初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

テンバガーはどう見つける?10年後の大化け株の特徴

テンバガーはどう見つける?10年後の大化け株の特徴

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★☆☆☆

株価が10倍以上に値上がりする「テンバガー」銘柄を掴むことは、個人投資家なら誰もが一度は夢見るものです。株式投資では、マーケットの動向をしっかり読み切ることができれば、大化け株を掴むことも決して難しいことではありません。ただし、有望銘柄やテンバガーを掴むためには、日々の情報収集が非常に重要です。

今回は、テンバガーを狙うために知っておきたい、10年後に大化けする銘柄の特徴を見てみましょう。

テンバガーの特徴はグローバル展開銘柄?

まずは実際にテンバガーとなった銘柄の特徴を考えてみましょう。10年前に買っていたら大化けした銘柄の特徴は、グローバル展開企業であるということです。

例えば、モーター事業で世界トップシェアの日本電産(6594)はその代表格と言えます。株価推移を確認すると、ちょうど10年程度でテンバガーを達成しています。グローバル展開している企業と言う観点では、工作機械メーカー世界首位のファナック(6954)も同様です。海外の売上比率が非常に高く、やはり過去10年来で6倍以上の値上がりを達成しています。

このように、直近のテンバガー銘柄の特徴を見てみると、グローバル展開がキーワードであることがよくわかります。

テンバガーを探し当てるのに裏をかく必要はない

テンバガーの特徴を見てみると、決して大穴銘柄ではないことがわかります。日経平均寄与度の大きいファーストリテイリング(9983)やニトリ(9843)などもテンバガーの代表格です。また、先に解説した日本電産も優良銘柄として知られています。

つまり、テンバガー探しでは裏をかく必要はなく、グローバル企業に順張りの中長期投資をするだけで高パフォーマンスが期待できるのです。

短期大化けを狙うならマザーズ上場銘柄に注目

短期で大化け銘柄を狙うのであれば、東証マザーズの上場銘柄に注目することが欠かせません。マザーズ上場銘柄は時価総額が比較的小さい銘柄が多く存在します。時価総額の小さい銘柄は、値がさ株に比べて上値が早いという特徴があり、買い圧力を要さずとも、株価が上昇しやすいという特徴があるのです。

新規上場銘柄の傾向を見ても、大幅上昇を遂げる銘柄の多くは時価総額が100億円以内です。早期にテンバガーを狙うなら、マザーズ上場の小型株に注目することで高いリターンを期待できます。

経営者が大株主であるケースは大化けの可能性が高い

過去のテンバガーを分析すると、株主の構成にも特徴があります。過去の経験則からすると、経営者が大株主であれば株価が上昇しやすく、大化け銘柄の期待が大きくなるのです。

先ほどから挙がっている日本電産やファーストリテイリングはその代表格です。特に、新規株式公開(IPO)銘柄を上場後に買い付けるときには、株主構成も確認してみてください。

10年後のテンバガーに向けた投資戦略

人工知能(AI)の台頭や自動運転技術の進化など、私たちの暮らしは今後10年以内に大幅な変貌を遂げると言われています。代表的な士業である弁護士ですら廃業の危機にあると騒がれるほどです。

また、モノのインターネット(IoT)も進み、家屋のスマートハウス化をはじめとするすべてのモノがインターネットに接続される時代も近いとみられています。

よって、次の10年はAIとITが注目テーマであり、中長期でこれらのテーマ株を仕込むことにより、テンバガーをつかめる確率が高まるでしょう。

電子決済や仮想通貨関連銘柄に要注目

広義の意味では、電子決済も第四次産業関連革命に含まれます。日本ではいまだに現金(キャッシュ)が頻繁に使われていますが、海外ではキャッシュレス化が進んでいます。日本は先進国中で、最もキャッシュレス化が遅れている国と言えますが、投資家目線で見ればこれからの伸びしろがある分野ということ。テンバガーを狙うのであれば、電子決済関連銘柄にも注目しておくべきでしょう。

関連して、仮想通貨関連にも注目しておくべきです。普及に向けたハードルが上がっていることも事実ですが、ブロックチェーンに代表される革新的な技術や、海外送金のしやすさ等、ポジティブな要素も多く含むため、やはり要注目テーマの一つと言えます。

まとめ

ここまで見てきたように、テンバガーとなる銘柄にはいくつかの共通する特徴があります。まずはその傾向をつかんで、スクリーニングの条件にすることで、テンバガーに投資できる可能性はグッと高まります。

今後10年後に向けては、時流を正確に読み解く力も重要です。日々の情報収集は余念なく行うよう心がけましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。