初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

株価暴落を回避するには?大幅下落の前兆を予測する方法

株価暴落を回避するには?大幅下落の前兆を予測する方法

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★★★☆☆

株式投資をしていて怖いのが「株価の暴落」。持っている株が暴落するのはイヤですし、値上がりするかわからない新しい株を買っていいのかも悩むところです。この株価の暴落はどうやって回避すれば良いのでしょうか?

今回は、暴落の前兆を予測して回避する方法を考えてみましょう。

株価暴落とはどんな現象?

株価の暴落とは、株価が徐々にではなく一気に下落することであり、有名なものには、1929年の世界大恐慌や1987年のブラックマンデー、2008年のリーマン・ショックなどがあります。

史上最大規模と言われる株価の大暴落が起こったブラックマンデーでは、アメリカのダウ平均株価が1日で22.6%も下落しました。この暴落は世界の株式市場に波及して、日本でも日経平均株価が3,836円安、14.9%の下落という有数の暴落を記録しました。

株価下落と株価暴落の違い

通常の株式取引でも株価が大きく下落することがありますが、業績不振や円安・円高、不祥事の発生というように下落の原因がはっきりしていることがほとんどです。これに対して暴落では、ほぼ全ての業界・銘柄の株価が一斉に下落するという特徴があります。

株価暴落には前兆がある?

株価が暴落する原因は一つには絞れませんが、前触れとして投資未経験者がこぞって投資に参加することや特定業種への投資の過熱、大災害や戦争・騒乱があげられます。

予測のできない災害や動乱は別にしても、人々の過剰な投資意欲と利益への期待感が株価の大暴落を引き起こしているのではないかとも思えますね。

株価暴落を予測するには

株価暴落を予測するメジャーな指数としては、「恐怖指数(VIX指数)」があります。VIX指数はアメリカの代表的な株価指数である「S&P 500」のオプション取引を数値で表したもので、先行き不安に応じて指数が上昇します。

日本の株式市場ではVIX指数に代わって「日経ボラティリティ-・インデックス(日経VI)」という指数が使われます。

暴落の前兆が来たらどうする?

株価暴落がはじまると他の投資家も売りに殺到して売買が成立しない可能性が出てくるため、暴落の前兆が見えたら利益確定の売りには早めに着手する必要があります。

株価の暴落は永遠に続くものではありません。株価が底を打った時に再度投資できるよう、持ち株の一部を売ることで資金を作っておきましょう。

暴落時にやってはいけないこと

どの程度の暴落かわからないのに買い向かえば、大きな含み損を抱えるリスクをとることにもつながります。暴落の前兆がある時は、新規銘柄への投資は慎重になるべきでしょう。

暴落時にはほぼすべての銘柄の株価が値下がりしますが、安易に買いに走るのは避けるようにしましょう。

まとめ

大暴落は非常に怖いものですが、資金に余裕があれば大きく買い増しができる絶好の買い場でもあります。

新規銘柄を買い向かうような過剰なリスクを取らず、余裕をもって冷静に取引をすることを心がけましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。