初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

差金決済取引(CFD)をはじめるときのポイント

差金決済取引(CFD)をはじめるときのポイント

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★★☆☆

世界中のさまざまな資産に少額で投資できる差金決済取引(CFD)は、収益機会の拡大が期待できる一方、なかなか手を出しにくいことも事実です。そもそもCFDをはじめるには、どのような手続きが必要なのでしょうか。

今回は、CFDをはじめるための基礎知識を改めて見直してみましょう。

証券会社が取引相手となるCFD

CFDは、証券会社が投資家の相手方となる相対取引の仕組みを取り入れています。大まかな流れを見ると、まず証券会社に証拠金を差し入れてから、売り・買いどちらかのポジションを取ります。利益が狙える局面で反対売買で決済をすることで取引が完了します。

レバレッジをかけた取引で少額からはじめられる

CFDではレバレッジをかけた取引ができるので、少額でも投資をはじめることができます。また、投資できる商品は株式や債券、商品(コモディティ)など、さまざまな資産が対象となります。

さまざまな商品にレバレッジをかけた取引ができるため、手軽に資金効率の良い取引を実現できるのが魅力です。

CFDは口座管理が楽になる

CFDは、口座管理の手間を省けるのも大きなメリットの一つです。複数口座を開設していると、口座間の入出金に掛かる手間や手数料は無視できるものではなく、証券によって取引画面や使い勝手は違います。

一つの証券会社でCFD口座を開設すれば、さまざまな金融商品への投資ができるので、複数の証券会社で口座開設をする必要がありません。取引の利便性を高めるのも魅力の一つと言えるでしょう。

信託保全を導入している会社で口座開設をする

CFDをはじめるには、口座開設をする証券会社選びも重要です。結論から言うと、信託保全を導入している会社で口座開設をしましょう。信託保全とは、顧客の資産を自社と別の会社に信託する「分別管理」の仕組みであり、資金預け先の破綻リスクを回避するために導入されています。

信託保全のない証券会社に口座開設をすると、万が一のときに資金が戻らないリスクがあります。投資先の安全性を確認した上で、取引をすることが重要なのです。

取扱銘柄は証券会社で差がある

さまざまな資産を投資対象とするCFDですが、証券会社によっては、取扱銘柄に差があります。基本は世界の主要指数が投資対象になると思われますが、口座開設をする証券会社で取引したい銘柄の取り扱いがあるかは事前にチェックするようにしましょう。

口座開設には審査がある

レバレッジを効かせた取引はハイリスク・ハイリターンになるため、審査に合格した人のみが口座開設をすることができます。審査のポイントとなるのは、金融資産と投資経験の有無です。

CFDの口座開設をするときには、資産運用にはリスクがともなうことを理解した上で、申し込みをする必要があります。

まとめ

少額の資金からさまざまな資産に投資できるCFDですが、レバレッジをかけた取引であるため、ハイリスク・ハイリターンな取引となる傾向があります。また、口座開設には一定の資産や取引の知識が必要となるため、CFDは投資初心者に向いているとは言えない部分があります。

CFDでの取引を考えるのであれば、このような点に注意する必要があるのです。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。