引を行うというイメージを持っている人も多いでしょうが、WealthNaviでは長期投資でじっくり利益を狙うスタイルを提案されます。

金融市場を短期的に見ると、株価が下がり含み損を出すことがあります。WealthNaviでは一時的な利益・損失に一喜一憂するのではなく、15年、20年といった長期間で利益を出せるように投資していくのです。

このWealthNaviの長期投資は、忙しくて株式市場を見る時間が取れず株式や投資信託の売買タイミングが計れない、金融商品の勉強をするヒマがないという人にもおすすめの投資法です。

どの商品に投資したら利益を得られるか考える必要もありませんし、投資先もAIが考えてくれます。あなたは投資資金を預けるだけでいいのです。

WealthNaviはどうやって始めればいい?

WealthNaviを始める時は、公式サイトから簡単に申し込むことができます。

申し込みが完了し、口座が開設されたら入金をします。WealthNaviの最低投資額は10万円、積み立て投資なら最低1万円から始められます。手元にお金があると使ってしまう、給与振込されたお金のうちいくらかでも投資に回していきたい、という方にはおすすめですね。

口座入金を済ませたらリスク許容度を入力し、運用開始です。注文自体もWealthNaviが行ってくれるので、投資家側は何もしなくても構いません。

どのような商品に投資すればいい?

WealthNaviへの入金後、投資が始まりますが、投資先はリスク許容度によって変わってきます。国内外の株式やETF(上場投資信託)や金、債券がWealthNaviの主な投資先です。

国内外の金融商品に投資する理由は為替リスクの分散化のためです。日本国内の株式・投資信託のみの場合、為替の動き次第で全面安になる恐れがありますが、日本株が下落する局面でも外国株が上昇するかもしれません。WealthNaviのポートフォリオはリスクを最大限に減らすようにできているのです。

WealthNaviを使うときの注意点

WealthNaviは公式サイト以外にもSBI証券、住信SBIネット銀行、ANA、ソニー銀行、イオン銀行経由で申し込みすることが可能です。(2018年4月時点)

上記金融機関から申し込みを行う場合には、最低投資額が違う点に注意しましょう。WealthNaviで直接運用する場合は10万円からですが、金融機関の場合は20~30万円からとなります。

また、WealthNaviでは預かり資産の1%を手数料としており、3,000万円を超える部分は0.5%になるというサービスを行っています。資産の預かり期間に応じて手数料の長期割があるのも特徴ですが、これらの手数料サービスはWealthNaviのみです。

現在取引のある金融機関がWealthNaviを扱っている場合、そちらから申し込みをするのも良いですが、最低投資額や手数料の違いがある点は必ず把握しておきましょう。

まとめ

WealthNaviは預貯金のみで今まで投資に縁がなかった人、株式の短期売買のみで長期投資を行っていなかった人にもおすすめできるサービスです。積み立て投資もできるため、毎月の無駄遣いを防ぐ役割も果たすことができるでしょう。

申し込みをしていなくても、事前に無料診断で自分に合ったポートフォリオを確認することができます。ぜひWealthNavi口座を開設してみましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。