初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

株価暴落を回避するには?大幅下落の前兆を予測する方法

株価暴落を回避するには?大幅下落の前兆を予測する方法

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★★★☆☆

株式投資をしていて怖いのが「株価の暴落」。持っている株が暴落するのはイヤですし、値上がりするかわからない新しい株を買っていいのかも悩むところです。

この株価の暴落はどうやって回避すれば良いのでしょうか?今回は、暴落の前兆を予測して回避する方法を考えてみましょう。

株価暴落とはどんな現象?

株価の暴落とは、株価が徐々にではなく一気に下落すること。有名なものには、1929年の世界大恐慌や1987年のブラックマンデーがあります。

史上最大規模と言われる株価の大暴落が起こったブラックマンデーでは、アメリカのダウ平均株価が1日で22.6%も下落しました。このダウ平均株価の暴落が世界中に波及し、日本でも日経平均株価が3,836円安、14.9%の下落という過去最大の暴落が起きたのです。

その後、幸いにも株価は回復しましたが、この株価暴落が市場に与えた衝撃はとても大きなものでした。

株価下落と株価暴落の違い

通常の株式取引でも株価が大きく下落することがありますが、業績不振や円安・円高、不祥事の発生というように下落の原因がはっきりしていることがほとんどです。

これに対して暴落では、個別の銘柄に問題が無くても大きく株価が下落していきます。

通常の下落では銘柄ごとの株価の動き方がまちまちですが、暴落ではほぼ全ての業界・銘柄の株価が大幅に下落するという特徴があります。

株価暴落には前兆がある?

株価暴落は予測できるのか?

株価が暴落する原因は一つには絞れませんが、前触れとして以下のようなことが起こるといわれています。

  • 株式取引の経験が全くない人たちが投資を始める
  • 特定業種への投資が過熱する(1990年代後半のITブーム等)
  • 株式以外にも不動産投資など他の分野への投資も過熱する
  • 地震・洪水等の大災害
  • 戦争・動乱等

予測のできない災害や動乱は別として、人々の過剰な投資意欲と利益への期待感が株価の大暴落を引き起こしているのではないかとも思えますね。

暴落の前兆がだいぶ見えてきましたが、予測するにはどうしたら良いのでしょうか?さらに詳しく見ていきましょう。

株価暴落を予測するには

先述した通り、暴落の前触れとして「株式市場の過熱」がありました。株式市場が割安か割高かどうかを測れば、株式市場の過熱度合いを知ることができます。

投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェット氏が使っている指数に「バフェット指数」があります。バフェット指数は「国の株式の時価総額÷国内総生産(GDP)」で出すことができ、100%を超えると割高、100%を切ると割安とされています。

バブル景気の日本の株価をバフェット指数で見てみると300%を大幅に超えていて、株式市場が相当に過熱していた様子がよく分かります。バフェット指数を1つの目安とすれば株価暴落を予測できるでしょう。

他には「VIX指数(恐怖指数)」があります。VIX指数はアメリカの株価指数「S&P500」のオプション取引を数値で表したもので、普段は20前後ですが、株式市場に不安感が漂うと指数が大きく上昇してきます。

日本の株式市場では、VIX指数の代わりに「日経VI」という指数が使われます。この指数は「日経平均先物」「日経平均オプション」から算出するもので、証券会社のサイトで確認できますので一度見くと良いでしょう。

暴落の前兆が来たらどうする?

社会情勢や指数から見て暴落が近いと予想したら、利益確定の売りを行いましょう。

株価が暴落すると大損が出ますので、他の投資家たちも売りに殺到して売買が成立しない可能性が出てきます。もし利益が出ていなくとも損失を少なく済ませられるよう、早めに売却するのが良いでしょう。

株価が暴落しても、永遠に続くものではありません。株価が底を打った時に再度投資できるよう、株を売ることで資金を作っておきましょう。

暴落時にやってはいけないこと

暴落の前兆がある時は、新しい銘柄への投資は慎重にしておいた方が良いでしょう。

どの程度の暴落かわからないのに安くなっている銘柄を買い漁れば、大きな含み損を抱えることになり、損切りしたくてもできなくなります。

暴落時にはほとんどの銘柄の株価が下落します。安易に買いに走ることだけは避けるようにしましょう。

まとめ

大暴落は非常に怖いものですが、日頃から市場の動き・社会の動きを見て予測ができれば、いたずらに恐れすぎることはありません。暴落があったとしても、慌てて売買せずに冷静に対応するように心がけましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。