初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

株の投資に必要な資金ってどれくらいあればいいの?

ぶっちゃけ投資資金に必要な金額はいくらくらい?

株の知識レベル:★☆☆☆☆

株式は持っている限り、その株価によって変動する資産ですが、売却するときの利益や配当利益、株主優待などさまざまな利益を得ることができます。

しかし、いざ株式に投資をして利益を得たいと考えても、実際どのくらいの投資資金が必要なのか、いくらから始めるのがいいのかわからなくなってしまい、結局二の足を踏んでいるという方も多いのではないでしょうか?

株に投資するって何をすればいいの?株を買うには?

株に投資するって何をすればいいの?株を買うには?

株に投資しようと思ったときに、まず何をすればいいのか考えましょう。

いきなり証券会社へ行っても、株を購入することはできません。まず証券会社の口座を開設して、口座に資金を入金する必要があります。この口座開設は今では主流となっているネット証券会社も利用することができます。

株を購入する金額は単位分と手数料を

さて株を購入するためにはいくら必要なのでしょうか?

株価を表す株価チャートというものを見たことがありますか?これはその会社の1株の値段になっています。1,500円となっていれば、その会社の1株は1,500円で購入することができます。「安い!自分でも買えそう。」そんな風に思ってしまいますが、実は1株単位で購入することはほぼ不可能に近いのが現実です。

株式は各社単元株というものを定めています。単元株とはいわゆる購買するときの単位のようなものですが、100株単位としているのならば、最低100株分の資金がないと購入することができません。

会社は、株主を把握しなければなりません。利益が出れば配当して還元したり、株主総会の通知を出したりしなければならないのです。こういったときに何万株とある株式をバラバラにしていては株主の事務処理だけでも大変なことになってしまいます。こうした事情から、単位株が決められています。

そのため、株式投資に必要な金額は、買おうとしている会社の株価に単位をかけたものになります。先述の例で示した1株1,500円で1,000単元株のものであれば、150万円が必要となる計算です。

証券会社へ支払う手数料も必要に

証券会社へ支払う手数料も必要に

株式を購入するときは証券会社などを通して行いますが、証券会社へ所定の手数料を支払う必要があります。

例えば、手数料が比較的割安とされているインターネットの証券会社でも30万円までの株式を購入する際には手数料が250円前後は必要となります。つまり、1株1,700円の会社で100株単位である場合、100株購入するには170,000円と手数料の250円前後が必要となるのです。

株を購入することのできる単位分の資金に証券会社へ支払う手数料を加えた額が必要な投資資金ということになります。

手数料の金額は証券会社それぞれ独自に規定しているため、各社バラツキがあるのが特徴です。中には購入代金の数パーセントという場合もあるので、どの証券会社を利用して株式投資をするかも必要な資金を左右するものになります。

株式投資の目的によって必要な投資資金は異なる

株式に投資しようとしている主な目的はなんでしょうか?売却益ですか?利益配当ですか?株主優待ですか?

実は投資目的によっても必要な投資資金は異なるのです。その違いによって必要となる資金について紹介していきます。

投資目的を明確に持つことが必要

投資目的を明確に持つことが必要

株式投資をする場合、主たる目的を明確に持つ方が利益を得られやすいといわれています。売却益を狙うものと株主優待目的ものとは購入や売却の仕方が全く異なるからです。

投資の場合は、成長が見込める企業を狙って株価が低いうちに購入し、成長し利益が見込める段階で売却します。

例えば、100円で購入したものが200円で売却できれば、100円の利益を手にすることができます。実際には先ほどの単元株で購入することがほとんどなので、1,000単元であれば10万円の利益になります。また、配当がある場合は、基準日に株式を持っていればこの配当の利益も受けることもできます。

これに対して、株主優待目的は優待を受けるために株主名簿に記載されている必要がある「権利確定日というものが存在し、この日までに株を所有している必要があります。

例えば、6月からの優待を受ける場合は、3月末日に権利確定日があるため、4月に入って株式を購入しても6月からの優待を受けることができません。

純粋な投資目的の場合は売却益と手数料

投資目的の場合は、基本的には売却益、いわゆる「安く買って高く売る」が基本になります。そのため、ある程度まとまった資金で多くの株式を購入しないと証券会社支払う手数料によって、利益が出ないおそれがあります。

手数料は各証券会社によって金額など異なりますが、売買をするたびに手数料がかかるのが通常です。売り買いを多くするような場合は、少なくとも手数料より多くの利益を生む必要があります。

株主優待目的の場合は受けられる株式数を

株主優待目的の場合は受けられる株式数を

株主優待を目的としている場合は、その優待を受ける株式数分の資金と手数料が必要になります。各社、株主優待は株式を多く保有している株主に対してよりよいサービスを提供しています。そのため、ご自身が得たい株主優待の株式数まで購入しないと、目的を達成することができないのです。

余剰資金で投資することがまずは重要

株式に投資するために必要な金額は株式投資の目的などによって異なるため、一律にいくら必要とは言えません。そこで、必要な投資資金を左右する事柄についてみていきましょう。

株式に投資する金額を見極める上で重要なポイントとしていわれているのは、あなたの余剰資金で行うべきということです。株式は、株価の動きを見ると分かるように金額の変動がとても大きいのです。

このため、預金などと異なり、投資した金額を下回ることもありますし、倒産などで数時間後は株式が0円になってしまうこともあります。こういった事情から、生活する上で必要な金銭で投資はせず、あくまでムダになっても仕方がないと思える金額が"投資する金額"といえます。

余剰資金で足りない場合はミニ株利用も

余剰資金で足りない場合はミニ株利用も

近年、ミニ株を扱う証券会社が増えてきました。ミニ株は購入単位だと高額過ぎて手が出せない場合でも、株式の購入が1株でも可能となる制度です。

例えば、100株単位の会社の株式を1株ずつ購入することができるという制度になっています。少しずつミニ株を購入することによって、1単元に近づけることを目的としています。

これを利用すれば、余剰資金が株式投資に必要な金額に足りなくても、少しずつ投資することが可能となります。ほかの制度やプランと同様に、取り扱う銘柄や手数料は証券会社によって異なります。

投資目的も人それぞれ異なるためどんな投資をしても自由

投資資金に必要な金額は目的などによって、人それぞれ異なるというのが実態としてあります。その企業のファンだから応援したいという場合は、株価に関係なく株式を購入していきます、大きな株主優待を目的としている場合でも購入単位に応じてコツコツ購入していくこともできます。

手数料は掛かってしまいますが、コツコツ購入していくことによって、株価変動によるリスクを平準化しながら株式を購入することができるので、最低数万円でも投資が可能となり、気がついたときには株主優待を得られるまで増やすことができていたという場合もあるのです。

まとめ

株式の投資に必要な金額は、余剰資金に左右されるため人それぞれ異なります。また、投資目的や資産状況によっても株式投資に必要な金額は異なってくるのです。

このような理由から、やみくもに投資をしてしまうと損をしてしまう危険が高くなってしまうのです。必要な投資資金を見極めるうえで、ご自身の資産状況やどのような目的で株式投資をしたいのか考えてみることをおすすめします。

» 株式投資の基本をもっと学ぶ

株式投資に関する情報サイトです。コラム、企業発表、東証有望銘柄、株のきほん、株価チャート入門、株価材料、株式市場の話題、株式週間展望、相場格言などの情報を掲載しています。
総合評価
(0)
Pocket