株の教科書.com

0

大暴落の前兆はどうやって予測できる?

大暴落の前兆はどうやって予測できる?

株の知識レベル:★★★★★

株式投資をしている中で一番怖いのが「株価の大暴落」です。

今保有している銘柄の株価が下がるのも困りますし、今後上昇するか分からない状態で新しい銘柄を買ってもいいのかどうかも悩むところです。

ですが、大暴落の前兆が分かれば、ある程度はリスクを回避できるのではないでしょうか。

そこで、大暴落の前兆をどうやって予測するのかについて調べて見ました。

株価の大暴落とはどのような現象?

「持っている株が大暴落した」という話を聞きますが、具体的にはどのようなことを指すのかご存じでしょうか。

株価の大暴落とは、株価が徐々にではなく一気に下落することをいいます。

有名なところでは1929年の世界大恐慌や1987年のブラックマンデーがあります。

この時は、1日で22.6%もダウ平均株価が下落しました。

このダウ平均株価の大暴落が世界中に波及し、日本でも翌日の日経平均株価が3,836円安、14.9%の下落という状態に陥ったのです。

その後、幸いにも株価は回復したのですが、市場に与えた衝撃は大きなものでした。

大暴落が普通の株価下落と違う点とは

通常の株式取引でも株価が大きく下落することがありますが、大暴落とは違う点が多々あります。

どのような点が違うのか詳しく見ていきましょう。

通常の株価下落は、業績不振、円安・円高、不祥事の発生というように、原因がはっきりしていることがほとんどです。

これに対して大暴落では、個別の銘柄に問題が無くても、大きく株価が下落していきます。

通常の相場の下落であれば、銘柄ごとの株価の動き方がまちまちです。しかし大暴落の時はほぼ全ての業界・銘柄の株価が大幅に下落するという特徴があります。

大暴落の前兆は誰にでも分かる?

株価の大暴落は投資家にとって大きな恐怖ですが、予測はできるのでしょうか。

暴落する原因は一つには絞れませんが、前触れとして以下のようなことが起こるといわれています。

  • 株式取引の経験が全くない人たちが投資を始める
  • 特定業種への投資が過熱する(1990年代後半のITブーム等)
  • 株式以外にも不動産投資など他の分野への投資も過熱する
  • 地震・洪水等の大災害
  • 戦争・動乱等

予測のできない大災害や動乱は別として、人々の過剰な投資意欲と利益への期待感が株価の大暴落を引き起こしているのではないかとも思えます。

では、これらの現象以外にも大暴落の前兆が分かるものはあるのでしょうか。さらに詳しく見ていきます。

指数から大暴落の前兆を予測する

「投資の神様」と呼ばれるウォーレン・バフェット氏が使っている指数「バフェット指数」から、株式市場が割安か割高かどうかを知ることができます。

現在の株式市場が過熱気味になっていたら、暴落の危険性もあると予測できるのです。

バフェット指数は「ある国の株式の時価総額÷国内総生産(GDP)」で出すことができます。

100%を超えていたら割高、100%を切るようならば割安とされています。

ちなみに、バブル景気時期の日本の株価をバフェット指数で見てみると300%を大幅に超えていて、株式市場が相当に過熱していた様子がよく分かります。

その他の指数では「VIX指数(恐怖指数)」があります。

こちらは、アメリカの株価指数「S&P500」のオプション取引を数値で表したものです。

VIX指数は普段は20前後ですが、株式市場に不安感が漂うと、この指数が大きく上昇してくるのです。

日本の株式市場では、VIX指数の代わりに「日経VI」という指数が使われています。

この指数は「日経平均先物」「日経平均オプション」から算出します。

日経VIは証券会社のサイトでチェック可能です。ぜひ一度見ておいてください。

暴落の前兆が来たらすべきこととは

暴落の前兆が来たらすべきこととは

社会情勢や指数から見て暴落が近いと予想された場合、しておいた方がいいことが「利益確定の売り」です。

株価が暴落してしまうと、大損が出ることが予想されますし、売りに出す投資家が殺到して、売買が成立しない可能性も出てきます。

もし利益が出ていないとしても、少ない損失で済ませることができるように早めに売却しておくことをお勧めします。

また、暴落で株価が大幅に下落したとしても、永遠に続くものではありません。

株価が底を打った時に再度投資ができるよう、売却で資金を作っておきましょう。

暴落時にやってはいけないこととは?

反対に暴落の前兆がある時にしてはいけないことは「安くなっている銘柄を買いあさる」ことです。

どのくらいの規模の暴落かが分からない時点で買うと、大きな含み損を抱えることになり、損切りしたくてもできないことが考えられます。

新しい銘柄への投資は慎重にしておいた方が良いでしょう。

暴落時にはほとんどの銘柄の株価が下落します。通常のように、今まで業績が良かったからと安易に買いに走ることだけは避けるようにしましょう。

まとめ

大暴落は非常に怖いものですが、日頃から市場の動き・社会の動きを見て予測ができれば、いたずらに恐れすぎることはありません。

また暴落があったとしても、慌てて売買することをせずに冷静に対応するように心がけましょう。

証券会社で営業・窓口職を4年ほど経験。
営業経験談・苦労話・面白話なども沢山持っています。4歳と1歳の子育て中です!
総合評価
(0)
Pocket