初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

実際どれくらい?株に投資するのに必要な資金

実際どれくらい?株に投資するのに必要な資金

株の教科書.com編集部
株の教科書.com編集部
記事の難易度:★☆☆☆☆

株式は売却するときの利益や配当利益、株主優待などさまざまな利益を得ることができる資産の一つです。いざ株式に投資をして利益を得たいと考えても、どのくらいの投資資金が必要なのか、いくらからはじめるのがいいのかわからず、二の足を踏んでいるという方も多いのではないでしょうか?

今回は、株式投資をはじめるために必要な資金はどの程度なのかを考えてみましょう。

株式に投資するって何をすればいいの?株式を買うには?

株式に投資するって何をすればいいの?株式を買うには?

いきなり証券会社に行って「株を買いたいです」と窓口で訴えても、株式は購入できません。まず証券会社の口座を開設して、口座に資金を入金する必要があります。では、株式を購入する資金はどの程度必要なのでしょうか?

その参考になるのが、ある株式の値動きを記録した株価チャートです。これはその会社の1株ごとの値段を表しているため、有名企業の株式でも意外と購入できそうな印象を受けます。

株式を購入する金額は単位分と手数料を

株式は各社単元株というものを定めています。単元株とは購買するときのかたまりですが、100株式単位であれば、最低でも100株分の資金がないと購入することができません。

会社は、利益が出れば配当や株主優待として還元したり、株主総会の通知を出す必要があるため、株主を把握する必要があります。その事務処理だけでも大変なことになるので、ある程度まとめた単元株として取引されているのです。そのため、株式投資に必要な金額は、買おうとしている株式の株価に単位をかけたものになります。

証券会社へ支払う手数料も必要に

証券会社へ支払う手数料も必要に

株式の購入は証券会社などを通して行いますが、証券会社へ所定の手数料を支払う必要があります。株式を購入することのできる単位分の資金に証券会社へ支払う手数料を加えた額が、投資に必要な資金になります。

手数料の金額は証券会社それぞれ独自に規定しているため、各社バラツキがあるのが特徴です。中には購入代金の数パーセントという場合もあるので、どの証券会社を利用して株式投資をするかも必要な資金を左右するものになります。

株式投資の目的によって必要な投資資金は異なる

実は投資目的によっても必要な投資資金は異なるのです。株式に投資しようとしている主な目的はなんでしょうか?売却益ですか?利益配当ですか?株主優待ですか?その違いによって必要となる資金について紹介していきます。

投資目的を明確に持つことが必要

投資目的を明確に持つことが必要

株式投資では、主たる目的を明確に持つ方が利益を得られやすいといわれています。あるタイミングで売却が必要になる売却益を狙う取引と、企業が存続する限り持ちつづけることが前提の配当や株主優待を狙う取引では、購入や売却の仕方が全く異なるからです。

売却益を狙う取引では、成長が見込める企業を狙って株価が低いうちに購入し、成長し利益が見込める段階で売却します。また、配当がある場合は、基準日に株式を持っていればこの配当の利益も受けることもできます。

配当・株主優待を狙う取引

これに対して、配当・株主優待目的の取引では、優待を受けるために株主名簿に記載される「権利確定日」までに株式を所有している必要があります。例えば、6月からの優待を受ける場合は、3月末日に権利確定日があるため、4月に入って株式を購入しても6月からの優待を受けることができません。

取引によって必要な資金量は違う

株主優待目的の場合は受けられる株式数を

値上がり益を狙う取引の場合は、基本的には売却益、いわゆる「安く買って高く売る」が基本になります。そのため、ある程度まとまった資金で多くの株式を購入しないと、証券会社に支払う手数料で利益が帳消しになるリスクがあります。

手数料は各証券会社によって金額など異なりますが、売買をするたびに手数料がかかるのが通常です。売り買いを多くするような場合は、少なくとも手数料より多くの利益を生む必要があります。

配当・株主優待狙いなら狙う優待に合わせた量

配当・株主優待を狙うのであれば、株主名簿に記載されて配当・株主優待を受けられるだけの株式を保有できる資金と手数料が必要となります。配当は1株ごとに設定されていますが、株主優待は保有数が多いほど内容は魅力的になります。

そのため、ご自身が得たい株主優待の株式数まで購入しないと、目的を達成することができないのです。

余剰資金で投資することが重要

余剰資金で足りない場合はミニ株利用も

投資スタイルによって必要な初期資金が違うことを見てきました。では、その資金を用意するときにはどのような点に気を付ければよいのでしょうか。

株式に投資する金額を見極める上で重要なポイントは、あなたの余剰資金でするべきということです。

株式投資はリスクのある投資。余裕資金での取引が鉄則

株式は、株価の動きを見ると分かるように金額の変動がとても大きいため、預金よりもはるかにリスクの大きい資産運用の方法です。こういった事情から、生活する上で必要な金銭で投資はせず、あくまでムダになっても仕方がないと思える金額が"投資する金額"といえます。

まとめ

株式の投資に必要な金額は、余剰資金に左右されるため人それぞれ異なります。また、投資目的や資産状況によっても株式投資に必要な金額は異なってくるのです。

このような理由から、やみくもに投資をしてしまうと損をしてしまう危険が高くなってしまうのです。必要な投資資金を見極めるうえで、ご自身の資産状況やどのような目的で株式投資をしたいのか考えてみることをおすすめします。

» 株式投資の基本をもっと学ぶ
総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。