初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

テンバガーはどう見つける?10年後の大化け銘柄の特徴

テンバガーはどう見つける?10年後の大化け銘柄の特徴

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★☆☆☆

株式投資では、マーケットの動向を読み解けば、資産を大きく増やすこともむつかしいことではありません。しかし、短期で大きな値上がりが期待できる有望銘柄やテンバガーを掴むためには、日々の情報収集が欠かせません。

今回は、有望銘柄やテンバガーを狙うために知っておきたい、10年後の大化け銘柄の特徴を見てみましょう。

テンバガーの特徴はグローバル展開銘柄?

現在の大化け銘柄の特徴は、グローバル展開に展開してる企業の株式であることです。いずれの銘柄も海外の売上比率が非常に高く、数倍から10倍程度の値上がりを達成しています。

例えば、モーター事業で世界トップシェアの日本電産(6594)はその代表格と言えます。グローバル展開している企業と言う観点では、工作機械メーカー世界首位のファナック(6954)も同様です。

テンバガー探しで裏をかく必要はない

日経平均寄与度の大きいファーストリテイリング(9983)やニトリ(9843)もテンバガー銘柄の代表格であり、日本電産やファナックも優良銘柄として知られています。テンバガー探しでは裏をかく必要はなく、グローバル企業に順張りの中長期投資をするだけで高パフォーマンスが期待できるのです。

短期での大化けを狙うならマザーズ上場銘柄に注目

短期で大化け銘柄を狙うのであれば、メインマーケットである東京証券取引所(東証)一部上場銘柄よりも、新興市場の東証マザーズ上場銘柄に注目しましょう。マザーズ上場銘柄は東証一部上場銘柄と比べると小型株が多く、買い圧力が乏しくても値上がりしやすいのが特徴です。

新規上場銘柄の傾向を見ても、大幅上昇を遂げる銘柄の多くは時価総額が100億円を下回っています。早期にテンバガーを狙うなら、マザーズ上場の小型株に注目すれば、より早くより高いリターンを期待できます。

オーナー企業は大化け期待が高い

過去のテンバガー銘柄を分析すると、オーナー企業も大化け期待が高いことがわかります。日本電産やファーストリテイリングはその代表格です。

新規公開株(IPO)銘柄に投資をするときには、事業内容だけではなく株主構成にも注目してみてください。

次のテンバガー銘柄に向けた投資戦略

人工知能(AI)の台頭やモノのインターネット化(IoT)の進展、自動運転技術の進化など、インターネットの普及により、私たちの暮らしは今後10年以内に大幅な変貌を遂げると言われています。

次のテンバガー銘柄として期待できるのはインターネットとIT技術であり、中長期でこれらのテーマに関連するテーマ株を仕込むことで、テンバガーを掴む確率は大きく高まります。

テーマ関連の投資信託も候補の一つ

新興市場の中からテーマに関連する個別銘柄を探すのも魅力的ですが、テーマ関連銘柄に分散投資できる投資信託も候補となります。ただし、投資信託は買い付けから売却までの間、各種コストが発生するので、個別銘柄に投資するよりもリターンが低くなるのがデメリットです。

まとめ

テンバガーを達成した銘柄を見てみると、共通するいくつかの特徴があります。次のテンバガー銘柄を探すときには、その傾向をスクリーニングの条件とすることで、テンバガーを達成する可能性がグッと高まります。

次のテンバガーを見つけるためには、成長期待の大きいテーマを中心に、個別銘柄だけではなく投資信託も選択肢に含めて、さまざまな視点から情報収集することを心がけましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。